八坂神社初詣2021/1/1~(日程・・・)

八坂神社初詣

八坂神社初詣(日程・時間・・・)を紹介しています。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣は例年伏見稲荷大社に次ぐ人出になり、12月31日の夜から大混雑します。12月31日には無病息災・厄除けを祈願するけら詣り(をけらまいり)が行われ、初詣では例年約100万人程度が訪れるとも言われています。(詳細下記参照)

【八坂神社初詣2021 日程時間(要確認)】
八坂神社初詣2021(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2021年(令和3年)1月1日(金曜日)00:00から始まります。
京都初詣ランキング

【八坂神社初詣 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区祇園町北側625番地
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から八坂神社は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約5分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約8分)

スポンサーリンク

【八坂神社初詣 歴史・簡単概要】
八坂神社初詣(はつもうで)は新年の元日1月1日から始まります。初詣は例年伏見稲荷大社に次ぐ人出になり、12月31日の夜から大混雑します。12月31日からは無病息災・厄除けを祈願するけら詣り(をけらまいり)が行われ、初詣では例年約100万人程度が訪れるとも言われています。八坂神社には家内安全・病気平癒・試験合格・良縁成就・商売繁昌・除災安全などに関わる一切の厄災を祓い、開運成就のご利益があるとも言われています。八坂神社には境内に疫病除けのご利益がある疫神社(えきじんじゃ)、商売繁盛のご利益がある北向蛭子社(きたむかいえびすしゃ)、美しくなるご利益がある美御前社(うつくしごぜんしゃ)、縁結びのご利益がある大国主社(おおくにぬししゃ)などもあります。
八坂神社では1月1日5:00から白朮祭(をけらさい)、1月1日5:00から元始祭、1月3日9:00から初能奉納、1月3日13:00からかるた始め式が行われます。(要確認)白朮祭では年頭に病気・災難を除き、幸福を祈願します。元始祭では新年に我が国の大本を思い、国の隆盛を祈願します。初能奉納では金剛流・観世流の家元が「翁」と「仕舞」を隔年で奉納します。かるた始め式では全日本かるた協会近畿支部が平安装束を身に付け、かるた姫に扮して奉納します。
初詣は新年の年明け後に神社などに初めて参拝する風習で、初参り(はつまいり)とも言われます。初詣は各家の家長が旧年の大晦日から新年の元日に掛け、氏神である神社などに籠もって祈願する年籠り(としごもり)が起源とも言われています。その後年籠りは大晦日の除夜詣(じょやもうで)と元日の元日詣(がんじつもうで)に分かれ、元日詣が初詣になったと言われているそうです。なお初詣は陰陽道で幸運のもたらと言われている年神のやってくる方角・恵方(えほう)にある神社などがよいとされているそうです。
をけら詣りでは大晦日の夜から元日の早朝に掛けてお参りし、無病息災・厄除けを祈願します。をけら灯籠から火・白朮火(おけらび)を火縄・吉兆縄(きっちょうなわ)に移し、吉兆縄を回しながら自宅に持ち帰ります。白朮火は元日の朝に雑煮の調理に使ったり、台所に火伏せのお守りとして祀ったりします。
八坂神社見どころ八坂神社見所ランキング

【八坂神社 歴史・簡単概要】
八坂神社(やさかじんじゃ)は起源が明確ではありません。八坂神社は飛鳥時代後期の656年(斉明天皇2年)に高麗(高句麗)から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、平安時代前期の876年(貞観18年)に南都(奈良)の僧・円如(えんにょ)が堂(観慶寺)を建立して薬師千手等の像を奉安し、その後天神(祇園神)が東山の麓・祇園林に垂跡(すいじゃく)したのが起源とも言われています。また829年(天長6年)に参議・紀百継(きのももつぐ)が山城八坂郷丘一処を賜り、神の祭祀を行ったのが感神院(かんしんいん)の起源とも言われています。その後869年(貞観11年)に流行した疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が神泉苑で行われたのが祇園祭の起源と言われ、970年(天禄元年)からは毎年御霊会が行われるようになりました。995年(長徳元年)に王城鎮護の社として二十一社(二十二社)に数えられ、1072年(延久4年)には第71代・後三条天皇が初めて行幸しました。なお八坂神社はかつて感神院・祇園社(ぎおんしゃ)と言われていました。
八坂神社は全国の八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする神社の総本社です。
*参考・・・八坂神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ八坂神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【八坂神社初詣 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
八坂神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る