油天神山(ちまき販売・ご利益・マップ)学問成就

油天神山

油天神山(読み方:あぶらてんじんやま)

油天神山(ちまき販売・ご利益・マップ)を紹介しています。油天神山ちまき販売は例年7月14日から16日です。(要確認)14日(13:00~22:00)・15~16日(9:00~22:00)ただ売り切れあり。なお油天神山ちまきのご利益は学問成就です。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。
祇園祭ちまき販売(前祭)2023
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【油天神山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市下京区油小路通仏光寺上る風早町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

【油天神山 ちまきなどの授与品】
梅花付きちまき(粽)・絵馬・学問成就のお守りなど

【油天神山 搭乗(要確認)】

【油天神山 ご利益】
学問成就

スポンサーリンク

【油天神山 歴史・簡単概要】
油天神山(読み方:あぶらてんじんやま)は起源が明確ではありません。油天神山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)に記されておらず、応仁の乱後に創建されたとも言われています。油天神山は油小路通にある風早町(かざはやちょう)に古くから祀られていた天神さん(菅原道真(すがわらのみちざね))を勧請したことが起源です。菅原道真は梅をこよなく愛し、大宰府(だざいふ)に左遷される際に紅梅殿で「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな(拾遺和歌集)」と詠みました。その後梅が菅原道真を慕って、一晩の内に大宰府に飛来したという飛梅伝説も生まれました。その為油天神山のちまき(粽)には梅花が付けられています。油天神山は天神さんを勧請した日が丑(うし)の日だったことから牛天神山(うしてんじんやま)とも言われています。菅原道真は梅と同様に丑(うし)にもゆかりがあります。「菅原道真が生まれたのが丑年」・「菅原道真が亡くなったのが丑の月の丑の日」・「菅原道真の墓所の位置は牛が決めた」などに由来し、牛は菅原道真のお使い(神使・祭神の使者)とされています。
*参考・・・油天神山(祇園祭山鉾前祭)
●祇園祭山鉾は平安時代中期の999年(長保元年)が起源とも言われています。
祇園祭山鉾とは疫神を鎮める依り代

【油天神山 特徴・懸装品】
●天神像は江戸時代前期の1630年(寛永7年)に造られ、風早家から町内の祠に伝わって祀られていました。天神像は山の上の金箔置の社殿に朱の鳥居を建て祀られています。なお社殿の随身(ずいじん)の板絵は狩野益信(かのうえきしん)筆と言われています。
●真松(松の木)には天神さんがこよなく愛した紅梅の枝を立て、鈴を付けています。
●水引は2006年(平成18年)にパリ・クリュニイ博物館所有のタペストリー図案の翔鷹千花図(しょうようせんかず)綴織(つづれおり)に代えられました。また前懸の雲龍文様(うんりゅうもんよう)の繻子地錦(しゅすじきん)は1994年(平成6年)に龍図錦織(にしきおり)、胴懸の19世紀のカザフ絨毯(じゅうたん)は2000年(平成12年)・2001年(平成13年)に前田青邨(まえだせいそん)の原画の紅白梅図、見送の宮廷宴遊図(きゅうていえんゆうず)毛綴(けつづれ)は1990年(平成2年)に梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう)の原画の朝陽図(ちょうようず)綴織にそれぞれ代えられました。
●欄縁(らんぶち)の前部には凹形に切り込んだ社殿が見え、江戸時代後期の1833年(天保4年)に造られた梅と牛の錺金具が付いています。

【油天神山 行事(要確認)】
●宵山(7月14日~7月16日)では夕方から駒形提灯を灯します。
祇園祭宵山(前祭)
●山鉾巡行(7月17日)では四条烏丸から四条通・河原町通・御池通の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行(前祭)

【油天神山 備考(要確認)】
●日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
宵山では天神さんに因んで、学問成就のお守りが授与されます。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る