下鴨神社-修学旅行・観光で見逃せない見どころ

下鴨神社見どころ

下鴨神社見どころ簡単解説

下鴨神社見どころを解説しています。修学旅行・観光に役立つ簡単まとめを提供。下鴨神社で見逃せない東西本殿(国宝)・御手洗社(井上社)などを解説しています。下鴨神社有数の見どころである東西本殿は21年ごとに式年遷宮が行われます。御手洗社はみたらし団子の発祥の地です。(下鴨神社見どころ下記参照)

【下鴨神社 歴史・簡単解説】京都世界遺産
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)・下鴨神社(しもがもじんじゃ)とは起源が明確ではありません。下鴨神社は社伝によると初代・神武天皇(じんむてんのう)の御代(紀元前660年~紀元前582年)に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が比叡山(ひえいざん)西麓の御蔭山(みかげやま)に降臨したのが起源と言われています。また下鴨神社は紀元前90年(第10代・崇神天皇(すじんてんのう)7年)に瑞垣(みずがき)の修造の記録があり、それ以前から祀られていたとも言われています。その後第29代・欽明天皇(きんめいてんのう)の時代(539年~571年)に葵祭(あおいまつり・賀茂祭(かもまつり))が始まり、678年(第40代・天武天皇(てんむてんのう)7年)に社殿が建立されたと言われています。
京都世界遺産・下鴨神社(アクセス・・・)基本情報京都世界遺産・下鴨神社歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【東本殿・見どころ解説】★★★修学旅行三ッ星
東本殿とは見逃せない国宝(1953年(昭和28年)3月31日指定)です。東本殿は境内の奥にあります。東本殿は祝詞舎(のっとりや)を挟んで、西本殿の反対側になります。東本殿は江戸時代後期の1863年(文久3年)に21年に1度行われる式年遷宮(しきねんせんぐう)で建て替えられました。かつて式年遷宮で建て替えられていたが、現在は修復のみが行われています。なお東本殿は檜皮葺(ひわだぶき)の三間社流造(さんけんしゃながれづくり)です。
(東本殿・ポイントまとめ)
●東本殿は主祭神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀っています。玉依姫命は上賀茂神社の祭神・賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)の母になります。
●東本殿は母屋が約23平方メートルで、金と緑の獅子(しし)と銀と青の狛(こま)が置かれています。
●史書「百錬抄(ひゃくれんしょう)・鎌倉時代後期(13世紀末頃)成立」に「鴨社正遷宮也、当社廿年一度・・・定例也」と記され、平安時代中期の1036年(長元9年)を第1回として式年遷宮制が確立しました。
●東本殿・西本殿で2015年(平成27年)4月に第34回式年遷宮の遷座祭(正遷宮(しょうせんぐう))が行われ、ご神体が仮殿がら遷されました。天皇の勅使(ちょくし)が御祭文(ごさいもん)を読み、警蹕(けいひつ)・雅楽(ががく)が暗闇に響く中、ご神体を御船代(みふなしろ)に載せて遷し、最後に神職らが礼舞を踊りました。
下鴨神社東本殿見どころ(歴史概略・・・)

【西本殿・見どころ解説】★★★修学旅行三ッ星
西本殿とは見逃せない国宝(1953年(昭和28年)3月31日指定)です。西本殿は祝詞舎を挟んで、東本殿の反対側になります。西本殿は江戸時代後期の1863年(文久3年)に21年に1度行われる式年遷宮で建て替えられました。かつて式年遷宮で建て替えられていたが、現在は修復のみが行われています。なお西本殿は檜皮葺の三間社流造です。
(西本殿・ポイントまとめ)
●西本殿は主祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を祀っています。賀茂建角身命は東本殿に祀られている玉依姫命の父になります。
●西本殿は母屋が約23平方メートルで、金と緑の獅子(しし)と銀と青の狛(こま)が置かれています。
下鴨神社西本殿見どころ(歴史概略・・・)

