正法寺公開2023/4/1~11/19(日程時間・・・)

正法寺公開

正法寺公開(日程・時間・・・)を紹介しています。正法寺公開は春と秋に公開日を設定して公開されています。正法寺公開ではいずれも国の重要文化財に指定されている本堂・大方丈・唐門や大方丈の襖絵などが公開されます。大方丈の襖絵は狩野探幽作とも言われ、松の大木を中心に描写された8面で構成されています。(詳細下記参照)

【正法寺公開2023 日程時間(要確認)】
正法寺公開2023(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2023年(令和5年)4月1日(土曜日)・4月2日(日曜日)・5月20日(土曜日)・5月21日(日曜日)・10月21日(土曜日)・10月22日(日曜日)・11月18日(土曜日)・11月19日(日曜日)10:00~15:00に行われます。(現在確認中・要注意)
*参考・・・正法寺ホームページ

【正法寺公開 アクセス・マップ】
場所・・・京都府八幡市八幡清水井73
最寄り駅・バス停・・・走上り(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京阪本線石清水八幡宮駅から京阪バス
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【正法寺公開 歴史・簡単概要】
正法寺公開は春と秋に公開日を設定して公開されています。なお正法寺にはソメイヨシノなどが植えられ、例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。また正法寺にはカエデ・ドウダンツツジなどが分布し、例年11月下旬頃に見ごろを迎えます。
正法寺公開ではいずれも国の重要文化財に指定されている本堂・大方丈・唐門や大方丈の襖絵などが公開されます。大方丈の襖絵は狩野探幽(かのうたんゆう)作とも言われ、松の大木を中心に描写された8面で構成されています。
狩野探幽は1602年(慶長7年)に狩野永徳の孫、狩野孝信の子として生まれました。4歳の時に自ら筆をとって描いたとも言われ、1612年(慶長17年)に江戸に下り、1617年(元和3年)に江戸幕府の御用絵師になりました。1621年(元和7年)に江戸城鍛冶橋門外の屋敷を本拠として、幕命によって日光・芝・上野の徳川家霊廟の装飾や江戸城の障壁画を制作しました。1623年(元和9年)に鍛冶橋狩野家を興し、1635年(寛永12年)に出家して探幽斎と称し、僧位・法眼に叙せられ、1662年(寛文元年)に宮内卿法印になって狩野派の権威を不動のものとしました。狩野探幽は狩野派の大画様式に水墨画や大和絵などの技法を取り入れ、優美で、あか抜けた瀟洒な様式に変えました。
本堂は1629年(寛永6年)頃に建立されました。本堂は外陣・内陣・脇陣・後陣から構成され、内陣と後陣の境に結界が設けられた浄土宗の典型的な建築になっています。本堂は屋根を支える二重の垂木の先端に珍しい金箔の逆輪(さかわ)が施されています。
大方丈は1629年(寛永6年)頃に建立されました。大方丈は前三室と後三室からなる禅宗寺院で一般的な二列六室構成です。なお上段の間は高貴な方を迎える部屋で、床の間を中心に右側に書院、左側に違い棚がコの字型に配置されています。
唐門は1629年(寛永6年)頃に建立されました。唐門は唐破風造と入母屋造を組み合わせた屋根で、桟唐戸に牡丹唐草の浮彫など施されています。唐門には第105代・後奈良天皇から賜った額字をもとにつくられた扁額「徳迎山」が掛けられています。
阿弥陀如来坐像は全長約4.8メートルです。阿弥陀如来坐像は中品中生の説法印を結び、光背に13体の化仏(けぶつ)が配されています。阿弥陀如来坐像は檜の寄木造です。阿弥陀如来坐像は快慶作とも言われています。

【正法寺 歴史・簡単概要】
正法寺(しょうぼうじ)は鎌倉時代初期の1191年(建久2年)に鎌倉幕府の御家人で、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の社家・志水氏の祖・高田蔵人忠国(たかだくろうどただくに)が天台宗(てんだいしゅう)の寺院として創建しました。室町時代後期(戦国時代)に正法寺第11世・伝誉上人(でんよしょうにん)が第105代・後奈良天皇(ごならてんのう)の帰依を受け、1546年(天文15年)に勅願寺(ちょくがんじ)になりました。また室町時代に天台宗から浄土宗(じょうどしゅう)に改められたと言われています。安土桃山時代に志水家の娘・お亀の方が伏見城に住んでいた江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)の側室になり、1601年(慶長5年)に徳川家康の9男で、尾張徳川家の始祖である尾張藩初代藩主・徳川義直(とくがわよしなお)を生むと江戸幕府から朱印状(しゅいんじょう)を得ました。1616年(元和2年)に徳川家康が亡くなるとお亀の方は髪をおろして相応院(そうおういん)になり、その後徳川義直・相応院が名古屋に移ると尾張藩の厚い庇護を受け、1629年(寛永6年)頃から相応院の寄進によって本堂・大方丈・唐門が建立されました。正法寺は本尊として阿弥陀三尊(あみださんぞん)像を安置しています。
正法寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・正法寺(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【正法寺公開 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
正法寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る