蒲入の桜並木(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

蒲入の桜並木

蒲入の桜並木(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。蒲入の桜並木がある伊根町は京都府北部に位置し、丹後半島北東部にあります。伊根町には江戸時代中期には既に伊根湾(伊根浦)沿いに建てられていたとも言われている伊根の舟屋があり、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

【蒲入の桜並木 アクセス・マップ】
場所・・・京都府与謝郡伊根町蒲入
最寄り駅・バス停・・・蒲入(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線天橋立駅から丹後海陸交通・経ヶ岬行き
路線・時刻表・運賃チェック

【蒲入の桜並木 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【蒲入の桜並木 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【蒲入の桜並木 歴史・簡単概要】
蒲入の桜並木(かまにゅうのさくらなみき)は京都府与謝郡伊根町蒲入にあります。蒲入の桜並木は京都府舞鶴市から鳥取県岩美郡岩美町に至る総延長約197.0キロの国道178号にあります。国道178号は日本海側の海岸線に沿うように若狭湾(わかさわん)から丹後半島(たんごはんとう)を周回し、兵庫県の豊岡市を経て、鳥取県の最東端に位置する岩美町の駟馳山で鳥取県道328号福部岩美線(旧国道9号)と繋がっています。国道178号は京都府の舞鶴市・宮津市・与謝野町・宮津市・伊根町・京丹後市、兵庫県の豊岡市・香美町・新温泉町、鳥取県の岩美町を通っています。蒲入の桜並木沿いには丹後天橋立大江山国定公園(たんごあまのはしだておおえやまこくていこうえん)の丹後半島海岸地区の一部で、京都の自然200選に選ばれているカマヤ海岸もあります。カマヤ海岸では断崖絶壁のリアス式海岸が連続し、日本海とともに美しい光景が広がっています。カマヤ海岸は蒲入園地などから眺めることができます。ちなみに蒲入地区には与謝郡伊根町本庄宇治から与謝郡伊根町蒲入に至る蒲入バイパスも走っています。蒲入バイパスは1992年(平成4年)に整備が開始されたが、2001年(平成13年)から2009年(平成21年)まで休止され、2016年(平成28年)3月に開通しました。
*参考・・・蒲入の桜並木(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【蒲入の桜並木 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
蒲入の桜並木の見どころは桜です。国道178号沿いに約100本の桜の木が植えられ、桜並木が続いています。経ヶ岬灯台ドライブイン駐車場や丹後松島展望台駐車場にも桜の木が多く植えられています。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023

【蒲入の桜並木 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0772-32-0277(伊根町観光協会)

【蒲入の桜並木 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【蒲入の桜並木 おすすめ散策ルート】
蒲入の桜並木からのおすすめ散策ルートは蒲入バス停から東側の海岸近くにある真嶋神社に向かうルートです。15分ほど散策すれば、真嶋神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。また北側にある蒲入展望所もおすすめです。なお北西側にあるカマヤ海岸付近を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る