観智院(アクセス・見どころ・歴史・・・)・東寺

観智院

観智院

観智院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)観智院は徳川家康により、東寺だけでなく、真言宗全体の勧学院と位置付けられ、多くの学僧を輩出し、経蔵である金剛蔵には膨大な文書・典籍・聖教類が所蔵されていました。なお現在文書などは東寺宝物館に移されています。

【観智院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市南区九条町403
最寄り駅・バス停・・・東寺東門前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から観智院は42系統(C4乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは71系統
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は東寺駅(徒歩約10分)

【観智院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開
特別公開・・・9:00~16:00(受付終了)
なお平成26年11月27日~平成28年3月19日頃まで屋根の葺き替えにより、拝観休止になります。

【観智院 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
通常非公開
特別公開・・・大人500円、小人300円

スポンサーリンク


【観智院 歴史・簡単概要】
観智院(かんちいん)は1308年(延慶元年)に後宇多法皇(第91代・後宇多天皇)が東寺の御影堂(西院)に参籠した際に僧侶の住房として計画したとも言われています。その後1359年(延文4年)頃に東寺の学僧で、観智院第1世・杲宝(ごうほう・こうほう)が東寺の子院として創建し、杲宝の弟子・賢宝が本尊・五大虚空蔵菩薩像を安置しました。ちなみに杲宝や賢宝は東寺に伝わる多くの文書類を編纂し、頼宝とともに東寺の三宝とも言われたそうです。その後1596年(慶長元年)の伏見大地震によって客殿が倒壊し、1605年(慶長10年)に関白・豊臣秀吉の正妻・北の政所の寄進によって再建されました。江戸時代に江戸幕府初代将軍・徳川家康が黒印状により、真言一宗の勧学院と定めてました。
観智院は東寺真言宗総本山・東寺の塔頭です。
*参考・・・観智院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ観智院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【観智院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
観智院の見どころは庭園・五大の庭です。五大の庭は客殿南側にあり、真言宗の宗祖である弘法大師・空海が遣唐使として唐に渡り、密教を学んで日本に帰国する様子が表現されています。

国宝・・・客殿
重要文化財・・・観智院金剛蔵聖教、観智院伝来文書典籍類

【観智院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-691-1131

【観智院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*市バス・東寺南門前には京都駅前・八条口・八条口アバンティ前からは19系統・78系統
*市バス・東寺西門前には京都駅前・八条口・八条口アバンティ前からは16系統
弘法市・東寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東寺見どころ

【観智院 おすすめ散策ルート】
観智院からのおすすめ散策ルートは東寺(教王護国寺)・西本願寺を経由し、東本願寺に向かうルートです。40分ほど散策すれば、いずれも世界遺産である東寺・西本願寺だけでなく、東本願寺も回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお東本願寺の東側には東本願寺の飛地である庭園・渉成園(枳殻邸)があり、そちらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る