犬打川沿いの遊歩道(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

犬打川沿いの遊歩道

犬打川沿いの遊歩道(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。犬打川沿いの遊歩道がある宇治田原町は京都府南部に位置しています。宇治田原町では江戸時代に永谷宗円(ながたにそうえん)が青製煎茶製法が開発したとされ、日本緑茶発祥の地とも言われています。現在、宇治田原町は宇治茶の主要な産地になっています。

【犬打川沿いの遊歩道 アクセス・マップ】
場所・・・京都府綴喜郡宇治田原町
最寄り駅・バス停・・・山城多賀駅(車約20分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR奈良線
路線・時刻表・運賃チェック

【犬打川沿いの遊歩道 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【犬打川沿いの遊歩道 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【犬打川沿いの遊歩道 歴史・簡単概要】
犬打川沿いの遊歩道(いぬうちがわぞいのゆうほどう)はにあります。犬打川は京都府相楽郡和束町別所にある標高約369メートルの犬打峠(いぬうちとうげ)を源とする淀川(よどがわ)水系田原川(たはらがわ)の支流で一級河川です。ちなみに犬打峠の名称は鎌倉時代末期の1331年(元弘元年)8月に第96代・後醍醐天皇(ごだいごてんのう)が鎌倉幕府打倒の為に挙兵した元弘の変(げんこうのへん)の際、笠置山(かさぎやま)から奈良に逃れる為に通り、野犬が激しく吠えたことから野犬を打ち殺したということに由来するとも言われています。犬打川は犬打峠を源とし、京都府宇治市宇治橋西詰交点から京都府相楽郡和束町木屋立花に至る京都府道62号宇治木屋線(うじこやせん)沿いを北西に流れ、京都府綴喜郡宇治田原町南地区を南北に流れ、郷之口地区との境で田原川左岸に注いでいます。犬打川は田原川に注ぐ途中で滝ノ口川・筏作川などと合流しています。なお犬打峠では2020年(令和2年)11月から京都府道宇治木屋線のバイパスとして犬打峠トンネル(仮称)から建設され、2023年(令和5年)に完成する予定です。
*参考・・・犬打川沿いの遊歩道(アクセス・歴史・・・)

【犬打川沿いの遊歩道 見どころ・文化財】
犬打川沿いの遊歩道の見どころは桜です。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【犬打川沿いの遊歩道 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0774-88-6638(宇治田原町産業観光課)

【犬打川沿いの遊歩道 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【犬打川沿いの遊歩道 おすすめ散策ルート】
犬打川沿いの遊歩道からのおすすめ散策ルートは犬打川沿いを散策することです。ちなみに犬打川中流部には天武天皇御旧跡碑などがあります。なお犬打川沿いの遊歩道周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る