泉涌寺紅葉見ごろ2022(時期:11月中旬~11月下旬頃)

泉涌寺紅葉

泉涌寺紅葉見ごろ

泉涌寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。泉涌寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。泉涌寺は御座所庭園などの山内にカエデなどが分布し、紅葉と御座所の東から海会堂の南に広がる御座所庭園の光景などが美しいと言われています。紅葉見ごろに窯元もみじまつりが行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【泉涌寺紅葉見ごろ(例年時期)・2022年予測】
泉涌寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の時期や見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年9月15日、ウェザーニュースは紅葉見ごろが平野部で平年並みと発表しました。延暦寺は11月9日頃、嵐山は11月20日頃です。
京都紅葉見ごろ2022(清水寺・東福寺・永観堂・・・)

【泉涌寺紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から泉涌寺は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
路線・時刻表・運賃チェック

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【泉涌寺紅葉見ごろ(例年時期)・見どころ解説】
泉涌寺は紅葉の名所です。泉涌寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約79メートルです。
泉涌寺では御座所庭園などの山内にカエデなどが分布し、紅葉と御座所の東から海会堂の南に広がる御座所庭園の光景などが美しいと言われています。御座所庭園では赤色・オレンジ色・黄色・緑色のグラデーションが美しいと言われています。泉涌寺には山内に塔頭(たちゅう)が建立され、今熊観音寺(いまくまのかんのんじ)・来迎院(らいごういん)は泉涌寺と同様に紅葉名所とされ、泉涌寺と一緒に紅葉狩りするのがおすすめです。泉涌寺では広大な山内を散策しながら紅葉狩りを楽しむことができます。
泉涌寺は近くに建立され、京都屈指の紅葉名所である東福寺(とうふくじ)に比べるとあまり知られていない紅葉名所の為、比較的混雑を気にすることなく、紅葉狩りを楽しむことができます。なお紅葉見ごろに泉涌寺・東福寺窯元一帯で窯元もみじまつりが行われます。(要確認)
窯元もみじまつり

●御座所庭園は1882年(明治15年)に焼失し、1884年(明治17年)に作庭されたと言われています。御座所庭園には仙洞御所から移された雪見灯籠が据えられ、桂離宮の雪見灯籠とともに雪見灯籠の双璧と言われています。御座所は1818(文化15年)に建てられた御所・御里御殿を1884年(明治17年)に移しました。御座所の玉座の間は天皇・皇后が訪れた際に休息所として使用されています。御座所庭園は紅葉インスタ映えスポットです。
●窯元もみじまつりでは数十軒の京焼・清水焼の窯元が出店する陶器市、また窯元の工房見学・陶磁器のギャラリー・イベントなども行われます。窯元もみじまつりでは土曜日・日曜日・祝日には屋台露店も立ち並びます。(要確認)
泉涌寺見どころ(仏殿・開山堂など)

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ(嵐山・三千院・天龍寺・・・)

【泉涌寺 歴史・簡単概要】
泉涌寺は天長年間(824年~834年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海が草庵を結んで、法輪寺と名付けたのが起源とも言われています。また泉涌寺は855年(斉衡2年)に左大臣・藤原緒嗣が神修上人に山荘を与えて寺院に改め、仙遊寺と称したのが起源とも言われています。その後1218年(建保6年)に月輪大師・俊じょうが鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の家臣・宇都宮信房から寄進され、1226年(嘉禄2年)に宋法式を取り入れた大伽藍を造営し、泉涌寺に名称を改めました。泉涌寺の名称は寺地の一角から清水が涌き出したことに由来し、現在も枯れることなく湧き続けています。1224年(貞応3年)に第86代・後堀河天皇が皇室の祈願寺とし、崩御後に後堀河天皇の陵墓が築かれ、1242年(仁治3年)に第87代・四条天皇が崩御すると葬儀が営まれました。なお泉涌寺は第108代・後水尾天皇から第121代・孝明天皇までが山内に葬られ、陵墓に香を焚き、花を供える香華院となり、「御寺」と尊称されるようになりました。
*参考・・・京都・泉涌寺(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【泉涌寺紅葉見ごろ 備考】
京都紅葉名所・泉涌寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2022(清水寺・永観堂・東寺・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る