二瀬川渓流(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

二瀬川渓流

二瀬川渓流(アクセス・見どころ・歴史概要・御朱印・・・)情報を紹介。(2014年末から未更新の場合あり)二瀬川渓流の源流である大江山には「古事記・712年(和銅5年)編纂」に記された第10代・崇神天皇の弟・日子坐王が土蜘蛛の陸耳御笠を退治した話、聖徳太子の弟・麻呂子親王が英胡・軽足・土熊を退治した話、源頼光と頼光四天王が酒呑童子を退治した話が残されています。

【二瀬川渓流 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府福知山市大江町佛性寺
最寄り駅・バス停・・・二瀬川(徒歩約5分)・鬼ヶ茶屋(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮福線大江駅から福知山市営バス・大江山の家線

【二瀬川渓流 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【二瀬川渓流 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【二瀬川渓流 歴史・簡単概要】
二瀬川渓流(ふたせがわけいりゅう)は標高約832メートルの大江山(おおえやま)の千丈ヶ嶽(せんじょうがたけ)を源とする由良川(ゆらがわ)水系の二瀬川(宮川(みやがわ))にあります。大江山は北東側から標高約763メートルの鍋塚(なべづか)・標高約746メートルの鳩ヶ峰(はとがみね)・標高約832メートルの千丈ヶ嶽・標高約736.2メートルの赤石ヶ岳(あかいしがたけ)から構成された連山で、丹後地方最高峰です。二瀬川は千丈ヶ嶽から流れ出て宮川になり、その後福知山市河守(こうもり)で由良川に合流しています。二瀬川渓流の中流域である佛性寺地区の長さ約2キロの区間は急流の激しい浸食作用により、大小様々な奇岩・怪石が所狭しと積み重なっています。奇岩・怪石は鬼伝説にまつわる名前が付けられています。一帯には鬼の足跡・頼光の腰掛け岩(らいこうのこしかけいわ)・鬼飛岩(のぞき岩)など大江山酒呑童子伝説にまつわる旧跡も散在しています。二瀬川渓流には高さ約22メートルで、長さ約77メートル・幅員1.5メートルの吊橋・新童子橋(しんどうじばし)が架けられ、そこからの眺望が素晴らしいと言われています。二瀬川渓流は新童子橋や「全国歴史の道百選」に選ばれ、宮津街道(みやづかいどう)と言われる参勤交代の石畳道・探勝路を利用し、渓谷を周回することができます。なお大江山は丹後天橋立大江山国定公園(たんごあまのはしだておおえやまこくていこうえん)に属しています。また二瀬川渓流は福知山城と福知山踊り・三段池公園・元伊勢三社・長安寺・大原神社と産屋・大江山連峰とブナの原生林と雲海・小倉の玄武岩・天寧寺・由良川と音無瀬橋とともに福知山十景に数えられています。更に二瀬川渓流は京都の自然200選にも選ばれています。
*参考・・・二瀬川渓流(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【二瀬川渓流 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
二瀬川渓流の見どころは例年11月上旬頃~11月下旬頃に見ごろを迎える紅葉です。また二瀬川渓流に架けられた新童子橋も見どころです。新童子橋は1994年(平成6年)10月に架けられた木製無補剛吊橋(人道橋)です。新童子橋は標高約230メートルに架けられ、水面から高さ約22メートルのところにあります。
京都紅葉見ごろ

【二瀬川渓流 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0773-56-1102(福知山市役所大江支所)

【二瀬川渓流 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【二瀬川渓流 おすすめ散策ルート】
二瀬川渓流からのおすすめ散策ルートは北側の日本の鬼の交流博物館に向かうルートです。日本の鬼の交流博物館では大江山に伝わる酒呑童子(しゅてんどうじ)などの3つの鬼伝説を知ることができます。なお二瀬川渓流は市街地から少し離れ、周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る