【舞殿・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
舞殿(まいどの)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。舞殿では葵祭の際に天皇の勅使が紅紙(べにがみ)に書かれた御祭文を奏上し、雅楽の一種である東游(あづまあそび)が奉納されました。舞殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお舞殿は檜皮葺の入母屋造(いりもやづくり)です。
(舞殿・ポイントまとめ)
●舞殿は桁行四間、梁間三間です。
●舞殿はかつて御所が被災した際、臨時の内侍所(ないしどころ・賢所(かしこどころ))に定められました。
下鴨神社舞殿見どころ(歴史概略・・・)

【細殿・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
細殿(ほそどの)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。細殿は二重格天井(にじゅうごうてんじょう)になっています。細殿ではかつて天皇が行幸(ぎょうこう)した際などに歌会・茶会などが行われました。歌会などの記録が「神殿記」に残っています。細殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に建て替えられました。なお細殿は檜皮葺の入母屋造です。向拝(こうはい)は一間です。
(細殿・ポイントまとめ)
●細殿は桁行五間・梁間二間です。
●細殿は第112代・霊元天皇(れいげんてんのう)が行幸した際に内侍所(ないしどころ)の奉安所(たいあんしょ)になり、第121代・孝明天皇(こうめいてんのう)の行幸に際には江戸幕府14代将軍・徳川家茂(とくがわいえもち)の侍所(さむらいどころ)にもなりました。
下鴨神社細殿見どころ(歴史概略・・・)

【橋殿・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
橋殿(はしどの)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。橋殿は御手洗川(みたらしがわ)の上に建立されています。橋殿では古くから御戸代会(みとしろえ)などの神事や倭舞(やまとまい)などの芸能などが行われました。橋殿では毎年お正月に神事が行われています。橋殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に建て替えられました。なお橋殿は檜皮葺の入母屋造です。
(橋殿・ポイントまとめ)
●橋殿は桁行四間・梁間三間です。
●橋殿では中秋(ちゅうしゅう)に名月管絃祭(めいげつかんげんさい)も行われます。また御蔭祭(みかげまつり)の際に御神宝(ごしんぽう)が泰安されます。
下鴨神社橋殿見どころ(歴史概略・・・)

【神服殿・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
神服殿(しんぷくでん)とは重要文化財(1903年(明治36年)4月15日指定)です。神服殿はかつて天皇が行幸した際に一室が玉座(ぎょくざ)になりました。またかつて神事に着る神服の奉製をする建物でした。神服殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)に造営されました。なお神服殿は檜皮葺の入母屋造です。
(神服殿・ポイントまとめ)
●神服殿は桁行五間、梁間四間です。
●神服殿は江戸時代後期の1854年(嘉永6年)の大火の際には第121代・孝明天皇が移りました。
下鴨神社神服殿見どころ(歴史概略・・・)

【幣殿・見どころ解説】
幣殿(へいでん)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。幣殿は正面中央軒に軒唐破風(のきからはふ)があります。幣殿は宮中からの供物(くもつ)である幣帛(へいはく)を奉っていました。幣殿は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお幣殿は檜皮葺の入母屋造です。
(幣殿・ポイントまとめ)
●幣殿は桁行七間・梁間二間です。

【大炊殿・見どころ解説】
大炊殿(おおいどの)とは重要文化財(1903年(明治36年)4月15日指定)です。大炊殿ではご飯・お餅などの神饌(しんせん)の調理などを行いました。土間の竈(かまど)で煮炊き、中の間の台所で食材を洗い、奥の間で盛り付けを行いました。大炊殿は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、その後江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に再建されました。かつては魚貝類・鳥類を調理する贄殿(にえどの)や酒殿(さかどの)もありました。なお幣殿は本瓦葺(ほんがわらぶき)の切妻造(きりづまづくり)です。
(大炊殿・ポイントまとめ)
●大炊殿は桁行五間・梁間三間です。
●大炊殿には調理の為の井戸・御井(みい)もあります。

