建仁寺紅葉見ごろ(11月下旬~12月上旬頃)・紅葉名所

建仁寺紅葉見ごろ

建仁寺紅葉見ごろ(紅葉見頃)

建仁寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。建仁寺は本坊の庭園・潮音庭(ちょうおんてい)などにカエデなどが植えられ、紅葉と庭園の三尊石・苔などの光景が素晴らしいと言われています。潮音庭は四方から眺めることができ、紅葉越しに国宝である風神雷神図屏風(複製)を眺めることもできます。(詳細下記参照)

【建仁寺紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
建仁寺の紅葉見ごろは例年11月下旬頃から12月上旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【建仁寺紅葉・建仁寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区小松町584
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)、祇園(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から建仁寺は100系統(D1乗り場)祇、206系統(D2乗り場)東
*四条河原町からは207系統東祇
*四条烏丸からは207系統東祇
*河原町丸太町からは202系統東祇
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約7分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【建仁寺紅葉見ごろ時期・見どころ】
建仁寺は紅葉の名所です。建仁寺の紅葉見ごろは例年11月下旬頃から12月上旬頃です。建仁寺は本坊の庭園・潮音庭(ちょうおんてい)などにカエデなどが植えられ、紅葉と庭園の三尊石・苔などの光景が素晴らしいと言われています。潮音庭は四方から眺めることができ、紅葉越しに国宝である風神雷神図屏風(複製)を眺めることもできます。ちなみに建仁寺は観光客にはあまり知られていない紅葉の穴場とも言われています。
潮音庭は四面正面の枯山水式庭園(四方正面の庭)です。潮音庭には法堂の三尊仏に見立てた三尊石があります。本坊は1814年(文化11年)に建立されました。本坊はかつて台所だった庫裏(くり)です。本坊は東面約17.8メートル・西面約19.9メートル・梁行約19.8メートルです。なお法堂には本尊として釈迦如来座像、脇侍として迦葉尊者・阿難尊者が安置されています。鏡天井には日本画家・小泉淳作が描いた双龍図があります。
風神雷神図は元々京都の豪商・打它公軌(うだきんのり)が建仁寺派の寺院・妙光寺(みょうこうじ)の再興を記念して、絵師・俵屋宗達(たわらやそうたつ)に製作を依頼したものです。風神雷神図は1639年(寛永16年)頃に妙光寺に奉納されたが、その後妙光寺から建仁寺に寄贈されました。なお風神雷神図は現在京都国立博物館に寄託され、建仁寺で見られるのは複製の屏風と陶板です。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【建仁寺 歴史・簡単概要】
建仁寺(けんにんじ)は鎌倉時代前期の1202年(建仁2年)に鎌倉幕府2代将軍・源頼家(みなもとのよりいえ)が寺域を寄進し、栄西禅師(えいさいぜんじ・ようさいぜんじ)が宋(中国)・百丈山(ひゃくじょうざん)を模して創建しました。建仁寺の名称は第83代・土御門天皇の勅許により、禅寺初の年号寺院・建仁寺になりました。当初は真言(しんごん)・止観(しかん)の二院を構え、天台(てんだい)・密教(みっきょう)・禅(ぜん)の三宗兼学の道場でした。その後寛元年間(1243年~1247年)・康元年間(1256年~1257年)の火災などによって荒廃し、1258年(正嘉元年)に東福寺(とうふくじ)を開山した聖一国師(しょういちこくし)・円爾弁円(えんにべんえん)が再興しました。1262年(弘長2年)に宋からの渡来僧禅で、建長寺(けんちょうじ)開山・蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が入寺して禅の道場に改め、室町時代に京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)の第3位に列せられました。その後天正年間(1573年~1592年)に安国寺恵瓊(あんこくじえけい)が方丈・仏殿を移築して再建し、江戸時代に江戸幕府の保護によって伽藍が再建されました。
建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山です。
*参考・・・建仁寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ建仁寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【建仁寺紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
建仁寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る