妙顕寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

妙顕寺

妙顕寺

妙顕寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)妙顕寺ゆかりの絵師・尾形光琳(おがたこうりん)は呉服商・雁金屋の次男として生まれ、相続した財産を湯水のように使う遊興三昧の日々を送っていたが、40代になって画業に身を入れ、豊かな装飾性を持った「琳派(りんぱ)」の始祖になりました。

【妙顕寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514
最寄り駅・バス停・・・堀川寺ノ内(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から妙顕寺は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は今出川駅(徒歩約10分)

【妙顕寺 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~17:00

【妙顕寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
庭園・・・500円

スポンサーリンク


【妙顕寺 歴史・簡単概要】
妙顕寺(みょうけんじ)は1321年(元亨元年)に帝都弘通(ていとぐずう)を果たした肥後阿闍梨・日像上人(にちぞうしょうにん)が日蓮宗の開祖・日蓮聖人(にちれんしょうにん)の遺命を受け、南朝初代で、第96代・後醍醐天皇から勅旨を賜り、今小路に京都における日蓮宗最初の道場として創建しました。1334年(建武元年)に後醍醐天皇の勅願寺になり、洛中洛外の宗門の第一位とされ、四海唱導妙顕寺(しかいしょうどう)と言われました。その後度々移ったが、四条櫛笥(四条大宮の西南)を中心に活動していたことから四条門流とも言われました。しかしその後も度々移ったり、天文法華の乱などで破却されたりしたが、1584年(天正12年)に関白・豊臣秀吉の命により、現在の場所・小川寺之内に移りました。1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失したが、1834年(天保5年)に再建されました。なお妙顕寺は立本寺・妙覚寺と合わせて、「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と言われています。
妙顕寺は日蓮宗の大本山です。
*参考・・・妙顕寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ妙顕寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【妙顕寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
妙顕寺の見どころは書院前庭・光琳曲水の庭と客殿前庭・龍華飛翔の庭(四海唱導の庭)です。光琳曲水の庭は尾形光琳の屏風絵を元に作庭されたそうです。

重要文化財・・・妙顕寺文書 60巻、金字法華経 巻第五、後小松天皇宸翰消息、神国王書 日蓮筆、強仁状御返事 日蓮筆

【妙顕寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-414-0808

【妙顕寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【妙顕寺 おすすめ散策ルート】
妙顕寺からのおすすめ散策ルートは東に向かい、相国寺を経由し、京都御苑に向かうルートです。15分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお妙顕寺周辺には報恩寺・宝鏡寺・本法寺・妙蓮寺、そして茶道資料館・裏千家今日庵・表千家不審庵もあり、それらを散策してから京都御苑に向かってもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る