如意寺節分会2021/2/(日程・・・)

如意寺節分会

如意寺節分会(日程・時間・・・)を紹介しています。節分会は毎年節分(立春の前日)とその前日に行われています。節分会では家内安全・厄災消除・商売繁昌や無病息災・学業向上・試験合格・交通安全・病気平癒・心願成就などを祈願する節分護摩祈願が行われます。節分会では甘酒接待が行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【如意寺節分会2021 日程時間(要確認)】
●2021年(令和3年)は立春が2月3日、節分が2月2日になる予定です。行事日程は2020年秋頃から確定します。(現在確認中・要注意)
如意寺節分会2020(●新型コロナによる実施の有無要確認)は2020年(令和2年)2月2日(日曜日)・3日(月曜日)に行われます。
京都節分・豆まき2021

【如意寺節分会 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京丹後市久美浜町1845
最寄り駅・バス停・・・久美浜駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮豊線

スポンサーリンク

【如意寺節分会 歴史・簡単概要】
如意寺節分会(せつぶんえ)・節分星祭は毎年節分(立春の前日)とその前日に行われています。節分会では家内安全・厄災消除・商売繁昌や無病息災・学業向上・試験合格・交通安全・安産祈願・子宝授与・良縁成就・病気平癒・心願成就などを祈願する節分護摩祈願(ごまきがん)が行われます。節分会では甘酒接待が行われます。(要確認)なお特別祈祷も通常通りに行われるそうです。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
護摩はバラモン教の宗教儀礼が起源とされ、主に天台宗・真言宗で行われています。護摩には護摩壇に火を点けて護摩木を焚いて祈願する外護摩と心の中の煩悩などを心の火で焼き払う内護摩などがあるそうです。
甘酒は米に米麹、または酒粕で造られる日本独特の甘味飲料です。甘酒は古墳時代から造られていたとも言われ、日本書紀には甘酒の起源とも言われる天甜酒(あまのたむざけ)が記されています。なお甘酒は原料である米に含まれるデンプンが麹のアミラーゼの働きにより、ブドウ糖(グルコース)・麦芽糖(マルトース)に分解される甘味になり、少量のアルコールも含まれます。

【如意寺 歴史・簡単概要】
如意寺(にょいじ)は寺の縁起によると奈良時代の天平年間(729年~749年)に僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が創建したとも言われています。行基が滞在していた際、霊火が山上から出て海に入り、また海から出て山に昇るという不思議な奇瑞(きずい)が起こり、行基が漁師に網を引かせると如意宝珠(にょいほうじゅ)が掛かったことから伽藍を建立して、如意宝珠を納めたとも言われています。その後鎌倉時代の1295年(永仁3年)に第92代・伏見天皇が深く帰依し、正四位下左馬頭(さまのかみ)・藤原定成(ふじわらのさだなり)を勅使に墨書の勅額(ちょくがく)「如意寺」を賜ったと言われています。室町時代前期の1427年(応永34年)に兵火によって伽藍の多くを焼失し、室町時代後期(戦国時代)の天文年間(1532年~1555年)・江戸時代などに度々伽藍が復興されました。1963年(昭和38年)に現在の伽藍が旧地の観音山から末寺・大円寺(だいえんじ)跡である飛地境内に順次移されました。なお如意寺は本尊・十一面観音立像(秘仏)を安置しています。ちなみに十一面観音立像は僧・行基が一刀三礼で造仏したとも言われ、眼守護のご利益があるとも言われています。
如意寺は高野山真言宗の寺院です。
*参考・・・如意寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ如意寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【如意寺節分会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
節分会では甘酒の無料接待も行われます。(要確認)
如意寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る