信行寺(アクセス・見どころ・概要・・・)・伊藤若冲

信行寺

信行寺

信行寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)信行寺の本堂の格天井(ごうてんじょう)には江戸時代の奇想派の絵師(奇想の絵師)・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が最晩年の83歳頃に描いたと言われている天井画・花卉図(かきず)があります。若冲は1800年(寛政12年)10月27日(旧暦の9月10日)に満84歳で亡くなりました。

【信行寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区北門前町472

【信行寺 アクセス(市バス)】
最寄りバス停・・・東山仁王門(徒歩すぐ)
市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から信行寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは46系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは31系統、201系統、203系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【信行寺 アクセス(電車)】
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は三条駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約6分)
●地下鉄烏丸線・京都駅から烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換えることもできます。

【信行寺 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
若冲の生誕300年を記念し、2016年11月11日(金曜日)~13日(日曜日)までの3日間だけ特別公開されます。

【信行寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開

スポンサーリンク


【信行寺 歴史・簡単概要】
信行寺(しんぎょうじ)は起源が明確ではありません。信行寺はかつて兵庫西宮に創建されたが、三条東洞院に移り、その後も度々移ったとも言われています。その後1589年(天正17年)関白・豊臣秀吉の命により、寺町丸太町に移されたが、1708年(宝永5年)の宝永の大火後に現在の場所に移されました。1716年(享保元年)に現在の本堂が建立されました。なお天井画・花卉図は19世紀後半に檀家総代・井上氏が散逸したものを購入し、寄進したと言われています。

【信行寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
信行寺の見どころは絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が描いた天井画・花卉図(かきず)です。花卉図は牡丹・菊・梅・紫陽花・菖蒲・朝顔など167図があります。(若冲の落款と印を含めると168図があります。)なお花卉図はかつて石峰寺(せきほうじ・京都市伏見区深草石峰寺山町26)の観音堂にあったが、明治維新後の廃仏毀釈によって破却されたそうです。
石峰寺若冲忌・筆供養

【信行寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-771-1769

【信行寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
伊藤若冲ゆかりの寺院(信行寺・宝蔵寺・石峰寺)

【信行寺 おすすめ散策ルート】
信行寺からのおすすめ散策ルートは東にある東大路通を南に向かい、八坂神社に向かうルートです。20分ほど散策すれば、祇園のシンボルである八坂神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ルートの周辺には本因坊(寂光寺)・法要寺・辰巳大明神(祇園のお稲荷さん)・知恩院などがあり、それらを散策しながら八坂神社に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る