祇園祭と室町幕府・足利将軍家

祇園祭と室町幕府・足利将軍家

祇園祭は千百年以上の歴史があり、その歴史の中で天皇・将軍などが見物した記録が残されています。南北朝時代頃から次第に祭礼への関心が神事である神輿渡御から山鉾に移り、足利将軍家では桟敷を設け、山鉾や神輿渡御を見物しました。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から毎年に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と室町幕府・足利将軍家】
祇園祭は千百年以上の歴史があり、その歴史の中で天皇(上皇・法皇)・貴族・将軍・武将などが見物した記録が残されています。室町幕府が成立した南北朝時代頃から次第に祭礼への関心が神事である神輿渡御(神幸祭・還幸祭)から山鉾に移り、足利将軍家では桟敷を設け、山鉾や神輿渡御を見物しました。室町幕府初代将軍・足利尊氏(あしかがたかうじ)とその子で、室町幕府2代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)は鎌倉時代後期から南北朝時代の真言宗(しんごんしゅう)の僧・歌人である賢俊が記した「賢俊僧正日記(けんしゅんそうじょうにっき)」1355年(正平10年・文和4年)6月14日の条に「将軍(足利尊氏)・羽林(足利義詮)所望之間、祇園会(祇園祭)棧敷用意、御台(平登子(足利尊氏の妻で、足利義詮の母))同入御、三条烏丸南頬也、面七間打之」と記され、三条烏丸南頬に設けられた桟敷(さじき)で祇園祭の神幸祭(しんこうさい)・神輿渡御を見物したと言われています。足利義詮は1364年(正平19年・貞治3年)6月7日と6月14日にも祇園祭を見物した記録が残されています。6月7日・6月14日にはいずれも定鉾・久世舞車・鉾が巡行した記録が残されています。
室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)は南北朝時代の公卿・三条公忠(さんじょうきんただ)が記した「後愚昧記(ごぐまいき)」1378年(天授4年・永和4年)6月7日の条に「今日祇園御輿迎(祇園祭)也、而(延暦寺・日吉大社)神輿造替未事終之間、彼社(八坂神社)神輿同不出来、仍此間年々無御輿迎、今年又同前也、然而於鉾者結構之、大樹(足利義満)構桟敷見物之、件桟敷賀州守護富樫介経営。依大樹(足利義満)命也云々、大和猿楽児童(称観世之猿楽法師子(藤若・世阿弥元清)也)被召加大樹(足利義満)桟敷見物也。件児童自去比大樹(足利義満)寵愛之、同席伝器。」と記され、寵愛していた猿楽師(さるがくし・散楽者)・世阿弥(ぜあみ)とともに四条東洞院に設けられた桟敷で鉾(山鉾)を見物しました。将軍が猿楽師とともに祇園祭を見物することは珍しい出来事だったようです。足利義満は1374年(文中3年・応安7年)6月7日と6月14日、1376年(天授2年・永和2年)6月7日と6月14日、1380年(天授2年・康暦2年)6月7日と6月14日にも祇園祭を見物した記録が残されています。1374年(文中3年・応安7年)6月7日・6月14日にはいずれも下辺鉾、1376年(永和2年)6月7日には造物山・下辺鉾、1376年(天授2年・永和2年)6月14日には鉾・高大鉾、1380年(天授2年・康暦2年)6月7日に洛中風流などが巡行した記録が残されています。
室町幕府4代将軍・足利義持(あしかがよしもち)は1419年(応永26年)6月14日と1425年(応永32年)6月14日に祇園祭を見物した記録が残されています。1419年(応永26年)6月14日には山・鉾が巡行した記録が残されています。
室町幕府6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)は1428年(正長元年)6月7日と6月14日に祇園祭を見物した記録が残されています。1428年(正長元年)6月7日には風流、6月14日には山・風流・笠が巡行した記録が残されています。
室町幕府8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)は1451年(宝徳3年)6月14日に祇園祭を見物した記録が残されています。1451年(宝徳3年)6月14日には山・鉾が巡行した記録が残されています。

【足利将軍家 祇園祭】
足利将軍家では久世舞を車の上で演じる久世舞車(くせまいくるま)を祇園祭に調進していました。久世舞車は当時に流行していた芸能・久世舞を車の上で演じるものです。久世舞車は南北朝時代の1364年(正平19年・貞治3年)が祇園祭での初見で、山鉾の起源とも言われています。久世舞は曲舞などとも書かれ、舞々(まいまい)・舞(まい)などとも言われました。久世舞は鎌倉時代末期に記録が現れ、南北朝時代から室町時代に流行した中世芸能です。久世舞は白拍子舞(しらびょうしまい)を母体とし、鼓に合わせてリズミカルに謡いつつ、扇を持って軽々と舞いました。久世舞では男が折烏帽子(おりえぼし)に直垂(ひたたれ)・大口(おおくち)姿、女と稚児(ちご)が立烏帽子(たてえぼし)に水干(すいかん)・大口姿の男装で演じました。

【祇園祭と室町幕府・足利将軍家 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る