湯の花温泉(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

湯の花温泉

湯の花温泉(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。湯の花温泉にはジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻が訪ねたり、阪神タイガースの掛布雅之が自主トレーニンを行ったりしたことがあるそうです。湯の花温泉は京都府亀岡市から兵庫県姫路市に至る国道372号のバイパスに温泉宿泊施設が立ち並んでいます。

【湯の花温泉 アクセス・マップ】
場所・・・京都府亀岡市ひえ田野町
最寄り駅・バス停・・・亀岡駅(車約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰本線(嵯峨野線)

*JR山陰本線(嵯峨野線)亀岡駅から京阪京都交通の場合、湯の花温泉(徒歩すぐ)
路線・時刻表・運賃チェック

【湯の花温泉 拝観時間・時間(要確認)】
有料施設あり

【湯の花温泉 拝観料金・料金(要確認)】
有料施設あり

スポンサーリンク

【湯の花温泉 歴史・簡単概要】
湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は亀岡市の中心部から西に約7キロ離れた静かな山あいにある温泉です。湯の花温泉は丹波の名湯で、京の奥座敷とも言われています。湯の花温泉は菫青石が熱水変質を起こし、雲母化した天然記念物である桜石の霊力により、封じられた鬼の涙が湧いたものとも言われています。また湯の花温泉には戦国時代(室町時代後期)に傷ついた武将が刀傷を癒したという伝説も残されています。湯の花温泉は歴史が古い温泉郷とも言われています。湯の花温泉はしっとり落ち着いたひなびた山峡にあり、澄んだ空気と自然の景観の中で、都会では味わえない素朴な風情を感じることができます。湯の花温泉は単純弱放射能泉の天然ラジウム温泉(ラドン含有量(Rh)41.6×10キュリー/キロ)で、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・慢性消化器病・疲労回復・健康増進・痛風・慢性婦人病・胆石症などに効能があるとも言われています。源泉の温度は29.2度です。湯の花温泉では春に山菜、夏に鮎、秋にマツタケ、冬に地酒とぼたん鍋などを味わうことができます。なお湯の花温泉には温泉スタンド(有料)も設置され、自宅で本格的な温泉が楽しめます。
*参考・・・湯の花温泉(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【湯の花温泉 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
湯の花温泉の見どころは桜です。温泉施設が建ち並ぶ街道沿いに約80本のソメイヨシノ(染井吉野)が植えられています。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【湯の花温泉 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0771-22-5645(湯の花温泉観光旅館協同組合)

【湯の花温泉 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【湯の花温泉 おすすめ散策ルート】
湯の花温泉からのおすすめ散策ルートは少し距離があるが、東側の桜天満宮・苗秀寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、桜天満宮・苗秀寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお湯の花温泉周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その観光スポット周辺を散策してもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る