一休寺紅葉見ごろ

一休寺紅葉見ごろ

一休寺紅葉(見ごろ・ライトアップ・アクセス・・・)情報を紹介しています。一休寺は境内にイロハモミジなどが植えられ、紅葉と総門から続く石畳の参道・本堂(重要文化財)・開山堂・方丈庭園南庭(名勝)などの光景が素晴らしいと言われています。紅葉と手入れされた苔とのコントラストが美しいと言われています。(詳細下記参照)

【一休寺紅葉見ごろ 2019年(要確認)】
一休寺紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の紅葉見ごろ情報は9月上旬頃から情報発信します。
京都紅葉見ごろ2019

【一休寺紅葉・一休寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京田辺市薪里ノ内102
最寄り駅・バス停・・・一休寺(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*近鉄京都線・新田辺駅から京阪バス・66系統(4番乗り場)

*京都駅・八条口からダイレクトエクスプレス直Q京都号の場合、一休寺(徒歩すぐ)

スポンサーリンク


【一休寺紅葉見ごろ・見どころ】
一休寺は紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。一休寺は境内にイロハモミジなどが植えられ、紅葉と総門から続く石畳の参道・本堂(重要文化財)・開山堂・方丈庭園南庭(名勝)などの光景が素晴らしいと言われています。紅葉と手入れされた苔とのコントラストが美しいと言われています。
参道は総門から伸び、両脇にカエデが植えられ、足元に隙間なく苔が敷き詰められています。参道にはカエデ以外にも桜・つつじ・さつき・沙羅・萩なども植えられています。
本堂(法堂)は1429年(永享元年)から1441年(嘉吉元年)に掛けて、室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)が建立しました。本堂は禅宗様仏殿で、本尊・釈迦如来坐像と文殊普賢菩薩像を安置しています。
開山堂は大正時代に改築されました。開山堂には大応国師・南浦紹明の木像が安置されています。
方丈庭園は松花堂昭乗・佐川田喜六・石川丈山の合作と言われています。方丈庭園は北庭・南庭・東庭に分かれ、南庭は宗純王廟と虎丘を背景とし、白砂の大海を表していると言われています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【一休寺・酬恩庵 歴史・簡単概要】
一休寺(いっきゅうじ)・酬恩庵(しゅうおんあん)は正応年間(1288年~1293年)に臨済宗の高僧である大応国師(だいおうこくし)・南浦紹明(なんぽしょうみょう)が中国宋の禅僧・虚堂智愚(きどうちぐ)に禅を学び、帰国後に禅の道場として妙勝寺(みょうしょうじ)を創建したのが起源と言われています。その後1331年(元弘元年)の元弘の乱の兵火によって焼失して荒廃し、康正年間(1455年~1456年)に一休さん(一休宗純(いっきゅうそうじゅん))が宗祖の遺風を慕って堂宇を再建し、師恩に報いる意味で酬恩庵と命名しました。ちなみに一休さんは81歳で臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺(だいとくじ)の住職となったが、その時も一休寺から大徳寺に通い、1481年(文明13年)11月21日に88歳で亡くなり、遺骨は一休寺に葬られました。酬恩庵は一休さんが晩年を過ごされたことから一休寺と言われるようになりました。1650年(永禄3年)に加賀前田家3代で、加賀藩第2代藩主・前田利常(まえだとしつね)が伽藍を再建し、絵師・狩野探幽(かのうたんゆう)が障壁画43面を描きました。なお一休寺は本尊・釈迦如来を安置しています。
一休寺は臨済宗大徳寺派の寺院です。
*参考・・・酬恩庵・一休寺(アクセス・歴史・・・)酬恩庵・一休寺(アクセス・歴史・・・)

【一休寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
一休寺(アクセス・見どころ・・・)情報
京都紅葉名所・見ごろ
京都紅葉ライトアップ2019

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2019年2月のイベント

    京都市内などで2019年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 八坂神社節分祭
    京都節分祭・豆まき情報を紹介しています。節分祭・豆まきは毎年節分(立春の前日)(節分の日)を中心に行…
  2. 北野天満宮梅花祭野点大茶湯
    北野天満宮梅花祭野点大茶湯2019は京都の春の風物詩です。梅花祭野点大茶湯は梅花祭と同じ毎年2月25…
  3. 世継地蔵尊大祭
    上徳寺世継地蔵尊大祭は京都の冬の風物詩です。世継地蔵尊大祭は毎年2月8日に行われています。世継地蔵尊…
  4. 吉田神社節分祭
    吉田神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日・後日に行わ…
  5. 壬生寺節分会
    壬生寺節分会2019は京都の初春の風物詩です。節分会は毎年節分(立春の前日)とその前日・後日に行われ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る