妙満寺桜見ごろ(4月上旬頃~中旬頃)・桜名所

妙満寺桜見ごろ

妙満寺桜見ごろ

妙満寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。妙満寺は大書院を中心とした一角にある妙満寺桜園などに桜守・佐野藤右衛門が寄贈した紅枝垂桜・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と大書院などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに妙満寺では桜が見ごろを迎える時期にライトアップも行っているそうです。(要確認)(詳細下記参照)

【妙満寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
妙満寺桜は標高が高いこともあり、例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【妙満寺桜・妙満寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岩倉幡枝町91
最寄り駅・バス停・・・幡枝(徒歩すぐ)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*国際会館駅からは40系統、46系統、50系統
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【妙満寺桜見ごろ時期・見どころ】
妙満寺は桜の名所です。桜は標高が高いこともあり、例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。妙満寺は大書院を中心とした一角にある妙満寺桜園などに桜守・佐野藤右衛門(さのとうえもん)が寄贈した紅枝垂桜・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と大書院などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに妙満寺では桜が見ごろを迎える時期にライトアップも行っているそうです。(要確認)闇夜に映る幽玄的な夜桜を楽しむことができるそうです。なお妙満寺では2017年に染井吉野の献木を行っていました。
佐野藤右衛門は嵯峨野にある造園業・植藤(うえとう)の当主が襲名する庭師の名跡です。佐野藤右衛門は1832年(天保3年)から世界遺産である仁和寺(にんあじ)御室御所の造園を勤めてきました。なお第14代・佐野藤右衛門が日本全国の桜の保存活動を始めたことから桜守とも言われています。
枝垂桜はエドヒガンなどの枝垂性品種です。なお枝垂桜は京都府の府花に指定されています。
大書院には42畳の広間・30畳の東の間、いずれも9畳である北の間・南の間などがあります。大書院は華道・俳句など伝統的文化活動などに利用することができるそうです。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【妙満寺 歴史・簡単概要】
妙満寺(みょうまんじ)は1389年(康応元年)に日什大正師(にちじゅうだいしょうし)が日蓮宗の宗祖・日蓮聖人(にちれんしょうにん)の遺志である帝都弘通を想い、北朝第5代・後円融天皇から洛中弘法の綸旨を賜り、法華堂を六条坊門室町に創建し、根本道場としたのが起源と言われています。日什大正師は天台宗の僧で、比叡山三千の学頭だったが、67歳の時に日蓮門下に入ったそうです。1395年(応永2年)の火災によって伽藍を焼失して綾小路東洞院に移ったが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって四条堀川に移り、1536年(天文5年)の天文法華の乱(てんぶんほっけのらん)では堺に避難しました。その後1542年(天文11年)に第105代・後奈良天皇の法華宗帰洛の綸旨によって四条堀川に戻って再建されたが、1583年(天正11年)には関白・豊臣秀吉よって寺町二条に移されました。1968年(昭和43年)に環境悪化を避ける為、昭和の大遷堂により、寺町二条から現在の場所に移りました。
妙満寺は顕本法華宗の総本山です。
*参考・・・妙満寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ妙満寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【妙満寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
妙満寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る