八坂庚申堂初庚申2019/1/23

八坂庚申堂初庚申

八坂庚申堂初庚申は京都の春の風物詩です。初庚申は毎年新年最初の庚申の日に行われています。初庚申では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願う庚申護摩供や錫杖(しゃくじょう)による加持が行われます。また人形(ひとがた)に病名を書き、こんにゃくに貼り付けて祈祷するこんにゃく封じ祈祷も行われます。(詳細下記参照)

【八坂庚申堂初庚申2019 日程時間(要確認)】
八坂庚申堂初庚申2019は2019年(平成31年)1月23日(水曜日)に行われます。なお11:00・15:00・20:00から厄除け祈願法要が行われます。(現在確認中・要注意)

【八坂庚申堂初庚申 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区金園町390
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から金剛寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【八坂庚申堂初庚申 歴史・簡単概要】
金剛寺(八坂庚申堂)初庚申(はつこうしん)は新年最初の庚申(かのえさる)の日に行われます。庚申の日は十干十二支のひとつで、60日ごとに一度訪れます。ちなみに八坂庚申堂は大阪四天王寺庚申堂と東京入谷庚申堂(現存せず)と合わせて、日本三庚申に数えられました。
初庚申では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、無病息災などの祈願成就を願う庚申護摩供(ごまく)や錫杖(しゃくじょう)による加持が行われます。また黄色い人形(ひとがた)に病名を書き、こんにゃくに貼り付けて祈祷するこんにゃく封じ祈祷も行われます。こんにゃくを紙に包んで天井に吊るすとこんにゃくから水分が抜けるように病気も平癒するご利益があるとも言われています。なお初庚申では境内でこんにゃく炊きも授与(志納)されます。猿の形に切り抜いたこんにゃくを無言で、北を向きに3つ食べると1年の無病息災のご利益があるとも言われています。
庚申信仰は庚申の日の夜、人が眠っている間に体内にいる三尸虫(さんしちゅう)が体から抜け出し、寿命を司る天帝に罪(悪行)を告げ、寿命を縮めるという考えに由来しています。その為庚申の日の夜は三尸虫を出さないように徹夜し、善行を行うというものです。八坂庚申堂の本尊・青面金剛(しょうめんこんごう)は三尸虫を食べるとも言われ、現在も徹夜で過ごす庚申待ち(こうしんまち)や一晩中火を灯す代待灯明(だいまちとうみょう)が行われているそうです。ちなみに青面金剛は飛鳥時代に中国大陸から渡来した渡来人氏族・秦河勝(はたのかわかつ)が秦氏の守り本尊にしたと言われています。なお庚申信仰は道教の守庚申が起源とも言われています。
こんにゃく封じ祈祷は比叡山の呪術憎・浄蔵貴所(じょうじょうきしょ)が庚申のお告げにより、こんやく炊き、病気に苦しむ人に煮こんにゃくを振舞ったことが起源とも言われています。

【金剛寺 歴史・簡単概要】
金剛寺(こんごうじ)・八坂庚申堂は起源が明確ではありません。金剛寺は寺伝によると天台宗の僧・浄蔵貴所(じょうじょうきしょ)が八坂に建立し、十干十二支のひとつである庚申の日を禁忌とする庚申信仰の日本最初の霊場と言われています。庚申は庚(かのえ)申(さる)の日を意味します。その後1679年(延宝六年)に本堂が再建されました。なお浄蔵貴所は呪術憎とも言われ、八坂の塔(法観寺)が傾いた際に元に戻したと言われています。また一条戻橋では亡くなった父を一時的に生き返らせ、一条戻橋の由来にもなりました。
金剛寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・金剛寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ金剛寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【八坂庚申堂初庚申 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
金剛寺(八坂庚申堂)(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2019年2月のイベント

    京都市内などで2019年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…
  2. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅花祭野点大茶湯
    北野天満宮梅花祭野点大茶湯2019は京都の春の風物詩です。梅花祭野点大茶湯は梅花祭と同じ毎年2月25…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 上賀茂神社紀元祭
    上賀茂神社紀元祭は京都の春の風物詩です。紀元祭は毎年2月11日に行われています。紀元祭は現在建国記念…
  4. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  5. 世継地蔵尊大祭
    上徳寺世継地蔵尊大祭は京都の冬の風物詩です。世継地蔵尊大祭は毎年2月8日に行われています。世継地蔵尊…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る