瑞光院

瑞光院

瑞光院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)瑞光院には赤穂藩家老・大石内蔵助が切腹した赤穂城主・浅野内匠頭の短刀と衣冠を埋めた供養塔があります。なお大石内蔵助ら赤穂義士が切腹した際にはその遺志に従って、浪士の遺髪塔が供養塔の側に建てられました。

【瑞光院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区安朱堂ノ後町19-2
最寄り駅・バス停・・・山科駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR東海道本線

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は山科駅(徒歩約15分)

【瑞光院 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00

【瑞光院 拝観料金・料金(要確認)】
定めなし

スポンサーリンク


【瑞光院 歴史・簡単概要】
瑞光院(ずいこういん)は元々豊臣政権の五奉行筆頭で、浅野氏14代当主・浅野長政(あさのながまさ)の別邸(上京区堀川鞍馬口)があった場所です。瑞光院は1613年(慶長18年)に因幡若桜藩初代藩主・山崎家盛(やまざきいえもり)が大徳寺・琢甫宗林(たくほそうりん)を開山として創建し、大徳寺の塔頭(たっちゅう)になったのが起源です。家盛の死後に家盛の法号に因んで瑞光院と号しました。その後元禄年間(1688年~1704年)初期に瑞光院3世・陽甫(ようほ)が播州赤穂城主・浅野長矩(あさのながのり・浅野内匠頭)の夫人・瑤泉院(ようぜんいん)の親戚だったこともあり、浅野家の祈願寺になりました。1701年(元禄14年)に江戸城・殿中刀傷事件によって長矩が切腹すると供養塔が建立され、1703年(元禄16年)の赤穂事件によって大石内蔵助(大石良雄)らが切腹すると遺髪が埋められて遺髪塔が建立されました。なお1962年(昭和37年)に現在の場所に移りました。
瑞光院は臨済宗大徳寺派の寺院です。
*参考・・・瑞光院

【瑞光院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
瑞光院の見どころは大石内蔵助が生前愛したという梅の古木です。

【瑞光院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-581-3803

【瑞光院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【瑞光院 おすすめ散策ルート】
瑞光院からのおすすめ散策ルートは北にある龍華院・毘沙門堂を経由し、双林院(山科聖天)に向かうルートです。15分ほど散策すれば、山科の自然を感じながら双林院に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお瑞光院周辺には安祥寺があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る