勝林寺紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

勝林寺紅葉見ごろ(紅葉見頃)

勝林寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。勝林寺は本堂前など境内にモミジなどが植えられ、紅葉と無数の虎が月に吠える様子を表現した枯山水庭園・嘯月庭(しょうげつてい)との光景が素晴らしいと言われています。紅葉は吉祥紅葉とも称されています。なお勝林寺では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【勝林寺紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
勝林寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【勝林寺紅葉・勝林寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区本町15-795
最寄り駅・バス停・・・東福寺(徒歩約12分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から勝林寺は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸町からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約10分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【勝林寺紅葉見ごろ時期・見どころ】
勝林寺は紅葉の名所です。勝林寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。勝林寺は本堂前など境内にモミジなどが植えられ、紅葉と無数の虎が月に吠える様子を表現した枯山水庭園・嘯月庭(しょうげつてい)との光景が素晴らしいと言われています。ちなみに「嘯」には吠える・唸る・うそぶくなどの意味があり、虎が吠えることを「虎嘯(こしょう)」と言います。勝林寺の紅葉はその美しさから吉祥天(きっしょうてん)が宿る吉祥紅葉とも称されています。なお勝林寺では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)
勝林寺は本尊・毘沙門天王像だけでなく、その妃で、美と幸福を司り、それを女性に授けるとも言われている吉祥尊天像(吉祥天像)も祀っています。吉祥とは繁栄・幸運を意味し、幸福・美・富を表すそうです。なお吉祥天は七福神(恵比寿・大黒天・弁才天・毘沙門天・布袋尊・寿老人・福禄寿)の中で唯一の女神(紅一点)である弁才天(弁財天)ともされています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。
勝林寺紅葉ライトアップ

【勝林寺 歴史・簡単概要】
勝林寺(しょうりんじ)・毘沙門堂勝林寺は1550年(天文19年)に東福寺205世住持・高岳令松(こうがくれいしょう)が勝林庵として創建しました。勝林寺は元々塔頭・海蔵院(かいぞういん)の鬼門に位置することから海蔵院の鎮守だったが、その後東福寺とその塔頭の鎮守になりました。勝林寺は仏法と北方を守護する毘沙門天を祀り、東福寺の鬼門(北方)に位置していることから東福寺の毘沙門天とも言われるようになりました。ちなみに海蔵院は鎌倉時代に東福寺15世住持・虎関師錬(こかんしれん)の退隠所として創建され、1346年(正平元年)の虎関師錬の没後には塔所になりました。東福寺は1236年(嘉禎2年)に摂政・九条道家が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する寺院を建立することを発願したのが起源です。
勝林寺は臨済宗東福寺派大本山・東福寺の塔頭です。
*参考・・・勝林寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【勝林寺紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
勝林寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る