吉田のしだれ桜・瑠璃寺

吉田のしだれ桜・瑠璃寺

吉田のしだれ桜・瑠璃寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)吉田のしだれ桜・瑠璃寺では古木と若木の2本の枝垂桜が見頃を迎える4月上旬頃に吉田のしだれ桜キャンドルイルミネーションが行われ、吉田のしだれ桜がライトアップされたり、周囲にはフロート・キャンドルが置かれたり、そして歌や演奏などのイベントも行われるそうです。(要確認)

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府舞鶴市吉田170

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR西舞鶴駅からタクシー

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 歴史・簡単概要】
吉田のしだれ桜(よしだのしだれざくら)・瑠璃寺(るりじ)は京都府舞鶴市吉田地区にあります。ちなみに吉田地区の名称は宮津城主・細川幽斎(ほそかわゆうさい)が京都の吉田から桜を移したことに由来するとも言われています。
吉田のしだれ桜は瑠璃寺の境内にある樹齢300年とも言われる枝垂桜の古木と樹齢80年の枝垂桜の若木のことです。枝垂桜は1580年(天正8年)の第106代・正親町天皇の勅勘により、丹後に配流された権中納言・中院通勝(なかのいんみちかつ)を慰める為に友人が京都から苗木を贈ったのが始まりとも言われています。ちなみに中院通勝は1599年(慶長4年)に赦されたそうです。なお枝垂桜の古木は高さ約8メートル・幹周約2.5メートルで、舞鶴市の文化財に指定されているそうです。
瑠璃寺は起源が明確ではありません。瑠璃寺は元応年間(1319年~1320年)に創建されたとも、1609年(慶長14年)に大渓和尚が創建したとも言われています。ただ江戸時代中期の村全体を焼き尽くす火災により、過去帳などが焼失したそうです。瑠璃寺は本尊・薬師如来を安置しています。なお瑠璃寺は曹洞宗の寺院です。
*参考・・・吉田のしだれ桜・瑠璃寺(アクセス・歴史・・・)吉田のしだれ桜・瑠璃寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
吉田のしだれ桜・瑠璃寺の見どころは樹齢300年の枝垂桜の古木と樹齢80年の枝垂桜の若木です。枝垂桜は例年4月上旬頃から4月中旬頃に見頃を迎えるそうです。

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0773-77-0527(瑠璃寺)

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【吉田のしだれ桜・瑠璃寺 おすすめ散策ルート】
吉田のしだれ桜・瑠璃寺からのおすすめ散策ルートは東側の海岸に向かうルートです。20分ほど散策すれば、海岸に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお吉田のしだれ桜・瑠璃寺周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2019年2月のイベント

    京都市内などで2019年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅花祭野点大茶湯
    北野天満宮梅花祭野点大茶湯2019は京都の春の風物詩です。梅花祭野点大茶湯は梅花祭と同じ毎年2月25…
  2. 積善院五大力尊法要
    積善院五大力尊法要は京都の春の風物詩です。五大力尊法要は毎年2月23日に行われています。五大力尊法要…
  3. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  4. 粟田神社祈年祭
    粟田神社祈年祭は京都の新春の風物詩です。祈年祭は毎年2月17日に行われています。祈年祭は新春に今秋の…
  5. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る