猿丸神社紅葉見ごろ(11月中旬~12月上旬頃)

猿丸神社紅葉見ごろ(紅葉見頃)

猿丸神社紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。猿丸神社にはカエデ・モミジなどが分布し、本殿・一ノ鳥居・参道(石段)・狛猿(石造)などの光景が美しいと言われています。表参道は祭神・猿丸大夫が「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」と詠んだ光景を思わせるとも言われているそうです。(詳細下記参照)

【猿丸神社紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
猿丸神社の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から12月上旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2020年9月16日、ウェザーニュースは紅葉の見ごろは平年並みと予想しました。延暦寺は11月8日頃、三千院は11月13日頃、嵐山は11月21日頃から見ごろです。
京都紅葉見ごろ2020京都紅葉ライトアップ2020京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【猿丸神社紅葉・猿丸神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
最寄り駅・バス停・・・維中前(徒歩約40分)

バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR宇治駅・京阪宇治駅・近鉄新田辺駅から京都京阪バス

●13日の祭日(猿丸・月次祭)には維中前から猿丸神社までの臨時バスあり(要確認)

スポンサーリンク

【猿丸神社紅葉見ごろ】
猿丸神社は紅葉の名所です。猿丸神社は宇治田原町の隠れた紅葉の名所とも言われています。猿丸神社の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から12月上旬頃です。ちなみに標高は約289メートルです。
猿丸神社にはカエデ・モミジなどが分布し、本殿・一ノ鳥居・参道(石段)・狛猿(石造)などの光景が美しいと言われています。駐車場から一ノ鳥居を通って本殿に続く表参道は祭神・猿丸大夫が「小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)」で「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」と詠んだ光景を思わせるとも言われているそうです。
狛猿は本殿前に一対が建立されています。狛猿は40余年前に祭神の末裔である猿丸家と親戚・大野木家が奉納しました。なお猿は祭神・猿丸大夫(さるまるだゆう)の神使(しんし・眷属(けんぞく))とされています。
「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」の現代語訳は「奥山で紅葉を踏み分けて鹿の鳴き声を聞く時、秋の悲しさを感じるものだ」です。なお「小倉百人一首」は平安時代末期から鎌倉時代初期に公家・歌人である藤原定家(ふじわらのていか)が京都・小倉山の山荘で選んだと言われています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【猿丸神社 歴史・簡単概要】
猿丸神社(さるまるじんじゃ)は起源が明確で張りません。猿丸神社は平安時代末期に山城国綴喜郡曽束荘(滋賀県大津市大石曽束町)に造られた祭神・猿丸大夫(さるまるだゆう)の墓が起源とも言われています。ちなみに猿丸大夫は奈良時代後期または平安時代初期の歌人で、「小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)」で「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」と詠み、平安時代前期の勅撰和歌集「古今和歌集(こきんわかしゅう)」の真名序(漢文の序)に記され、三十六歌仙の一人に数えられています。鎌倉時代前期に歌人・随筆家である鴨長明(かものちょうめい)が歌論書「無名抄(むみょうしょう)」に「田上のしもの曽束といふ所に、猿丸大夫の墓があり、庄のさかひにて、そこの券に書きのせたれば、みな知るところなり」と記しています。その後の山の境界争論により、江戸時代初期に現在の場所に近いところに霊廟が移され、霊廟に神社が創建されたとも言われています。江戸時代前期の1645年(正保2年)の絵馬に禅定寺地区の氏子中が社殿を建立したことが記され、その頃に参詣した伏見深草・瑞光寺(ずいこうじ)開山で、日蓮宗の僧・漢詩人である元政上人(げんせいしょうにん)・日政(にっせい)が「扶桑隠逸伝(ふそういんいつでん)」に「有猿丸祠。此亦大夫遊處之地。而村民奉祀也」と記しています。なお猿丸神社は猿丸大夫を祀っています。
*参考・・・猿丸神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ猿丸神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【猿丸神社紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
猿丸神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る