建仁寺見どころ-修学旅行・観光の簡単解説

建仁寺見どころ

建仁寺見どころ簡単解説

建仁寺見どころポイントを簡単にまとめて解説しています。建仁寺で見逃せない風神雷神図・方丈(重文)・法堂と双龍図などを解説しています。建仁寺有数の見どころである法堂には鏡天井に双龍図が描かれています。風神雷神図は現在京都国立博物館に寄託されています。(建仁寺見どころ下記参照)

【建仁寺見どころ解説以外の情報】
建仁寺基本情報

【建仁寺 歴史・簡単概要】
建仁寺(けんにんじ)とは鎌倉時代前期の1202年(建仁2年)に建仁寺開基である鎌倉幕府2代将軍・源頼家(みなもとのよりいえ)が寺域を寄進し、建仁寺開山である臨済宗(りんざいしゅう)の開祖・栄西禅師(えいさいぜんじ・ようさいぜんじ)が宋(中国)・百丈山(ひゃくじょうざん)を模して創建しました。建仁寺の寺号は第83代・土御門天皇(つちみかどてんのう)の勅許により、禅寺初の年号寺院になりました。その後鎌倉時代の寛元年間(1243年~1247年)・康元年間(1256年~1257年)の火災などによって荒廃し、1258年(正嘉元年)に東福寺(とうふくじ)を開山した聖一国師(しょういちこくし)・円爾(えんに)が再興しました。1262年(弘長2年)に宋(中国)からの渡来僧禅で、建仁寺11世・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が入寺して禅の道場に改めました。
建仁寺歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【建仁寺-風神雷神図・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
風神雷神図(ふうじんらいじんず)は見逃せない国宝です。風神雷神図は珍しい二曲一双屏風(にきょくいっそうびょうぶ)で、左に雷神・右に風神がダイナミックに描かれています。風神雷神図は元々豪商・打它公軌(うだきんのり)が妙光寺(みょうこうじ)の再興を記念し、絵師・俵屋宗達(たわらやそうたつ)に製作を依頼したものです。風神雷神図は江戸時代前期の1639年(寛永16年)頃に妙光寺に奉納されたが、その後妙光寺から寄贈されました。風神雷神図は現在京都国立博物館に寄託され、見られるのは複製の屏風と陶板です。風神雷神図は里帰りすると雷鳴が響くとも言われています。風神雷神図はその歴史に注目です。
(建仁寺-風神雷神図・ポイント豆知識)
●風神雷神図は縦154.5センチ・横169.8センチです。
●風神雷神図は俵屋宗達の真筆とされているが、俵屋宗達の印章(いんしょう)・落款(らっかん)はどこにもないそうです。
●妙光寺は鎌倉時代後期の1285年(弘安8年)に内大臣(ないだいじん)・花山院師継(かさのいんもろつぐ)が長子・花山院忠季(かさのいんただすえ)の死を悼んで、山荘を寺院に改めて菩提寺(ぼだいじ)にしたのが起源です。
風神雷神図見どころ(概略・・・)

【建仁寺-方丈・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
方丈(ほうじょう)は見逃せない重要文化財です。方丈は柱などが桃山風だが、禅宗様(ぜんしゅうよう)の建物です。方丈には仏間・書院・室中(しつちゆう)・礼(らい)の間・檀那(だんな)の間・衣鉢(いはつ)の間があります。方丈は室町時代後期の1487年(長享元年)に広島・安国寺(あんこくじ)の方丈としてに建立され、安土桃山時代の1599年(慶長4年)に武将で、臨済宗(りんざいしゅう)の僧・安国寺恵瓊(あんこくじえけい)が移しました。ただ1934年(昭和9年)の室戸台風で倒壊し、1940年(昭和15年)に再建されました。方丈はこけら葺(こけらぶき)の入母屋造(いりもやづくり)です。方丈はその歴史に注目です。
(建仁寺-方丈・ポイント豆知識)
●方丈は桁行約27.6メートル・梁行約20.8メートルです。方丈は大きさにも注目です。
●方丈は第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の中宮・東福門院(とうふくもんいん・徳川和子(とくがわまさこ))から寄進された本尊・十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのんぼさつ)像を安置しています。
●方丈はかつて江戸時代中期の1736年(享保21年)に大規模な修理が行われ、こけら葺から桟瓦葺(さんがわらぶき)に改められ、1940年(昭和15年)の再建時に屋根の軽量化から一時こけら葺に戻されたが、1962年(昭和37年)に銅板葺に改められました。2013年(平成25年)に開山千光祖師八百年大遠諱法要に併せ、こけら葺に戻されました。方丈は屋根にも注目です。
●方丈にはかつて安土桃山時代から江戸時代初期の絵師・海北友松(かいほうゆうしょう)が描いた水墨障壁画(すいぼくしょうへきが)があったが、現在は掛軸に改められました。障壁画は京都国立博物館に寄託されています。
方丈見どころ(概略・・・)

