元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭2020/2/3(日程・・・)

元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭

元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭(日程・時間・・・)を紹介しています。元伊勢節分祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。元伊勢節分祭では三鬼打ち神事・盃割厄除神事が行われます。三鬼打ち神事では病鬼・陰鬼・貧鬼の三鬼に豆を撒きます。三鬼は悔い改め、病鬼が元気、陰鬼が陽気、貧鬼が富貴に生まれ変わます。(詳細下記参照)

【元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭2020 日程時間(要確認)】
元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭2020は2020年(令和2年)2月3日(月曜日)14:00から行われます。
京都節分・豆まき2020

【元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府福知山市大江町内宮字宮山217
最寄り駅・バス停・・・大江山口内宮駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮福線

スポンサーリンク


【元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭 歴史・簡単概要】
元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭(もといせせつぶんさい)は毎年節分(立春の前日)に行われています。なお元伊勢内宮皇大神社では翌日の立春に立春祭も行っています。
元伊勢節分祭では三鬼打ち神事・盃割厄除神事が行われます。三鬼打ち神事では病鬼・陰鬼・貧鬼の三鬼に向かって、白装束に身を包んだ厄年の者・年男などが「鬼は外、福は内」の掛け声とともに豆を撒きます。追われた三鬼は神前で悔い改め、病鬼が元気、陰鬼が陽気、貧鬼が富貴というお多福の面を付けた福の神に生まれ変わます。福の神は子どもを抱っこをしたりしながら福を授けます。盃割厄除神事では御門神社前で神酒を頂き、盃(かわらけ)を厄除石で割り、白布を八つ裂きして厄祓いします。なお元伊勢節分祭では福笹・厄除豆の授与や甘酒の接待が行われます。(要確認)
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。

【元伊勢内宮皇大神社 歴史・簡単概要】
元伊勢内宮皇大神社(もといせないくうこうたいじんじゃ)は紀元前59年(崇神天皇39年)に奈良大和から天照大神(あまてらすおおかみ)の神鏡・八咫鏡(やたのかがみ)が移されて祀られたのが起源とも言われています。ちなみに八咫鏡は天照大神が天孫・邇邇芸命(ににぎのみこと)が降臨した際に授けた三種の神器(八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさなぎのつるぎ・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)))のひとつで、三重・伊勢神宮の内宮(皇大神宮)に御神体として祀られています。その後神鏡は全国を転々とし、54年後の紀元前5年(垂仁天皇25年)に伊勢神宮に祀られることになり、元伊勢内宮皇大神社は元伊勢宮と言われるようになりました。第43代・元明天皇の時代(707年(慶雲4年)~715年(和銅8年))に社殿が建立されたと言われています。江戸時代前期の1656年(明暦2年)に丹後宮津藩第3代藩主・京極高国(きょうごくたかくに)が社殿を造営し、1701年(元禄14年)に丹後宮津藩主・奥平昌成(おくだいらまさしげ)も社殿を修造したと言われています。ちなみに元伊勢内宮皇大神社では60年に1度の式年遷宮(しきねんせんぐう)も行われていたと言われています。なお元伊勢内宮皇大神社は天照大神を祀っています。また元伊勢内宮皇大神社には栲機千々姫社(たくはたちぢひめしゃ)・天手力雄命社(あめのたじからおのみことしゃ)などの摂末社もあります。
*参考・・・元伊勢内宮皇大神社(アクセス・歴史・・・)元伊勢内宮皇大神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【元伊勢内宮皇大神社元伊勢節分祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
元伊勢内宮皇大神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
ページ上部へ戻る