【供御所・見どころ解説】
供御所(くごしょ)とは重要文化財(1903年(明治36年)4月15日指定)です。供御所には東の間・中の間・西の間があります。東の間は神饌を調理し、中の間は魚介類を調理し、西の間は神職が勧盃(けんぱい)の儀などを行いました。供御所は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお供御所は檜皮葺の入母屋造です。
(供御所・ポイントまとめ)
●供御所は桁行九間・梁間三間です。
●供御所の中の間は贄殿(にえどの)・西の間は侍所(さむらいどころ)とも言われました。

【預屋・見どころ解説】
預屋(あずかりや)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。預屋はかつて神事の際に神職の控室として使われました。預屋は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお預屋は檜皮葺の入母屋造です。
(預屋・ポイントまとめ)
●預屋は桁行五間・梁間三間です。
●預屋は現在儀式殿として使われています。

【叉蔵・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
叉蔵(またぐら)とは重要文化財(1967年(昭和42年)6月15日指定)です。叉蔵は校倉造(あぜくらづくり)の建物です。叉蔵には御神宝を保管しています。叉蔵は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお叉蔵は本瓦葺の入母屋造です。
(叉蔵・ポイントまとめ)
●叉蔵は桁行三間・梁間三間です。
●叉蔵では1991年(平成3年)1月に次回の式年遷宮(1994年(平成6年))の為の修理中に叉蔵の桔木(はねぎ)の墨書(ぼくしょ)が発見されました。桔木の墨書には「五年四月二十八日 神与兵衛」と記されていました。

【祝詞舎・見どころ解説】
祝詞舎(のりとしゃ)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。祝詞舎は東本殿と西本殿の間にあり、南端が幣殿に接続しています。祝詞舎は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお祝詞舎は北端が唐破風造(からはふづくり)で、檜皮葺です。
(祝詞舎・ポイントまとめ)
●祝詞舎は桁行五間、梁間一間です。

【東西御料屋・見どころ解説】
東西御料屋(とうざいごりょうや)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。東西御料屋は幣殿の東西端にあり、神饌の準備をし、盛り付けを行っていました。東西御料屋は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお東西御料屋は檜皮葺の入母屋造です。
(東西御料屋・ポイントまとめ)
●細殿は桁行四間・梁間三間です。

【楼門・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
楼門(ろうもん)とは見逃せない重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。楼門は三間一戸(さんげんいっこ)の楼門です。左右に廻廊(重要文化財)があり、西廻廊に剣の間が設けられ、天皇の勅使が剱(けん)を解きます。楼門は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお楼門は檜皮葺の入母屋造です。
(楼門・ポイントまとめ)
●楼門は高さ約13メートルです。
●楼門では葵祭の前儀・歩射神事(ぶしゃしんじ)で楼門の屋根を越えるように鏑矢(かぶらや)を放つ屋越式(やごししき)が行われ、邪気を祓います。
下鴨神社楼門見どころ(歴史概略・・・)

【西唐門・見どころ解説】
西唐門(にしからもん)とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。西唐門は一間一戸(いっけんいこ)の向唐門(むかいからもん )です。西唐門には欄間(らんま)に葡萄(ぶどう)の紋様があり、葡萄門とも言われています。西唐門は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお西唐門は檜皮葺です。
(西唐門・ポイントまとめ)
●西唐門は門をくぐる人にお祓いするという意味があるそうです。

【中門・見どころ解説】
中門とは重要文化財(1901年(明治34年)8月2日指定)です。中門は弊殿に繋がる四脚門(しきゃくもん)です。中門は本殿への最初の祓所(はらいしょ)になります。中門の左右には雅楽を奏した楽屋(がくのや)があります。中門は江戸時代前期の1628年(寛永5年)頃に造営されました。なお中門は檜皮葺の切妻造です。
(中門・ポイントまとめ)
●中門の左右にある楽屋も重要文化財です。

