大本

大本(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)大本は本部が京都府綾部市の梅松苑(祭祀の場)と京都府亀岡市の天恩郷(宣教の場)に分かれています。天恩郷は1578年(天正6年)に織田信長の家臣・明智光秀が丹波統治の拠点として築城した亀山城趾だったが、1919年(大正8年)に大本(出口王仁三郎)が購入したが、1935年(昭和10年)の第二次大本事件によって施設が破却されました。

【大本 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府綾部市本宮町1-1(梅松苑)
最寄り駅・バス停・・・綾部駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰本線(嵯峨野線)

【大本 拝観時間・時間(要確認)】

【大本 拝観料金・料金(要確認)】

スポンサーリンク


【大本 歴史・簡単概要】
大本(おおもと)は1892年(明治25年)2月3日に開祖・出口なお(でぐちなお)が立教しました。開祖・出口なおには大地の主宰神である艮の金神(うしとらのこんじん)=国祖である国常立尊(くにとこたちのみこと・国之常立神(くにのとこたちのかみ))が帰神し、「三千世界の立替え立直し」を宣言し、世界への預言・警告の筆先を記しました。ちなみに方位神・艮の金神は最も恐ろしい鬼門(東北)の方位にわだかまる猛悪の祟り神とされています。国祖・国常立尊は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」の中で天地開闢(てんちかいびゃく)の際に出現した最初の神で、根源神とされています。1898年(明治31年)に開祖・出口なおと娘婿で、教祖・出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう・上田喜三郎(うえだきさぶろう))が教団組織を結成し、大本の基礎を築きました。1921年(大正10年)に第一次大本事件が起こり、1935年(昭和10年)に第二次大本事件が起こって全活動を停止したが、1945年(昭和20年)に愛善苑(あいぜんえん)として活動を再開し、1952年(昭和27年)に大本に教団名を改称しました。1992年(平成4年)に20世紀最大の木造建築とも言われている長生殿(ちょうせいでん)が建立されました。なお大本は宇宙を創造したという大国常立大神(おおくにとこたちのおおかみ)を主神とし、主神が生み出した様々な神も合わせて、大天主太神(おおもとすめおおみかみ)と称しています。
大本は神道系新宗教です。
*参考・・・大本(アクセス・歴史・・・)ホームページ大本(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【大本 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
大本の見どころは紅葉です。大本神苑にはモミジなどが植えられ、綾部市でも有数の紅葉の名所とされ、例年11月中旬頃~下旬頃に紅葉の見ごろを迎えます。紅葉の見頃には綾部もみじまつりが行われ、夕方から大本通りに行灯が灯されたり、紅葉がライトアップされたりします。また演奏会・音楽会など様々なイベントも行われたり、屋台が出店したりします。(要確認)

【大本 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0773-42-0187

【大本 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【大本 おすすめ散策ルート】
大本からのおすすめ散策ルートは由良川沿いで、北側にある東綾公園に向かうルートです。10分ほど散策すれば、東綾公園に行くことができます。由良川沿いを歩いたり、丹波大橋を渡ったりするのもいいかもしれません。なお大本周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る