住吉大伴神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

住吉大伴神社

住吉大伴神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)住吉大伴神社ゆかりの大伴氏(伴氏)は飛鳥時代からの武門の家で、物部氏とともに王城を警護したり、乱を平定したりしていました。しかし866年(貞観6年)伴善男 (とものよしお)は応天門の変で失脚すると伊豆に配流されました。

【住吉大伴神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区龍安寺住吉町1
最寄り駅・バス停・・・竜安寺前(徒歩約6分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*四条河原町から住吉大伴神社は59系統
*河原町丸太町からは59系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は龍安寺駅(徒歩約15分)

【住吉大伴神社 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【住吉大伴神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【住吉大伴神社 歴史・簡単概要】
住吉大伴神社(すみよしおおともじんじゃ)は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、大伴氏が氏神として祀ったのが起源と言われています。その後823年(弘仁14年)淳和天皇が即位すると諱が大伴だった為、大伴氏は苗字を伴氏に改め、名称も伴氏神社(とものうじじんじゃ)に改めました。しかし866年(貞観6年)公卿・伴善男 (とものよしお)が応天門の変で失脚すると祭礼も途絶えました。平安時代末期に左大臣・徳大寺(藤原)実能が山荘・徳大寺殿を営み、和歌の神・住吉と玉津島が勧請され、名称を住吉神社に改めました。なお1942年(昭和17年)に天忍日命(あまのおしひのみこと)・道臣命(みちのおみのみこと)が合祀され、名称を住吉大伴神社に改めました。
*参考・・・住吉大伴神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【住吉大伴神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
住吉大伴神社の見どころは大伴家持の歌碑です。歌碑には「海ゆかは みつく屍 山ゆかは 草むす屍 大君のへにこそ死なめ かへりみはせし」と記されています。

【住吉大伴神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-462-4498

【住吉大伴神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【住吉大伴神社 おすすめ散策ルート】
住吉大伴神社からのおすすめ散策ルートは東にある龍安寺を経由し、金閣寺(鹿苑寺)に向かうルートです。40分ほど散策すれば、洛北の自然を感じながらいずれも世界遺産である龍安寺・金閣寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお龍安寺から金閣寺までは結構距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る