真珠庵特別公開2018/9/1~12/16

真珠庵

真珠庵特別公開は京都の秋の風物詩です。特別公開は秋に行われています。特別公開では書院「通僊院(つうせんいん)」・茶室「庭玉軒(ていぎょくけん)」・七五三の庭(方丈東庭)・現代作家6名が描いた方丈襖絵が公開されます。書院「通僊院」は第106代・正親町天皇の皇后の化粧殿を移して建立されたとも言われています。(詳細下記参照)

【真珠庵特別公開2018 日程時間(要確認)】
真珠庵特別公開2018は2018年9月1日(土曜日)~12月16日(日曜日)9:30~16:00まで行われます。なお10月19日(金曜日)~21日(日曜日)は休止です。

【真珠庵特別公開 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野大徳寺町52
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から真珠庵は101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【真珠庵特別公開 歴史・簡単概要】
真珠庵特別公開(とくべつこうかい)は秋に行われています。なお真珠庵は通常非公開です。
特別公開では書院「通僊院(つうせんいん)」・茶室「庭玉軒(ていぎょくけん)」・七五三の庭(方丈東庭)・現代作家6名が描いた方丈襖絵が公開されます。(変更の場合あり)
書院「通僊院(重要文化財)」は第106代・正親町天皇の皇后(女御)の化粧殿を移して建立されたとも言われています。なお書院「通僊院」はこけら葺きの入母屋造です。
茶室「庭玉軒(重要文化財)」は茶道・宗和流の祖である金森宗和(かなもりそうわ・金森重近(かなもりしげちか))好みとも言われています。(諸説あり)茶室「庭玉軒」は二畳台目下座床の茶室で、屋根付きの土間・内坪(うちつぼ)に内蹲(内蹲踞)・飛び石が据えられています。なお茶室「庭玉軒」は書院「通僊院」の一部として重要文化財に指定されています。
七五三の庭(史跡・名勝)は侘び茶の祖・村田珠光(むらたじゅこう)が作庭したとも、連歌師・柴屋軒宗長(さいおくけんそうちょう)が作庭したとも言われる枯山水の庭園です。7個の石・5個の石・3個の石が庭園に配置されていることから七五三の庭とも言われています。
方丈襖絵は山賀博之(映画監督)・上国料勇(イラストレーター・アートディレクター)・伊野孝行(イラストレーター)・北見けんいち(漫画家)・濱地創宗(日本画家・僧侶)・山口和也(美術家)が描きました。なお方丈襖絵は約40面が約400年振りに新調されたそうです。

【真珠庵 歴史・簡単概要】
真珠庵(しんじゅあん)は永享年間(1429年~1441年)に大徳寺(だいとくじ)を復興した一休さん(一休宗純)を開祖として創建されました。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、1491年(延徳3年)に堺の豪商・尾和宗臨(おわそうりん)が再興し、1638年(寛永15年)には京の豪商・後藤益勝(ごとうますかつ)の寄進によって方丈が建立されました。真珠庵の名称は一休さんが臨済宗の祖の一人・楊岐方会(ようぎほうえ)の故事「積もった雪が月に照らされて真珠のように輝いた」に因んで名付けました。なお大徳寺(だいとくじ)は1315年(正和4年)に臨済宗の僧である大燈国師(だいとうこくし)・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が赤松円心(あかまつえんしん)の帰依を受け、紫野に小堂・大徳庵を建立したのが起源とも言われています。
真珠庵は臨済宗大本山大徳寺の塔頭です。
*参考・・・真珠庵真珠庵(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【真珠庵特別公開 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
真珠庵(アクセス・見どころ)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る