安国寺紅葉見ごろ(11月上旬頃~下旬頃)・紅葉名所

安国寺紅葉見ごろ(紅葉見頃)

安国寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。安国寺には境内に樹齢80年を超すモミジなど約100本が植えられ、紅葉と茅葺の本堂・庭園などの光景が美しいと言われています。石段の参道と紅葉が絵になるとも言われています。なお安国寺では紅葉が見ごろを迎える時期にもみじ祭りが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【安国寺紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
安国寺紅葉は例年11月上旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【安国寺紅葉・安国寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府綾部市安国寺町寺ノ段1
最寄り駅・バス停・・・安国寺前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰線・綾部駅からあやバス(黒谷線)

*JR舞鶴線・梅迫駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【安国寺紅葉見ごろ時期・見どころ】
安国寺は紅葉の名所です。紅葉は例年11月上旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。安国寺には境内に樹齢80年を超すモミジなど約100本が植えられ、紅葉と茅葺の本堂(仏殿)・開山堂・庭園などの光景が美しいと言われています。石段の参道と紅葉が絵になるとも言われています。なお安国寺では紅葉が見ごろを迎える時期にもみじ祭りが行われています。(要確認)
本堂(仏殿)は江戸時代中期の1743年(寛保3年)に再建されました。安国寺では1735年(享保20年)の山津波によって伽藍が倒壊・埋没し、その後整地されて伽藍が再建されたそうです。本堂は桁行五間・梁行五間の入母屋造の茅葺です。なお本堂にはいずれも国の重要文化財である木造釈迦如来・両脇侍坐像などを安置しています。
もみじ祭りでは演奏や野点などのイベントが行われたり、地元特産品を販売する模擬店が出店したりします。(要確認)
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【安国寺 歴史・簡単概要】
安国寺(あんこくじ)は起源が明確ではありません。安国寺は平安時代中期の993年(正暦4年)に地蔵菩薩を本尊に光福寺(こうふくじ)として創建されたのが始まりとも言われたいます。安国寺は上杉氏の菩提寺になったとも言われています。また安国寺は室町時代初期(14世紀半ば)に室町幕府初代将軍・足利尊氏(あひかがたかうじ)が創建したとも言われています。ちなみに安国寺は足利尊氏の出生地とも言われ、境内に足利尊氏の産湯井戸(うぶゆいど)や足利尊氏の母・上杉清子(うえすぎきよこ)の墓、そして足利尊氏夫妻の墓が残されています。その後足利尊氏と弟・足利直義(あしかがただよし)が臨済宗の禅僧である夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)の勧めにより、南朝初代天皇で、第96代・後醍醐天皇などの菩提を弔う為に全国に安国寺利生塔(あんこくじりしょうとう)を建立した際、筆頭の安国寺利生塔になり、名称を景徳山安国寺に改めました。安国寺利生塔は奈良時代に第45代・聖武天皇が全国に国分寺を建立したことに倣って、北海道・沖縄を除く、日本各地に安国寺・利生塔が建立されました。1414年(応永21年)に京都十刹に列しました。なお安国寺は本尊・釈迦三尊坐像を安置しています。
安国寺は臨済宗東福寺派の寺院です。
*参考・・・安国寺(アクセス・歴史・・・)安国寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【安国寺紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
安国寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る