【糺の森・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
糺の森(ただすのもり)とは見逃せない国の史跡(1983年(昭和58年)3月29日指定)です。糺の森は約12万平方メートルあり、山背(やましろ)原野の原生樹林と同じ植生を現在も残していると言われています。糺の森はかつて約495万平方メートルの広さがあったそうです。なお糺の森は京都の自然200選にも選ばれています。
(糺の森・ポイントまとめ)
●糺の森では相生社の連理の賢木(れんりのさかき)が枯れるとどこかで2本の木が1本に結ばれると言われています。

【馬場・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
馬場は境内に3つあります。古馬場は河合神社の西にあり、奈良時代以前から使用されていたとも言われています。なお糺の森の馬場は長さ約350メートルです。馬場では5月の流鏑馬神事(やぶさめしんじ)に使われます。

【光琳の梅・見どころ解説】
光琳の梅は境内を流れる御手洗川に架けられた輪橋(そりはし)近くにあります。光琳の梅は紅梅です。光琳の梅は絵師・尾形光琳(おがたこうりん)が描いた「紅白梅図屏風(国宝)」のモデルの後継樹と言われています。
下鴨神社光琳の梅見どころ(歴史概略・・・)

【さざれ石・見どころ解説】
さざれ石は参道脇にあり、神霊が宿ると言われています。さざれ石はちいさな石という意味です。さざれ石は年とともに大きく成長し、岩になると信じられているそうです。なおさざれ石は国歌「君が代」の中にも歌われています。

【葵の庭・見どころ解説】
葵の庭は大炊殿近くにあります。葵の庭に葵祭の由来になっている二葉葵(ふたばあおい)やカリン(花梨)・ヌルデ(白膠木)・クチナシ(梔子)・カツラ(桂)・ヤマウコギ(山五加)などの薬草が栽培されています。カリンの古木がよく知られ、カリンの庭とも言われています。
(葵の庭・ポイントまとめ)
●葵の庭で栽培された薬草は大炊殿で御薬酒などに調製されました。

【河合神社・見どころ解説】★★修学旅行二ッ星
河合神社(かわいじんじゃ)とは見逃せない摂社です。河合神社は境内南端に祀られています。河合神社は平安時代前期の858年(天安2年)に下鴨川合神が従五位上を授けられたと記され、それ以前から祀られていたと言われています。なお河合神社は鎌倉時代の随筆「方丈記(ほうじょうき)」を記した鴨長明(かものちょうめい)にゆかりがあります。
(河合神社・ポイントまとめ)
●河合神社は女性の守護神で、日本第一の美麗神と言われる玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀り、縁結び・安産などのご利益があると言われています。

【相生社・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
相生社(あいおいのやしろ)は末社です。相生社は南口鳥居と楼門の間に祀られています。相生社は起源が明確ではありません。相生社には2本の木が途中から1本に結ばれた連理の賢木があり、縁結びのご利益があると言われています。
(相生社・ポイントまとめ)
●相生社は縁結びの神・神皇産霊神(かむむすびのかみ)を祀っています。

【御手洗社・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
御手洗社(みたらししゃ)とは見逃せない末社です。御手洗社は本殿などの東側に祀られています。御手洗社は加茂川(鴨川)と高野川の合流地の東岸にあった唐先社が起源とも言われています。御手洗池はみたらし団子の発祥の地と言われています。なお御手洗社は井上社(いのうえしゃ)とも言われています。
(御手洗社・ポイントまとめ)
●御手洗社は祓戸四神の一神で、災厄抜除の女神である瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)を祀っています。

【言社・見どころ解説】★修学旅行一ッ星
言社(ことしゃ)は末社です。言社は東本殿・西本殿前に祀られています。言社は起源が明確ではありません。言社には7つの社があり、巳(み)・未(ひつじ)は一言社(東社)、午(うま)は一言社(西社)、子(ね)は二言社(北社)、丑(うし)・亥(い)は二言社(南社)、卯(う)・酉(とり)は三言社(北社)、寅(とら)・戌(いぬ)は三言社(中社)、辰(たつ)・申(さる)は三言社(南社)が守護神になっています。
(言社・ポイントまとめ)
●言社は大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀っています。

