北野天満宮紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

北野天満宮紅葉

北野天満宮紅葉見ごろ(紅葉見頃)

北野天満宮紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。北野天満宮は境内の西側にあるもみじ苑などに約300本のモミジが植えられ、紅葉と御土居・紙屋川、そして紙屋川に架かる朱塗りの太鼓橋・鶯橋などの光景が素晴らしいと言われています。なお北野天満宮では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【北野天満宮紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
北野天満宮の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【北野天満宮紅葉・北野天満宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区御前通今出川上る馬喰町
最寄り駅・バス停・・・北野天満宮前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から北野天満宮は50系統(B2乗り場)、101系統(B2乗り場)
*四条河原町からは51系統
*四条烏丸からは55系統、101系統、203系統
*河原町丸太町からは10系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は北野白梅町駅(徒歩約7分)

スポンサーリンク


【北野天満宮紅葉見ごろ時期・見どころ】
北野天満宮は京都を代表する紅葉の名所です。北野天満宮の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。北野天満宮は境内の西側にあるもみじ苑などに約300本のモミジが植えられ、紅葉と御土居(おどい)・紙屋川(かみやがわ)、そして紙屋川に架かる朱塗りの太鼓橋・鶯橋(うぐいすばし)などの光景が素晴らしいと言われています。御土居の上の展望所から紅葉越しに眺める本殿(国宝)などの眺望も見どころです。なお北野天満宮では紅葉が見ごろを迎える時期にもみじ苑のライトアップを行っています。(要確認)
もみじ苑には樹齢約400年以上とも言われる三叉の紅葉や樹齢約600年の大欅・東風などが植えられています。北野天満宮の祭神・菅原道真は宇多上皇(第59代・宇多天皇)の巡幸にお供した際、山々の紅葉の美しさに感銘を受け、奈良・手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)に紅葉の枝を奉じて祈願し、和歌「このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」と詠んだと言われ、北野天満宮では梅と同様にご縁のある樹木としているそうです。
御土居(国の史跡)は1591年(天正19年)に関白・豊臣秀吉が築いた総延長約22.5キロメートルの土塁です。御土居には外敵の侵入を防いだり、鴨川の氾濫から町をを守る役目がありました。なお御土居はもみじ苑にあり、長さ約250メートルです。
紙屋川は天神川(てんじんがわ)の上流です。天神川は右京区鳴滝にある標高約515メートルの沢山を源とし、鷹峯・衣笠・北野を流れ、名称の由来となっている北野天満宮(天神さん)の西側を流れ、西大路通と並行して流れた最後は桂川に合流します。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。
北野天満宮紅葉ライトアップ

【北野天満宮 歴史・簡単概要】
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は平安時代中期の947年(天暦元年)に西ノ京に住んでいた多治比文子(たじひのあやこ)・近江(滋賀)比良宮(ひらのみや)の神主である神良種(みわのよしたね)・北野朝日寺(東向観音寺(ひがしむかいかんのんじ))の僧である最珍(さいちん・最鎮)らが神殿を造営し、祭神・菅原道真(すがわらのみちざね)を祀ったのが起源です。903年(延喜3年)に菅原道真が左遷された大宰府で没し、942年(天慶5年)に多治比文子に宣託があり、947年(天暦元年)には神良種の子・太郎丸に再び託宣があったとも言われています。その後菅原道真の左遷の原因になった左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)の甥・藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が私邸を寄贈し、大規模な社殿が造営されました。987年(永延元年)に第66代・一条天皇が勅使を派遣して国家の平安を祈願する勅祭が行われ、神号「北野天満宮天神」を賜り、1004年(寛弘元年)には一条天皇が行幸し、その後皇室に崇敬されました。しかし1444年(文安元年)の文安の麹騒動(ぶんあんのこうじそうどう)で室町幕府の攻撃によって焼失して一時衰退しました。1587年(天正15年)に関白・豊臣秀吉が境内で北野大茶会(きたのだいさのえ・北野大茶会)を行い、1607年(慶長12年)には秀吉の子・豊臣秀頼が本殿などを造営しました。なお北野天満宮は「文道の大祖・風月の本主」と言われる菅原道真を祀っていることもあり、学問の神として多くの信仰を集めています。
北野天満宮は菅原道真を祀った神社の総本社です。
*参考・・・北野天満宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ北野天満宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【北野天満宮紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
北野天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報
北野天満宮見どころ北野天満宮見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る