岩船寺

岩船寺

岩船寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)岩船寺は1937年(昭和12年)頃から境内に紫陽花(あじさい)が植えられるようになり、現在は35品種・5千株も植えられ、あじさい寺とも言われています。なお紫陽花は6月上旬から7月上旬に見ごろを迎えるそうです。

【岩船寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
最寄り駅・バス停・・・岩船寺(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR加茂駅から岩船寺はコミュニティバス当尾線

【岩船寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:30~17:00(3/1~11/30) 
9:00~16:00(12/1~2/末日) 

【岩船寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人400円、中高生300円、小学生200円

団体(30名以上)
中高生200円、小学生100円

スポンサーリンク


【岩船寺 歴史・簡単概要】
岩船寺(がんせんじ)・あじさい寺は「岩船寺縁起・1632年(寛永9年)編纂」によると奈良時代の729年(天平元年)に第45代・聖武天皇が夢想により、善根寺(ぜんこんじ)に籠居(ろうきょ)していた僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)に阿弥陀堂を建立させたのが起源とも言われています。平安時代に真言宗の開祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)とその甥で十大弟子に数えられた智泉大徳(ちせんだいとく)が伝法灌頂(でんぼうかんじょう)を修し、灌頂堂として新たに報恩院を建立しました。その後第52代・嵯峨天皇が智泉大徳に皇子誕生の祈願を勅命し、810年(弘仁元年)に第2皇子(第54代・仁明天皇)が誕生し、813年(弘仁4年)に生母で、嵯峨天皇の皇后・檀林皇后(だんりんこうごう・橘嘉智子(たちばなのかちこ))が本願になって堂塔伽藍が整備され、最盛期に寺塔39坊を誇っていたと言われています。しかし鎌倉時代の1221年(承久三年)の承久の乱によって寺塔の多くを焼失し、1279年(弘安2年)に報恩院を移して本堂にしました。しかし1311年(応長元年)頃の兵火によって失われ、江戸時代前期の寛永年間(1624年~1643年)頃に江戸時代初代将軍・徳川家康、第2代将軍・徳川秀忠らの寄進によって修復されたとも言われています。
岩船寺は真言律宗の寺院です。
*参考・・・岩船寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ岩船寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【岩船寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
岩船寺の見どころは紫陽花(あじさい)です。紫陽花は6月上旬から7月上旬に見ごろを迎えるそうです。(要確認)
京都つつじ見ごろ・さつき見ごろ

重要文化財・・・三重塔、十三重石塔、五輪塔、石室(不動明王立像)、木造阿弥陀如来坐像

【岩船寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・ 0774-76-3390

【岩船寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【岩船寺 おすすめ散策ルート】
岩船寺からのおすすめ散策ルートは浄瑠璃寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、浄瑠璃寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむすることができます。なお岩船寺は市街地からかなり離れ、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る