煮干そば藍ラーメン(アクセス・マップ・メニュー・・・)

煮干そば藍

煮干そば藍(アクセス・マップ・メニュー・・・)情報を紹介しています。煮干そば藍は下鴨神社・北白川・銀閣寺エリアにあり、近衛通・川端通近くにあります。煮干そば藍は鴨川に架けられている荒神橋・京大医学部が目印になります。煮干そば藍は京阪鴨東線の神宮丸太町駅北側にあり、公共交通機関利用者に比較的便利なラーメン店です。

【煮干そば藍 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市左京区吉田下阿達町29-1
最寄り駅・バス停・・・荒神橋(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都バス(16系統・17系統)

*京阪鴨東線の場合、神宮丸太町駅(徒歩約8分)
路線・時刻表・運賃チェック

【煮干そば藍 営業時間・定休日(要確認)】
11:30~15:00・18:00~20:00(平日)
11:30~15:00(土・日・祝日、18:00まで延長の場合あり)
月曜日・第1日曜日・第3日曜日は定休日です。

【煮干そば藍 メニュー・価格(要確認)】
煮干そば770円、煮干そば大900円、濃い煮干そば880円、濃い煮干そば大1,000円、煮干つけそば800円、煮干つけそば大1,000円、濃厚煮干つけそば800円、濃厚煮干つけそば大1,000円、藍流煮干まぜそば750円、藍流煮干まぜそば(無添加)770円、藍流煮干まぜそば(無添加)麺大盛900円、藍流煮干まぜそば卵黄付850円、藍流煮干まぜそば卵黄マヨ付870円、藍流煮干まぜそば卵黄マヨ付麺大盛1,000円
本日の限定麺1,000円、
炙りマヨチャー丼300円
まぜそは用〆ご飯50円、チャーシュー増250円、味玉120円、白飯120円、和え玉300円
ビール・各種お酒550円

スポンサーリンク

【煮干そば藍 歴史・簡単概要】
煮干そば藍(にぼしそばあおい)は2015年(平成27年)11月28日に営業を開始しました。煮干そば藍は元旅人の店主が創る無化調煮干そば専門店です。店主・谷田祐平さんは東京都中野区出身で、10歳の頃に東京新宿の桂花ラーメンで食べたターロー麺(太肉麺)がラーメンフリークの原点で、中学時代にラーメンを食べ歩きました。18歳頃からテクノトランスなどのDJとして活動するようになり、24歳頃からパックパッカーとして世界中を回り、帰国後に吉祥寺で大好きだったラーメン店でアルバイトを始め、約1年間働きました。その後ワーキングホリデーでカナダバンクーバーのラーメン店で働き、次にアメリカニューヨークのラーメン店に移り、帰国後もハンバーグ店などで働きました。その後吉祥寺時代にアルバイトとして一緒に働いていた同僚の中華そばしば田で働き始め、半年で独立を考えるようになりました。煮干しスープはカタクチイワシ・タイ・サンマの煮干しから抽出し、利尻昆布なども加えています。その煮干しスープに煮干し風味の鶏油・三河のしろたまり醤油などを使った特製タレを加えてスープが仕上げられています。麺は麺屋棣鄂(ていがく)の全粒粉入りの細麺を使用しています。
*参考・・・煮干そば藍(アクセス・マップ・メニュー・・・)

【煮干そば藍 連絡先(要確認)】
電話番号・・・070-5503-2898

【煮干そば藍 備考(駐車場・座席・・・)】
*駐車場なし(近隣にコインパーキングあり)
*全席禁煙
*10席(カウンター5席、カウンター小上がり2席、テーブル3人×1卓)
*カード不可・電子マネー不可

【煮干そば藍 おすすめ散策ルート】
煮干そば藍からのおすすめ散策ルートは北側にある世界遺産・下鴨神社を散策することです。鴨川沿いを20分ほど散策すると下鴨神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。また南西にある平安神宮まで散策するのもおすすめです。更に鴨川沿いを南側に散策するのもおすすめです。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る