下鴨神社見どころのマトメ-修学旅行・観光の解説

下鴨神社(Shimogamo Shrine)

下鴨神社見どころのマトメ・解説

下鴨神社見どころを簡単にまとめてポイント解説します。下鴨神社は世界遺産に登録され、見どころには江戸時代に建立された美しいい楼門(重文)や祭神を祀る東本殿(国宝)と西本殿(国宝)があります。また修学旅行生や観光客に人気がある糺の森(史跡)や橋殿(重文)・舞殿(重文)・細殿(重文)・神服殿(重文)・幣殿(重文)・大炊殿(重文)・供御所(重文)・預屋(重文)・叉蔵(重文)などの見どころもあります。なお国宝・重要文化財・名勝・史跡などの文化財を中心に解説しています。

【貴重な東本殿(国宝)・玉依姫命の解説】

★概要:東本殿は境内の奥にあり、祝詞舎(のっとりや)を挟んで、西本殿の反対側に建立されています。東本殿は下鴨神社の主祭神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀っています。玉依姫命は上賀茂神社(かみがもじんじゃ)の祭神・賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)の母神になります。なお東本殿には金と緑の獅子(しし)と銀と青の狛(こま)が置かれています。
★歴史:東本殿は1863年(文久3年)に式年遷宮で建て替えられました。なお史書「百錬抄(ひゃくれんしょう)・鎌倉時代後期(13世紀末頃)成立」に「鴨社正遷宮也、当社廿年一度・・・定例也」と記され、1036年(長元9年)に第68代・後一条天皇の勅により、1036年(長元9年)を第1回とする式年遷宮制が確立しました。
★様式:東本殿は三間社(さんけんしゃ)流造(ながれづくり)で、屋根が檜皮葺(ひわだぶき)です。東本殿は母屋が約23平方メートルです。
★式年遷宮:東本殿・西本殿では2015年(平成27年)4月に第34回式年遷宮の遷座祭(正遷宮(しょうせんぐう))が行われ、ご神体が仮殿から遷されました。天皇の勅使(ちょくし)が御祭文(ごさいもん)を読み、警蹕(けいひつ)・雅楽(ががく)が暗闇に響く中、ご神体を御船代(みふなしろ)に載せて遷し、最後に神職らが礼舞を踊りました。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【貴重な西本殿(国宝)・賀茂建角身命の解説】

★概要:西本殿は祝詞舎を挟んで、東本殿の反対側に建立されています。西本殿は下鴨神社の主祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を祀っています。賀茂建角身命は東本殿に祀られている玉依姫命の父神になります。なお西本殿には金と緑の獅子と銀と青の狛が置かれています。
★歴史:西本殿は1863年(文久3年)に式年遷宮で建て替えられました。
★様式:西本殿は東本殿と同じ三間社流造で、屋根が檜皮葺です。西本殿は母屋が約23平方メートルです。

【舞殿(重要文化財)・人気の奉納行事の解説】

★概要:舞殿ではえと祈願祭などの神事で奉納行事が行われています。舞殿は修学旅行や観光で見る価値があるスポットです。舞殿では葵祭の際に天皇の勅使(ちょくし)が紅紙(べにがみ)に書かれた御祭文(ごさいもん)を奏上し、雅楽(ががく)の一種である東游(あづまあそび)が奉納されました。また舞殿は御所が被災した際に臨時の内侍所(ないしどころ・賢所(かしこどころ))に定められました。
★歴史:舞殿は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:舞殿は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の檜皮葺です。正面・奥行が舞殿は桁行(けたゆき)四間・梁間(はりま)三間です。
★行事:舞殿では例年節分に節分祭の追儀弓神事(ついなゆみしんじ)が行われ、邪気を祓い清めます。また例年5月5日に古武道奉納(こぶどうほうのう)が行われ、古武道が奉納されます。

【歌会が行われた細殿(重要文化財)の解説】

★概要:細殿では天皇が行幸(ぎょうこう)した際などに歌会・茶会などが行われました。歌会などの記録が「神殿記」に残されています。また細殿は第112代・霊元天皇(れいげんてんのう)が行幸した際に内侍所(ないしどころ)の奉安所(たいあんしょ)になり、第121代・孝明天皇(こうめいてんのう)の行幸に際に江戸幕府14代将軍・徳川家茂(とくがわいえもち)の侍所(さむらいどころ)にもなりました。
★歴史:細殿は1628年(寛永5年)頃に建て替えられました。
★様式:細殿は屋根が入母屋造の檜皮葺です。細殿は向拝(こうはい)は一間で、二重格天井(にじゅうごうてんじょう)になっています。細殿は桁行五間・梁間二間です。
★豆知識:細殿では縁板(えんいた)を受ける縁葛(えんかずら)が屋根を支える母屋桁(もやげた)に転用されていました。

【珍しい橋殿(重要文化財)・御手洗川の解説】

★概要:橋殿は境内を流れている御手洗川(みたらしがわ)の上に建立されています。橋殿では例年お正月に神事が行われています。橋殿では古くから御戸代会(みとしろえ)などの神事や倭舞(やまとまい)などの芸能などが行われました。
★歴史:橋殿は1628年(寛永5年)頃に建て替えられました。橋殿では1936年(昭和11年)の修理の際、屋根裏から定規・原寸型板(げんすんかたいた)が発見されました。
★様式:橋殿は屋根が入母屋造の檜皮葺です。橋殿は桁行四間・梁間三間です。
★行事:橋殿では例年中秋に名月管絃祭(めいげつかんげんさい)が行われ、伝統芸能が奉納されます。また例年5月15日に葵祭の前儀・御蔭祭(みかげまつり)が行われ、御神宝(ごしんぽう)が泰安されます。

