京都梅名所ランキング(1位北野天満宮・・・)

城南宮枝垂梅

京都梅名所ランキング

京都梅名所ランキングでは梅名所の内、人気・イベントなどから北野天満宮・梅宮大社・隨心院・京都御苑・城南宮・府立植物園・二条城などをランキングしました。京都御苑では無料で楽しめます。京都御苑には蛤御門(はまぐりごもん)近くの梅林や苑内に九條家ゆかりの黒木の梅など20種・約250本の梅が植えられています。

【梅 基礎知識】
花見と言うと現在は桜を連想するが、奈良時代に花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ和歌などにも現れ、「万葉集(奈良時代末期頃成立)」では梅を詠んだ歌が119首、桜を詠んだ歌が42種だったが、「古今和歌集(平安時代前期成立)」では梅を詠んだ歌が18首、桜を詠んだ歌が70種とその数が逆転します。(誤差あり)なお梅は中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木で、野梅系(やばいけい)・紅梅系(緋梅系)・豊後系(ぶんごけい)に大きく分類されるそうです。

【1位 北野天満宮 洛中名所】
北野天満宮は祭神・菅原道真が梅をこよなく愛したことから本殿(国宝)前にご神木・紅和魂梅(べにわこんばい)や梅苑などに寒紅梅・雲龍梅・思いのまま・月の桂・黒梅など50種・約1,500本の梅が植えられ、例年2月25日に花街・上七軒の舞妓などの奉仕によって梅花祭野点大茶湯が行われることからランキング1位です。ちなみに北野天満宮では年末に一年間の無病息災のご利益があるとも言われる大福梅の授与なども行っています。(要確認)
北野天満宮・梅名所+見ごろ:2月中旬~3月中旬北野天満宮梅花祭野点大茶湯

スポンサーリンク

【2位 梅宮大社 洛西名所】
梅宮大社は「うめのみやたいしゃ」の名称通りに神苑などに呉服枝垂・白牡丹・盤上の梅・想いのまま・金枝梅・冬至梅・寒紅梅・大盃・道しるべ・玉牡丹・春日野・加賀白梅・香篆・緑がく・楊貴妃・藤牡丹しだれ・見驚など約35種・550本の梅が植えられ、例年3月の第1日曜に梅産祭(うめうめまつり)が行われることからランキング2位です。梅産祭では祈願者に招福梅(梅干)が授与され、神酒・特製梅ジュースの接待も行われます。(要確認)
梅宮大社・梅名所+見ごろ:2月中旬~3月中旬梅宮大社梅産祭

【3位 隨心院 山科名所】
隨心院は小野梅園などに約200本の薄紅色のはねずの梅(八重紅梅)が植えられ、例年3月下旬頃にはねず踊りが行われることからランキング3位です。ちなみにねず踊りは小野小町と深草少将との恋物語・百夜通い(ももよがよい)を題材にした踊りです。なお隨心院は楊貴妃・クレオパトラ7世とともに世界三大美人に数えられ、絶世の美女と謳われた女流歌人・小野小町邸があった場所とも言われています。
隨心院・梅名所+見ごろ:3月中旬~3月下旬隨心院はねず踊り

【4位 京都御苑 洛中名所】
京都御苑は蛤御門(はまぐりごもん)近くの梅林や苑内に九條家ゆかりの黒木の梅など20種・約250本の梅が植えられ、無料で楽しめることからランキング4位です。また地下鉄烏丸線を利用でき、比較的交通の便がよいことも魅力的です。なお京都御苑は江戸時代には宮家・公家の邸宅が立ち並んでいたが、東京遷都の為に荒廃し、京都府が火災延焼を防ぐ為に整備しました。
京都御苑・梅名所+見ごろ:2月中旬~3月中旬

【5位 城南宮 洛南名所】
城南宮は神苑などに約150本の紅白のしだれ梅が植えられ、例年2月から3月は初嵐などの約300本の椿と一緒に楽しめることからランキング5位です。なお城南宮は神功皇后の三韓征伐の際に船上に立てた旗とともに神功皇后・大国主神を祀った真幡寸神社が起源と言われています。
城南宮・梅名所+見ごろ:2月下旬~3月下旬城南宮枝垂梅と椿まつり

【番外 京都府立植物園 洛北名所】
京都府立植物園は2か所の梅林に楊貴妃・玉垣枝垂・玉牡丹・白加賀など60種・約150本の梅が植えられています。京都府立植物園は1924年(大正13年)に日本最初の公立植物園として開園し、面積約24ヘクタールに梅を含め、約1万2千種・約12万本の植物が植えられています。
京都府立植物園・梅名所+見ごろ:2月中旬~3月下旬

【番外 二条城 洛中名所】世界遺産
二条城は梅林や城内に枝垂梅・白梅・紅梅(紅千鳥・紅雀)・桃色梅・紅白の花を咲き分ける源平咲き分け梅など約130本の梅が植えられています。なお二条城はかつて禁苑だった神泉苑の一部だったが、1601年(慶長6年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が京都御所の守護・将軍の宿泊所として築城に着手しました。
二条城・梅名所+見ごろ:2月中旬~3月中旬

【番外 青谷梅林 城陽市名所】●城陽市の梅スポット
青谷梅林には面積約20ヘクタールに城州白・枝垂梅など約1万本の梅の木が植えられ、青谷梅林梅まつりが行われます。(要確認)青谷梅林梅まつりでは城陽の梅を使った特産品や花の苗が販売されます。またイベントなども行われます。
青谷梅林・梅名所+見ごろ:2月下旬~3月下旬

【京都梅名所ランキング 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都梅見ごろ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る