大本紅葉見ごろ(11月中旬頃)・紅葉名所

大本紅葉見ごろ(紅葉見頃)

大本紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大本には神苑などにモミジなどが植えられ、紅葉と神苑・緑色の苔などの光景が美しいと言われています。池の水面に紅葉が映し出され、池の周りを散策しながら紅葉を楽しむことができます。大本では紅葉が見ごろを迎える時期に綾部もみじまつりが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【大本紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
大本の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【大本紅葉・大本 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府綾部市本宮町1-1(梅松苑)
最寄り駅・バス停・・・綾部駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰本線(嵯峨野線)

スポンサーリンク


【大本紅葉見ごろ・見どころ】
大本(綾部・梅松苑)は紅葉の名所です。大本は綾部市でも有数の紅葉の名所とも言われています。大本の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。大本には神苑などにモミジなどが植えられ、紅葉と神苑・緑色の苔などの光景が美しいと言われています。池の水面に紅葉が映し出され、池の周りを散策しながら紅葉を楽しむことができます。大本では紅葉が見ごろを迎える時期に綾部もみじまつり(紅葉ライトアップ)や錦秋の大本神苑散策などが行われています。(要確認)ちなみに綾部市では山家城址公園(広瀬町)で山家もみじまつりも行われています。(要確認)
神苑は御神体山で、鶴山(つるやま)・丸山(まるやま)とも言われる本宮山(ほんぐうやま)を中心に整備されています。本宮山山頂には主神(すしん)を鎮祭している至聖所(しせいじょ)の月山不二(つきやまふじ)や開祖・出口なおの初発の「うぶごえ」が刻まれた神声碑(しんせいひ)や教碑(きょうひ)が建てられています。
綾部もみじまつりでは夕方から大本通りに行灯が灯されたり、紅葉がライトアップされたりします。また演奏会・音楽会など様々なイベントも行われたり、屋台(模擬店)が出店したりします。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【大本 歴史・簡単概要】
大本(おおもと)は1892年(明治25年)2月3日に開祖・出口なお(でぐちなお)が立教しました。開祖・出口なおには大地の主宰神である艮の金神(うしとらのこんじん)=国祖である国常立尊(くにとこたちのみこと・国之常立神(くにのとこたちのかみ))が帰神し、「三千世界の立替え立直し」を宣言し、世界への預言・警告の筆先を記しました。ちなみに方位神・艮の金神は最も恐ろしい鬼門(東北)の方位にわだかまる猛悪の祟り神とされています。国祖・国常立尊は日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」の中で天地開闢(てんちかいびゃく)の際に出現した最初の神で、根源神とされています。1898年(明治31年)に開祖・出口なおと娘婿で、教祖・出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう・上田喜三郎(うえだきさぶろう))が教団組織を結成し、大本の基礎を築きました。1921年(大正10年)に第一次大本事件が起こり、1935年(昭和10年)に第二次大本事件が起こって全活動を停止したが、1945年(昭和20年)に愛善苑(あいぜんえん)として活動を再開し、1952年(昭和27年)に大本に教団名を改称しました。1992年(平成4年)に20世紀最大の木造建築とも言われている長生殿(ちょうせいでん)が建立されました。なお大本は宇宙を創造したという大国常立大神(おおくにとこたちのおおかみ)を主神とし、主神が生み出した様々な神も合わせて、大天主太神(おおもとすめおおみかみ)と称しています。
大本は神道系新宗教です。
*参考・・・大本(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ大本(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【大本紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
大本(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る