カテゴリー:伊藤若冲

  • 信行寺

    信行寺

    信行寺の本堂の格天井(ごうてんじょう)には江戸時代の奇想派の絵師(奇想の絵師)・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が最晩年の83歳頃に描いたと言われている天井画・花卉図(かきず)があります。若冲は1800年(寛政12年)10月27日(旧暦の9月10日)に満84歳で亡くなりました。
  • 宝蔵寺

    宝蔵寺

    宝蔵寺は江戸時代の絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)ゆかりの寺と言われています。伊藤若冲は1751年(宝暦元年)に両親の墓石を建立し、伊藤家の菩提寺にしました。その後1765年(明和2年)には末弟・宗寂の墓石を建立しました。
  • 海宝寺

    海宝寺のある場所は以前仙台藩の藩祖・伊達政宗の伏見城上屋敷があった場所で、政宗手植と言われている樹齢約400年の木斛(もっこく)の木が残っています。なお海宝寺のある町名・桃山町正宗は伊達政宗に由来しています。
  • 石峰寺

    石峰寺には1800年(寛政12年)石峰寺門前の自宅で亡くなった絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう) の墓があり、毎年9月10日に若冲忌が行われています。なお伊藤若冲が下絵を描き、石峰寺の住職が協力した五百羅漢も残っています。
  • 石峰寺若冲忌2018/9/10

    石峰寺若冲忌(日程・時間等)を紹介。若冲忌は毎年9月10に行われています。若冲忌は石峰寺の裏山にある石仏・五百羅漢像(若冲五百羅漢)の下絵を描いた江戸時代中期の画家・伊藤若沖の命日に若沖を偲ぶ法要です。墓前回向では墓前に絵のモチーフになった野菜が供えられます。なお若冲忌では若冲の掛軸も一般公開されます。(要確認)

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る