印空寺桜見ごろ(4月上旬頃)桜名所

印空寺桜見ごろ

印空寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。印空寺には二河白道の石庭に紅枝垂桜が植えられ、枝垂桜と石庭との光景が美しいと言われています。紅枝垂桜は樹齢もあって、花の数が全盛期の10分の1程になっているそうです。印空寺には熱海桜も植えられ、早春に熱海桜・白梅が見ごろを迎えるそうです。(詳細下記参照)

【印空寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
印空寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【印空寺桜・印空寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区山越西町8
最寄り駅・バス停・・・山越(徒歩約3分)、山越中町(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは26系統(D3乗り場)山
*四条河原町からは10系統山、11系統中、59系統山
*四条烏丸からは11系統中、26系統山、91系統山
*河原町丸太町からは10系統山中、59系統山中
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク

【印空寺桜見ごろ時期・見どころ】
印空寺はあまり知られていない桜の名所です。印空寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。印空寺には二河白道の石庭(にがびゃくどうのせきてい)に紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)が植えられ、枝垂桜と石庭との光景が美しいと言われています。紅枝垂桜は印空寺近くの造園業・植藤(うえとう)の当主で、桜守・佐野藤右衛門(さのとうえもん)が育てたものだそうです。紅枝垂桜は樹齢もあって、花の数が全盛期の10分の1程になっているそうです。印空寺には熱海桜も植えられ、早春に熱海桜・白梅が見ごろを迎えるそうです。なお印空寺には樹齢300年以上・樹高約17メートルのタラヨウ樹(京都市の保存樹)や樹齢300年以上のねじき樹も植えられています。
二河白道の石庭は枯山水式庭園です。二河白道の石庭の名称は作家・冨永航平(とみながこうへい)が名付けました。なお二河白道は浄土教における極楽往生を願う信心の譬喩(ひゆ・比喩)です。中国浄土教(中国浄土宗)の僧・善導(ぜんどう)が浄土教の信心を喩えたとされています。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
佐野藤右衛門は庭師の名跡で、植藤造園(うえとうぞうえん)の当主が代々襲名しています。植藤造園は1832年(天保3年)3月1日に創業し、代々植木職人として世界遺産である仁和寺(にんなじ)に仕えて造園工事に携わり、明治時代から日本各地の滅び行く桜を憂って名桜の保存に努め、現在約200種を保存しています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【印空寺 歴史・簡単概要】
印空寺(いんくうじ)は江戸時代中期の1688年(元禄元年)に印空上人(いんくうしょうにん)が七堂伽藍を建立したのが起源と言われています。印空上人は美濃国(岐阜県)立政寺から入洛し、第112代・霊元天皇の第2皇子で、仁和寺(にんなじ)第23世門跡・覚観法親王(覚隆・覚恕)から土地を賜って印空寺を創建し、山内にある古墳跡頂上に建立された墓地で眠っています。その後了海上人(りょうかいしょうにん)が中興し、寺勢は盛んになりました。了海上人は土地の人に親しまれ、子守歌に「ねんねせん子は了海坊にかます 了海坊がこわけりゃ、ちゃとねやれ」と唄われました。明治維新後の神仏分離・廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって荒廃しました。1970年(昭和45年)に圓空瑞元上人が復興に努め、浄土宗開宗八百年記念の1974年(昭和49年)に鐘楼を建立し、1991年(平成3年)に檀信徒とともに本堂・山門・庫裡を建立し、境内に二河白道の石庭・北山老杉・梅・辛夷・桜・紅葉などを配し、歴史風土特別保存地区に相応しい山容に整備されました。なお印空寺は「山越の阿弥陀」とも言われる本尊・阿弥陀如来を安置しています。
印空寺は西山浄土宗の寺院です。
*参考・・・印空寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【印空寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
印空寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る