三千院ツツジ・サツキ見ごろ2022(4月下旬~5月中旬頃)

三千院ツツジ・サツキ見ごろ2022(例年)・見どころ

三千院ツツジ・サツキ見ごろ2022(時期・イベント・・・)情報を紹介しています。三千院には霧島ツツジが約10本、サツキが50本~60本植えられています。聚碧園(しゅうへきえん)では量感豊かなサツキの刈込が美しいと言われています。なお聚碧園は客殿から眺めることができます。(詳細下記参照)

【三千院 ツツジ・サツキ見ごろ2022(例年)】
三千院のツツジ・サツキの見ごろは霧島ツツジが例年4月下旬頃、サツキが例年5月中旬頃です。ただツツジ・サツキの見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都ツツジ・サツキ名所・見ごろ

【三千院ツツジ・サツキ見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市左京区大原来迎院町540
最寄り駅・バス停・・・大原(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から三千院は17系統(C3乗り場)、18系統(C3乗り場)
*四条河原町・三条京阪からは17系統
*四条烏丸からは17系統
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク

【三千院 ツツジ・サツキ見ごろ2022(例年)・簡単解説】
三千院はツツジ(躑躅)・サツキ(皐月)の名所です。三千院のツツジ・サツキの見ごろは霧島ツツジが例年4月下旬頃、サツキが例年5月中旬頃です。
三千院には霧島ツツジが約10本、サツキが50本~60本植えられています。聚碧園(しゅうへきえん)では量感豊かなサツキの刈込が美しいと言われています。なお聚碧園は安土桃山時代の慶長年間(1596年~1614年)に関白・豊臣秀吉が御所・紫宸殿(ししんでん)を建て替えた際の旧材を使って建立された客殿から眺めることができます。
聚碧園は客殿の池泉観賞式庭園です。聚碧園は東部が山畔を利用した上下二段式、南部が円形とひょうたん形の池泉をむすんだ池庭です。聚碧園は江戸時代の茶人で、宗和流茶道の祖・金森宗和(かねもりそうわ)が自らの手を加えたとも言われています。なお聚碧園には緑(碧)の集(聚)まる地という意味があるそうです。
霧島ツツジ(霧島躑躅)はツツジ科ツツジ属の常緑低木です。霧島ツツジはキリシマ (霧島)とも言われています。霧島ツツジは鹿児島に野生するサタツツジ(佐田躑躅)とヤマツツジ(山躑躅)を主とし、ミヤマキリシマ(深山霧島)が加わった交配種とも言われています。江戸時代前期に薩摩(鹿児島)から大坂、そして京都・江戸(東京)に広まり、江戸時代末期から欧米に輸出されました。霧島ツツジは樹高が60センチ~90センチで、葉は広い楕円形です。霧島ツツジは春に小枝の先に紅色の漏斗状の花を数個つけます。
サツキ(皐月・杜鵑)はツツジ科ツツジ属の常緑低木です。サツキはサツキツツジ(皐月躑躅)・映山紅(エイサンコウ)などとも言われています。サツキの名称は旧暦の5月 (皐月) 頃に一斉に咲くことに由来し、花期は他のツツジに比べると1ヶ月程度遅く、5月~6月頃になります。サツキは関東以西と九州南部に分布し、川岸の岩上などに自生しています。サツキは古くから園芸化され、盆栽や庭木などとして栽培されています。サツキは樹高が1メートル前後で、枝は細く密生して横に広がり、葉は披針形または狭倒披針形で先が尖っています。サツキは花色が深紅から白色で、咲き分け・絞り・八重咲などがあります。
三千院見どころ

【三千院 歴史・簡単概要】
三千院(さんぜんいん)は奈良時代後期の788年(延暦7年)に天台宗(てんだいしゅう)の開祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄(さいちょう)が比叡山に延暦寺(えんりゃくじ)を創建し、延暦年間(782年~806年)に比叡山(ひえいざん)東塔南谷の山梨の大木の下に一宇・円融房(えんにゅうぼう)を構え、自作の薬師如来(やくしにょらい)像を本尊として安置したのが起源と言われています。平安時代前期の860年(貞観2年)に承雲和尚(じょううんおしょう)が伝教大師・最澄作の薬師如来像を安置する伽藍を建立して円融院(えんにゅういん)と称したとも言われています。三千院は第3代天台座主(てんだいざす)の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)に引き継がれ、平安時代後期の1118年(元永元年)に第73代・堀河天皇(ほりかわてんのう)の皇子・最雲法親王(さいうんほっしんのう)が入寺して以来、皇子・皇族が入寺して住持する宮門跡(みやもんぜき)になりました。三千院は比叡山内から近江坂本に移り、鎌倉時代前期の1232年(貞永元年)の火災から京都・洛中で度々移り、名称も梨下房(なしもとぼう)・円徳院(えんとくいん)・梨下門跡(なしもともんぜき)・梶井門跡(かじいもんぜき) と改めなした。なお1871年(明治4年)に大原の政所(まんどころ)を本坊と定め、名称を三千院(三千院門跡)に改めました。
三千院は天台宗の寺院です。天台宗の三門跡(青蓮院・妙法院)の中で一番歴史が古い。
*参考・・・京都・三千院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【三千院ツツジ・サツキ見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
三千院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る