如意寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

如意寺

如意寺

如意寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)如意寺は関西花の寺二十五霊場の第7番札所で、八重桜・ミツバツツジ・モクレン・ハギ・モミジなど約300種の山野草が四季折々の花を咲かせます。ちなみに如意寺には楽しく分かりやすく、おもしろいと言われる「法話・花説法」が行われ、全国から参拝者が訪れるそうです。

【如意寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京丹後市久美浜町1845
最寄り駅・バス停・・・久美浜駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮豊線

【如意寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~17:00

【如意寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
個人
無料

団体
250円(法話がない場合無料)

4月
300円、35人以上270円

スポンサーリンク


【如意寺 歴史・簡単概要】
如意寺(にょいじ)は寺の縁起によると奈良時代の天平年間(729年~749年)に僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が創建したとも言われています。行基が滞在していた際、霊火が山上から出て海に入り、また海から出て山に昇るという不思議な奇瑞(きずい)が起こり、行基が漁師に網を引かせると如意宝珠(にょいほうじゅ)が掛かったことから伽藍を建立して、如意宝珠を納めたとも言われています。その後鎌倉時代の1295年(永仁3年)に第92代・伏見天皇が深く帰依し、正四位下左馬頭(さまのかみ)・藤原定成(ふじわらのさだなり)を勅使に墨書の勅額(ちょくがく)「如意寺」を賜ったと言われています。室町時代前期の1427年(応永34年)に兵火によって伽藍の多くを焼失し、室町時代後期(戦国時代)の天文年間(1532年~1555年)・江戸時代などに度々伽藍が復興されました。1963年(昭和38年)に現在の伽藍が旧地の観音山から末寺・大円寺(だいえんじ)跡である飛地境内に順次移されました。なお如意寺は本尊・十一面観音立像(秘仏)を安置しています。ちなみに十一面観音立像は僧・行基が一刀三礼で造仏したとも言われ、眼守護のご利益があるとも言われています。
如意寺は高野山真言宗の寺院です。
*参考・・・如意寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ如意寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【如意寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
如意寺の見どころは約300種の山野草です。また1927年(昭和2年)に建立された本堂・1984年(昭和59年)に建立された不動堂なども見どころです。不動堂には真言宗の開祖である弘法大師・空海の爪彫りとも言われる石造不動明王像(日切不動)が安置されています。なお毎年8月9日に行われる千日会(せんにちえ)も見どころです。千日会では花火・灯篭流し・大文字焼が行われます。

【如意寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0772-82-0163

【如意寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【如意寺 おすすめ散策ルート】
如意寺からのおすすめ散策ルートは海沿いを久美浜駅を散策するルートです。15分ほど散策すると久美浜駅に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお如意寺周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る