赤山禅院紅葉見ごろ(11月中旬頃~下旬頃)・紅葉名所

赤山禅院紅葉

赤山禅院紅葉見ごろ(紅葉見頃)

赤山禅院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。赤山禅院は山内にモミジ・カエデなどが植えられ、山門から拝殿・本殿などの社殿に続く参道に現れる紅葉のトンネルが素晴らしいと言われています。また不動堂隣の寛老池の周りの紅葉も見どころです。水鏡に紅葉が映し出されます。(詳細下記参照)

【赤山禅院紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
赤山禅院紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【赤山禅院紅葉・赤山禅院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区修学院開根坊町18
最寄り駅・バス停・・・修学院離宮道(徒歩約20分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から赤山禅院は5系統(A1乗り場)
*四条烏丸からは5系統
*四条河原町からは5系統
*河原町丸太町からは65系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は修学院道駅(徒歩約20分)

スポンサーリンク


【赤山禅院紅葉見ごろ時期・見どころ】
赤山禅院は紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。赤山禅院は山内にモミジ・カエデなどが植えられ、山門から拝殿・本殿などの社殿に続く参道に現れる紅葉のトンネルが素晴らしいと言われています。また不動堂隣の寛老池の周りの紅葉も見どころです。水鏡に紅葉が映し出されます。
赤山禅院は古くから紅葉寺(もみじ寺)とも言われる紅葉の名所です。赤山禅院がある場所には平安時代初期の公卿・南淵年名(みなぶちのとしな)の山荘・小野山荘があり、877年(貞観19年)に時の賢人「老七賢(大江音人・藤原冬嗣・菅原是善・文室有真・菅原秋緒・大中臣是直)」を招き、寛老池に舟を浮かべて詩歌管弦の宴・尚歯会(しょうしえ)を行ったとも言われています。
拝殿には金網の中に御幣とかぐら鈴を持ち、皇城(京都御所)を守護する鬼門除けの猿が置かれています。猿はかつて夜な夜な悪さをした為、逃げ出さないよう金網の中に入れられています。
本殿には皇城表鬼門の鎮守として本尊・赤山大明神が祀られています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【赤山禅院 歴史・簡単概要】
赤山禅院(せきざんぜんいん)は888年(仁和4年)に第4世天台座主・安慧(あんね)が第3世天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)の遺命により、陰陽道の祖神(おやがみ)である赤山大明神(泰山府君(たいざんふくん))を勧請して創建したのが起源と言われています。慈覚大師・円仁は838年(承和5年)に遣唐使船で唐に渡り、その行程を守護した赤山大明神に感謝し、赤山禅院を創建することを誓った言われています。その後赤山禅院は平安京・京都御所の表鬼門(東北)に当たることから皇城の表鬼門の鎮守として祀られました。拝殿の屋根には金網の中に邪気を払う力があるとされる鬼門除けの猿(申)が置かれています。江戸時代に第108代・後水尾天皇が修学院離宮に行幸された際、社殿を修築し、勅額・赤山大明神を賜りました。なお赤山禅院(福禄寿)は恵美須神社・妙円寺(松ヶ崎大黒天)・東寺・六波羅蜜寺・行願寺(革堂)・萬福寺とともに都七福神とされています。
赤山禅院は延暦寺の別院(塔頭)です。
*参考・・・赤山禅院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ赤山禅院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【赤山禅院紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
赤山禅院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る