【神服を奉製した神服殿(重要文化財)の解説】

★概要:神服殿は神事に着る神服の奉製をしていました。また神服殿はかつて天皇が行幸した際に一室が玉座(ぎょくざ)になりました。なお神服殿は1854年(嘉永6年)の大火の際に第121代・孝明天皇が移りました。
★歴史:神服殿は1628年(寛永5年)に建立されました。
★様式:神服殿は屋根が入母屋造の檜皮葺です。神服殿は桁行五間、梁間四間です。

【幣帛を奉った幣殿(重要文化財)の解説】

★概要:幣殿は宮中からの供物(くもつ)である幣帛(へいはく)を奉っていました。
★歴史:幣殿は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:幣殿は屋根が入母屋造の檜皮葺です。幣殿には正面中央軒に軒唐破風(のきからはふ)があります。幣殿は桁行七間・梁間二間です。

【神饌を調理した大炊殿(重要文化財)の解説】

★概要:大炊殿ではご飯・お餅などの神饌(しんせん)の調理などを行いました。土間の竈(かまど)で煮炊き、中の間の台所で食材を洗い、奥の間で盛り付けを行いました。大炊殿には調理の為の井戸・御井(みい)もあります。
★歴史:大炊殿は応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))で焼失し、1628年(寛永5年)頃に再建されました。
★様式:大炊殿は屋根が切妻造(きりづまづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。大炊殿は桁行五間・梁間三間です。
★豆知識:下鴨神社には大炊殿以外にも魚貝類・鳥類を調理する贄殿(にえどの)や酒殿(さかどの)もありました。

【神饌を調理した供御所(重要文化財)の解説】

★概要:供御所には東の間・中の間・西の間があります。東の間は神饌を調理し、中の間は魚介類を調理し、西の間は神職が勧盃(けんぱい)の儀などを行いました。供御所では中の間が贄殿(にえどの)、西の間が侍所(さむらいどころ)とも言われました。
★歴史:供御所は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:供御所は屋根が入母屋造の檜皮葺です。供御所は桁行九間・梁間三間です。

【神職の控室に使われた預屋(重要文化財)の解説】

★概要:預屋は神事の際に神職の控室として使われました。預屋は現在、儀式殿として使われています。
★歴史:預屋は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:預屋は屋根が入母屋造の檜皮葺です。預屋は桁行五間・梁間三間です。

【御神宝を保管する叉蔵(重要文化財)の解説】

★概要:叉蔵は御神宝を保管しています。叉蔵では1991年(平成3年)1月に次回の式年遷宮(1994年(平成6年))の為の修理中に叉蔵の桔木(はねぎ)の墨書(ぼくしょ)が発見されました。桔木の墨書には「五年四月二十八日 神与兵衛」と記されていました。
★歴史:叉蔵は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:叉蔵は校倉造(あぜくらづくり)です。叉蔵は屋根が入母屋造の本瓦葺です。叉蔵は桁行三間・梁間三間です。

【注目の楼門(重要文化財)・歩射神事の解説】

★概要:圧巻の楼門は本殿を参拝する際の出入口になっています。楼門は修学旅行や観光で絶対に見る価値があるスポットです。楼門は高さ約13メートルで、左右に廻廊(重要文化財)があります。西廻廊には剣の間が設けられ、天皇の勅使が剱(けん)を解きます。楼門では例年5月5日に葵祭の前儀・歩射神事(ぶしゃしんじ)が行われ、楼門の屋根を越えるように鏑矢(かぶらや)を放つ屋越式(やごししき)で邪気を祓います。
★歴史:楼門は1628年(寛永5年)頃に建立されました。
★様式:楼門は三間一戸(さんげんいっこ)の楼門です。楼門は屋根が入母屋造の檜皮葺です。

【貴重な糺の森(史跡・京都の自然200選)の解説】

★概要:糺の森(ただすのもり)には現在まで貴重な原生樹林と同じ植生が残されています。糺の森は修学旅行や観光で見る価値があるスポットです。糺の森は面積約12万平方メートルで、山背(やましろ)原野の原生樹林と同じ植生を残していると言われています。糺の森はかつて面積が約495万平方メートルもあったそうです。
★七不思議:糺の森では相生社(あいおいのやしろ)の連理の賢木(れんりのさかき)が枯れるとどこかで2本の木が1本に結ばれると言われ、七不思議に数えられています。また糺の森では切芝・赤椿・紅葉橋も七不思議に数えられています。謎も魅力です。
★行事:糺の森では例年8月に納涼古本まつり(のうりょうふるほんまつり)が行われ、古書などが販売されます。また例年6月に蛍火の茶会(ほたるびのちゃかい)も行われ、ホタルが放たれることもあります。なお糺の森ではかつて糺の森の光の祭も行われ、「呼応する森と自立しつつも呼応する生命 – 下鴨神社 糺の森 」として、光のovoid(卵形体)と参道の木々が光り輝きました。

●上記以外は下記リンクから確認することができます。
下鴨神社見どころ(御手洗社(井上社)と御手洗池など)

【下鴨神社 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・下鴨神社(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る