【建仁寺-勅使門・見どころ解説】★★修学旅行・観光必見
勅使門は重要文化財です。勅使門は四脚門(しきゃくもん)です。勅使門は平清盛(たいらのきよもり)の嫡男・平重盛(たいらのしげもり)の六波羅(ろくはら)邸の門を移したとも、平教盛(たいらののりもり)の館の門を室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))後に移したとも言われています。勅使門は鎌倉時代後期(1275年~1332年)に建立されました。勅使門は銅板葺です。
(建仁寺-勅使門・ポイント豆知識)
●勅使門には戦乱の矢の痕があり、矢の根門(やのねもん)・矢立門 (やたちもん) とも言われています。勅使門は由緒に注目です。
●勅使門はかつてこけら葺だったとも言われています。
勅使門見どころ(概略・・・)

【建仁寺-法堂・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
見逃せない法堂(拈華堂)は仏殿を兼ねた禅宗様の建物です。法堂はもこし(裳階)付きの為に二階建てに見えるが、一階建てです。法堂には鏡天井(かがみてんじょう)に日本画家・小泉淳作(こいずみじゅんさく)が描いた双龍図(そうりゅうじ)があります。法堂は江戸時代中期の1765年(明和2年)に建立されました。法堂は本瓦葺(ほんがわらぶき)の入母屋造です。法堂は双龍図と建築様式に注目です。法堂は最大のハイライトです。
(建仁寺-法堂・ポイント豆知識)
●法堂は建仁寺の本尊・釈迦如来(しゃかにょらい)坐像、脇侍(きょうじ)に迦葉尊者(かしょうそんじゃ)・阿難尊者(あなんそんじゃ)が安置されています。
●法堂は拈華堂(ねんげどう)とも言われています。
法堂見どころ(概略・・・)

【建仁寺-双龍図・見どころ解説】
双龍図は法堂の鏡天井にあります。双龍図は2002年(平成14年)の建仁寺創建800年を記念して、日本画家・小泉淳作が約2年の歳月を掛けて描きました。双龍図は丈夫な和紙である麻紙108枚分に墨・程君房(ていくんぼう)を使って描かれています。
(建仁寺-双龍図・ポイント豆知識)
●双龍図は縦11.4メートル・横15.7メートルです。双龍図は大きさに注目です。

【建仁寺-三門・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
三門は八脚門です。三門は望闕楼(ぼうけつろう)とも言われています。望闕楼とは御所を望む楼閣を意味します。三門は法堂と放生池の間にあります。三門は江戸時代末期に静岡・安寧寺(あんねいじ)に建立され、1923年(大正12年)に移されました。三門は本瓦葺です。三門はインスタ映えスポットです。放生池越しの三門が美しい。
三門見どころ(概略・・・)

【建仁寺-庭園・見どころ解説】★★★修学旅行・観光必見
見逃せない庭園には大雄苑(だいおうえん)・潮音庭(ちょうおんてい・三連の庭)・○△ロ乃庭(まるさんかくしかくのにわ)があります。大雄苑は方丈、潮音庭は本坊、○△ロ乃庭は小書院にあります。庭園はそれぞれの趣に注目です。
(建仁寺-庭園・ポイント豆知識)
●大雄苑は1940年(昭和15年)に作庭された枯山水式庭園です。大雄苑は中国の百丈山の眺めを模し、百丈山の別名・大雄山から大雄苑と名付けられました。
●潮音庭は四面正面の枯山水式庭園です。潮音庭には法堂の三尊仏に見立てた三尊石があります。
●○△ロ乃庭は2006年(平成18年)に作庭されました。○△ロ乃庭は臨済宗古月派の禅僧で、画家・仙がい義梵(せんがいぎぼん)の「○△ロ」の掛軸から名付けられました。
庭園見どころ(概略・・・)