【御蔭神社・見どころ解説】
御蔭神社(みかげじんじゃ)は境外摂社です。御蔭神社は比叡山西麓の御蔭山に祀られています。御蔭神社は紀元前から御生神事が始まったとも、社伝によると古代から山背北部豪族が祭祀を行っていたとも言われています。また飛鳥時代の677年(天武天皇6年)に山背国司が造営した賀茂神宮があったとも言われています。
(御蔭神社・ポイントまとめ)
●御蔭神社がある御蔭山は御生山(みあれやま)とも言われ、神体山(しんたいさん)とされています。
境外摂社・御蔭神社(アクセス・・・)

【摂社末社・見どころ解説】
摂社末社には河合神社・御蔭神社・相生社・御手洗社・言社以外にも出雲井於神社(いづもいのへのじんじゃ)・賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ)・三井神社・日吉神社・愛宕社・稲荷社などがあります。
(出雲井於神社・ポイントまとめ)
●出雲井於神社は賀茂氏と同じ祖先を持つ氏族・持葛野主殿県主部(かどののとのもりのあがたぬしら)が祖神として祀ったのが起源とも言われています。

【御祈祷・御朱印受付所・見どころ解説】
御祈祷・御朱印受付所は中門(重要文化財)右側にあります。御祈祷・御朱印受付所では御朱印などを授与しています。御朱印には下鴨神社(賀茂御祖神社)・御手洗社(井上社)・比良木社・相生社などがあります。また限定御朱印の葵祭・みたらし祭も授与されています。なお河合神社では社務所で河合神社の御朱印などを授与しています。(要確認)

【休憩処さるや・見どころ解説】
休憩処さるやは南口鳥居近くにあります。休憩処さるやではランチの前後に良縁ぜんざい・申餅・葵の最中・まめ豆茶・かき氷・氷菓・ソフトクリーム・あま酒などを楽しむことができます。ちなみに申餅は葵祭期間中の申の日に食して無事息災を願ったもので、140年振りに復元されました。休憩処さるやにはお持ち帰り商品もあります。なお境内東側で、下鴨本通り沿いに1922年(大正11年)創業の加茂みたらし茶屋・本家亀屋粟義(左京区下鴨松ノ木町53)があり、みたらし団子を楽しむことができます。

【葵祭・見どころ解説】
葵祭(あおいまつり)毎年5月15日に行われています。葵祭は正式には賀茂祭(かもまつり)と言います。葵祭は祭儀に関わる全ての人や社殿の御簾(みす)・牛車(御所車)に至るまで二葉葵を桂の小枝に挿し飾ることに由来します。なお葵祭は祇園祭・時代祭とともに京都三大祭りと言われています。
下鴨神社葵祭(日程・・・)

【蛍火の茶会・見どころ解説】
蛍火の茶会(ほたるびのちゃかい)は毎年6月に行われています。蛍火の茶会では糺の森などで集められた蛍数百匹が御手洗川などに放たれます。なお蛍火の茶会は明治時代に御手洗川で行われていた納涼茶席に由来し、1991年(平成3年)に約100年振りに再興させました。
下鴨神社蛍火の茶会(日程・・・)

【上賀茂神社・見どころ解説】
上賀茂神社とかつて一体で、賀茂社と言われていました。上賀茂神社(賀茂別雷神社)は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。
(上賀茂神社・ポイントまとめ)
●上賀茂神社の祭神・賀茂別雷命は東本殿に祀られている玉依姫命の子になります。
京都世界遺産・上賀茂神社(アクセス・・・)

【下鴨神社見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都世界遺産・下鴨神社(アクセス・見どころ・・・)ホームページ京都世界遺産・下鴨神社(アクセス・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る