真如堂ハギ見ごろ2021(9月中旬頃)

真如堂ハギ見ごろ(例年)・見どころ

真如堂ハギ見ごろ(時期・イベント・・・)情報を紹介しています。真如堂では総門前の参道脇や本堂・三重塔周辺など境内各所に100株ほどのハギが植えられ、可憐な赤紫の花を咲かせます。なお三重塔前の手水舎(ちょうずや)では境内に咲く季節の草花が置かれています。(詳細下記参照)

【真如堂 ハギ見ごろ(例年)】
真如堂のハギの見ごろ例年9月中旬頃です。ただハギ見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都萩名所・見ごろ

【真如堂ハギ見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市左京区浄土寺真如町82
最寄り駅・バス停・・・真如堂前(徒歩約8分)、錦林車庫前(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から真如堂は5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統、32系統、203系統
*四条烏丸からは5系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【真如堂 ハギ見ごろ(例年)・見どころ解説】
真如堂はハギ(萩)の名所です。真如堂のハギ見ごろは例年9月中旬頃です。
真如堂では赤門とも言われる総門前の参道脇や本堂(重要文化財)・高さ約30メートルの三重塔周辺など境内各所に100株ほどのハギが植えられ、可憐な赤紫の花を咲かせます。真如堂では赤や白の彼岸花(ひがんばな)・ムクゲ(木槿)・フジバカマ(藤袴)・マツムシソウ(松虫草)・酔芙蓉(スイフヨウ)なども分布し、ハギと一緒に楽しめる場合があります。なお三重塔前の手水舎(ちょうずや)では境内に咲く季節の草花が置かれています。
本堂は江戸時代中期の1717年(享保2年)に再建されました。本堂は7間4面の総欅(ケヤキ)で、入母屋造の本瓦葺です。本堂は内陣が金箔の天蓋(てんがい)や瓔珞(ようらく)で飾られています。
三重塔は江戸時代後期の1817年(文化14年)に再建されました。三重塔は三重塔婆で、本瓦葺です。
総門は江戸時代中期の1695年(元禄8年)に再建されました。総門は真如堂西側に祀られている神楽岡(吉田神社)の神々が夜にお参りに来る際につまずかないように敷居がないとされています。
ハギ(萩)はマメ科ハギ属の落葉低木または多年草の総称です。ハギにはヤマハギ(山萩)・キハギ(木萩)・メドハギ(筮萩)・マルバハギ(丸葉萩)・シラハギ(白萩)などがあるが、単にハギと言う場合にはヤマハギを指します。ハギは東アジア・南アジア・北米東部・オーストラリアの温帯・亜熱帯に分布し、日本国内では北海道から九州に分布しています。ハギは古くから日本人に親しまれ、「万葉集(まんようしゅう・萬葉集)・奈良時代末期成立」の中で最も多く詠まれた花です。「万葉集」には160種類以上の植物が詠まれ、ハギは歌中に141首、題詞に1首が詠まれています。またハギは女郎花(おみなえし)・尾花(おばな)・撫子(なでしこ)・藤袴(ふじばかま)・葛(くず)・桔梗(ききょう)とともに秋の七草にも数えられています。ハギは夏から秋に葉腋(ようえき)に総状花序(そうじょうかじょ)を出し、紅紫色または白色の蝶に似た蝶形花(ちょうけいか)を咲かせます。なおハギは鹿鳴草(しかなくさ)・鹿の花妻(しかのはなずま)・風聞草(かぜききぐさ)・月見草(つきみそう)・庭見草(にわみぐさ)なども言われています。

【真如堂 歴史・簡単概要】
真如堂(しんにょどう)は平安時代中期の984年(永観2年)に比叡山(ひえいざん)の僧・戒算上人(かいさんしょうにん)が夢告により、第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)作で、比叡山・常行堂(じょうぎょうどう)の本尊・阿弥陀如来(あみだにょらい)を第64代・円融天皇(えんゆうてんのう)の女御で、第66代・一条天皇(いちじょう てんのう)の生母である藤原詮子(ふじわらのせんし・東三条院(ひがしさんじょういん))の女院離宮(にょいんりきゅう)があった現在の場所に安置したのが起源と言われています。真正極楽寺(しんにょどう)の寺号は「正真正銘の極楽の霊地」という意味を込めて名付けられました。真如堂は第66代・一条天皇の勅願寺(ちょくがんじ)になり、不断念仏(ふだんねんぶつ)の道場として、浄土宗(じょうどしゅう)の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)や浄土真宗(じょうどしんしゅう)の開祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)などの念仏行者や民衆から信仰されました。特に女性から深く信仰されたそうです。その後室町時代中期の応仁の乱(おうにんのらん)の兵火や度重なる火災によって焼失したり、足利将軍家や関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の命によって度々移ったが、江戸時代中期の1693年(元禄6年)に第113代・東山天皇(ひがしやまてんのう)の勅により、現在の場所に再建されました。
真如堂は天台宗の寺院です。
*参考・・・真如堂(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【真如堂ハギ見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
真如堂(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る