【建仁寺-東陽坊・見どころ解説】
茶室・東陽坊(とうようぼう)は安土桃山時代の1587年(天正15年)に関白・豊臣秀吉が北野大茶会を行った際に紙屋川(かみやがわ・天神川)の土手に建てられた副席です。東陽坊の南には秀吉遺愛と言われている烏帽子石が据えらています。東陽坊は1921年(大正10年)に移されました。東陽坊は由緒に注目です。
(建仁寺-東陽坊・ポイント豆知識)
●東陽坊は千利休の高弟・真如堂東陽坊長盛(とうようぼうちょうせい)好みと言われています。なお東陽坊は茶道・薮内家(藪内流)の燕庵(えんなん)と構成や意匠に共通する部分が多いと言われています。
●東陽坊の西側には茶室・清凉軒が建てられています。
東陽坊見どころ(概略・・・)

【建仁寺-本坊・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
本坊はかつて台所だった庫裏(くり)です。本坊は江戸時代後期の1814年(文化11年)に建立されました。本坊は桟瓦葺の切妻造です。
(建仁寺-本坊・ポイント豆知識)
●本坊は東面約17.8メートル・西面約19.9メートル・梁行約19.8メートルです。本坊は大きさに注目です。
●本坊では御朱印「拈華堂」・オリジナル御朱印帳「雲龍図」・「風神雷神図」を授与しています。(要確認)

【建仁寺-開山堂・見どころ解説】
開山堂は境内の西にあります。開山堂は建仁寺開山・栄西禅師の入定塔(墓所)です。開山堂には客殿(方丈)・経蔵・開山塔・楼門(宝陀門・宝陀閣)があります。また苔むした庭には栄西禅師お手植えの菩提樹があります。開山堂は明治時代中期に再建されたとも言われています。
(建仁寺-開山堂・ポイント豆知識)
●開山堂はかつては護国院・興禅護国院とも言われ、楼門は宝陀門(ほうだもん)・宝陀閣(ほうだかく)とも言われています。
開山堂見どころ(概略・・・)

【建仁寺-浴室・見どころ解説】
浴室には待合・蒸し風呂・土間(火炊場)があります。浴室は江戸時代前期の1628年(寛永5年)に三江紹益(さんこうじょうえき)が建立しました。浴室は2002年(平成14年)に法堂の東から山内の現在の場所に移されました。
(建仁寺-浴室・ポイント豆知識)
●浴室では入浴も修行とされ、厳しい作法が細かく定められていたそうです。

【建仁寺-梵鐘・見どころ解説】
梵鐘は東鐘楼に釣るされています。梵鐘は京都第3位の大鐘と言われています。梵鐘は鎌倉時代に鋳造されたと言われています。梵鐘は観音慈救陀羅尼(かんのんじくだらに)を1万回唱えながら撞いたことから陀羅尼鐘(だらにがね)・陀羅尼の鐘とも言われています。梵鐘は大きさに注目です。
(建仁寺-梵鐘・ポイント豆知識)
●梵鐘は光源氏のモデルと言われている源融(みなもとのとおる)の六条河原院(塩竃第)にあったとも言われています。

【建仁寺-楽神廟・見どころ解説】
楽神廟(らくじんびょう)は京都府指定文化財です。楽神廟は建仁寺開山・栄西禅師の母が岡山・吉備津神社(きびつじんじゃ)の末社・楽の社に参詣した後、夢に明星が現れて栄西を懐妊したことから祀られています。楽神廟は江戸時代前期に造営されたと言われています。楽神廟は桟瓦葺の一間社流見世棚造です。

【建仁寺-向唐門・見どころ解説】
向唐門(むかいからもん)は京都府指定文化財です。向唐門は方丈の前庭にあります。向唐門は江戸時代前期の寛文年間(1661年~1673年)に建立されたと言われています。向唐門は銅板葺きです。向唐門はかつてこけら葺だったが、その後瓦葺きに葺き替えられました。

【建仁寺-北門・西門・見どころ解説】
北門・西門は京都府指定文化財です。北門は江戸時代前期の寛永年間(1624年~1645年)、西門は江戸時代後期の文化年間(1804年~1818年)に建立されたと言われています。北門は高麗門で、本瓦葺です。西門は四脚門で、本瓦葺の切妻造です。北門はかつて境内だった祇園の花見小路通に面しています。

●上記以外の建仁寺見どころは下記リンクから確認することができます。
建仁寺見どころ

【建仁寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都・建仁寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る