上善寺六斎念仏2018/8/22

上善寺六斎念仏は京都の夏の風物詩です。六斎念仏は毎年8月22日に行われています。六斎念仏は六地蔵めぐりに小山郷六斎保存会によって奉納されます。六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。なお六地蔵めぐりは毎年8月22日・23日に大善寺・浄禅寺・地蔵寺・源光寺・上善寺・徳林庵を巡ります。(詳細下記参照)

【上善寺六斎念仏2018 日程時間(要確認)】
上善寺六斎念仏2018は2018年(平成30年)8月22日(水曜日)20:00頃から行われます。

【上善寺六斎念仏 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区上善寺門前町338
最寄り駅・バス停・・・下鴨神社前(徒歩約10分)、出雲路橋(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から上善寺は4系統(A2乗り場)下、205系統(A2乗り場)下
*四条河原町からは4系統下、205系統下
*河原町丸太町からは4系統下、37系統出、205系統下
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は鞍馬口駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【上善寺六斎念仏 歴史・簡単概要】
上善寺六斎念仏(ろくさいねんぶつ)は六地蔵めぐりに小山郷六斎保存会(こやまごうろくさいほぞんかい)によって奉納されます。ちなみに六地蔵めぐりは毎年8月22日・23日に大善寺(伏見六地蔵)・浄禅寺(鳥羽地蔵)・地蔵寺(桂地蔵)・源光寺(常盤地蔵)・上善寺(鞍馬口地蔵)・徳林庵(山科地蔵)を巡り、お札を受け取って玄関に吊るすと疫病退散・家内安全・福徳招来のご利益があるとも言われています。
六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。六斎念仏は平安時代中期に踊り念仏で知られ、市聖(いちひじり)と言われた空也上人(くうやしょうにん)が始めたとも、鎌倉時代に西方寺(さいほうじ)を中興した道空上人(どうくうしょうにん)が始めたとも言われています。ちなみに六斎念仏の中でも笛などの楽器を使用し、娯楽要素の強い六斎念仏は芸能六斎とも言われています。現在六斎念仏には芸能色がほとんどなく、宗教色が強い干菜寺系(ほしなでらけい)念仏六斎と芸能色が強い空也堂系(くうやどうけい)芸能六斎があります。ただ空也堂系には宗教色が強い念仏六斎もあります。なお六斎念仏は1ヶ月に6日(8日・14日・15日・23日・29日・30日)ある忌み日・六斎日に行われたことから名付けられました。
小山郷六斎保存会は当初本来の踊り念仏を継承していたが、江戸時代後期から明治時代に狂言・能などの要素を取り入れたそうです。小山郷六斎保存会の演目には獅子の曲・祇園囃子・猿まわし・手鞠うた・四つ太鼓・三社・しのぶ売りの曲などがあります。
六地蔵めぐりには次のような由来があります。平安時代初期に公卿・小野篁(おののたかむら)が冥土で生身の地蔵菩薩に出合い、その教えによって蘇生したことから地蔵尊像を自ら刻んで木幡の里(大善寺)に安置しました。その後疫病が流行したことから後白河上皇が平清盛に命じ、都の出入り口に六角円堂を建て、6体の地蔵尊像を安置し、西光法師(さいこうほうし)に供養させたと言われています。
六地蔵めぐり(大善寺・浄禅寺・地蔵寺・源光寺・上善寺・徳林庵)

【上善寺 歴史・簡単概要】
上善寺(じょうぜんじ)・鞍馬口地蔵は寺伝によると863年(貞観5年)に第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が天台密教の道場として千本今出川に創建したのが起源と言われています。文明年間(1469年~1487年)に天台宗の僧・春谷盛信(しゅんこくせいしん)が再興し、第104代・後柏原天皇の勅願寺になり、勅額・千松山(せんしょうざん)を賜りました。その後1594年(文禄3年)に関白・豊臣秀吉の命により、千本今出川から現在の場所に移され、天台宗から浄土宗に改められました。1634年(寛永11年)に第108代・後水尾天皇の勅により、嵯峨今林・蓮華清浄寺から奈良時代の僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)作とも言われる本尊・阿弥陀仏坐像が移されました。なお明治維新後の廃仏毀釈により、鞍馬街道近くの深泥池(みどろがいけ)の畔から深泥池地蔵(姉子地蔵)が移され、鞍馬口地蔵と言われるようになりました。ちなみに鞍馬口地蔵は六地蔵めぐりのひとつです。
上善寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・上善寺上善寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【上善寺六斎念仏 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
上善寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…
  2. 祇園白川ライトアップ
    祇園白川桜ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。桜ライトアップは3月下旬頃から4月上…
  3. 清水寺
    清水寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。清水寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎え…
  4. 岡崎疏水桜ライトアップ
    岡崎疏水ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。岡崎疏水ライトアップは毎年桜が見ごろを…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る