平等院歴史年表(創建~現在)藤原頼通

平等院見どころ

平等院歴史

平等院歴史を紹介しています。平等院はかつて859年(貞観元年)に光源氏のモデルとも言われる源融が造営した別荘・宇治別業があった場所です。その後藤原道長が別荘を譲り受け、1052年(永承7年)に道長の子・藤原頼通が別荘の寝殿を本堂に改めたのが起源です。
平等院基本情報平等院見どころ

【平等院歴史 年表】
(歴史・創建前)
平等院(びょうどういん)は平安時代の859年(貞観元年)に第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)の皇子で、長編物語「源氏物語(げんじものがたり)」の光源氏(ひかるげんじ)のモデルとも言われている左大臣・源融(みなもとのとおる)が造営した別荘・宇治別業(別荘)があった場所でした。その後別荘は第57代・陽成天皇(ようぜいてんのう)、第59代・宇多天皇(うだてんのう)、第61代・朱雀天皇(すざくてんのう)、第59代・宇多天皇の孫・源重信(みなもとのしげのぶ)に渡り、998年(長徳4年)に関白・藤原道長(ふじわらのみちなが)が源重信の婦人から譲り受け、別荘・宇治殿(うじどの)になりました。

(歴史・創建)
1027年(万寿4年)に藤原道長が亡くなり、1052年(永承7年)に藤原道長の子である関白・藤原頼通(ふじわらのよりみち)が小野道風(おののとうふう)の孫で、天台寺門宗(てんだいじもんしゅう)・園城寺(おんじょうじ・三井寺(みいでら))長吏だった明尊(みょうそん)を開山として、別荘・宇治殿の寝殿を本堂に改め、藤原氏の氏寺にしました。翌1053年(天喜元年)に西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)を出現させたような鳳凰堂(ほうおうどう・阿弥陀堂(あみだどう))が建立され、定朝(じょうちょう)作の阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像が安置されました。

スポンサーリンク

(歴史・その後)
1067年(治暦3年)に第70代・後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)が初めて行幸しました。
1336年(建武3年)に楠木正成(くすのきまさしげ)と足利氏の宇治での戦いの兵火などにより、伽藍の多くは焼失し、鳳凰堂だけが残ったと言われています。
1681年(天和元年)の寺社奉行の裁定以来、平等院は天台宗・最勝院(さいしょういん)と浄土宗・浄土院(じょうどいん)が現在も共同で管理しています。

【平等院 建物】
●鳳凰堂(阿弥陀堂)は1053年(天喜元年)に建立されました。
●鳳凰は鳳凰堂が創建された同時期(11世紀)に製作されたと言われています。
●梵鐘は鳳凰堂が創建された同時期(12世紀)に製作されたと言われています。
●観音堂(釣殿観音・釣殿)は鎌倉時代初期に本堂跡に建立されたと言われています。
●表門(正門・北門)は江戸時代初期に伏見城に建てられ、塔頭・浄土院に移され、1957年(昭和32年)に更に移されました
●六角堂は1902年(明治35年)~1907年(明治40年)に行われた鳳凰堂の翼廊の解体・修理の際に出た廃材を利用し建てられました。
●鳳翔館は2001年(平成13年)に開館しました。

【平等院 その他】
●庭園は平安時代の歌人・橘俊綱(たちばなのとしつな)はが歴史物語「今鏡(いまかがみ)」の中で当代きってのものと謳いました。1990年(平成2年)からの発掘調査により、平安時代の州浜が検出され、造営当初の姿に戻されました。
●藤の花は樹齢約250年と言われています。

【平等院 塔頭】
●浄土院(じょうどいん)は明応年間(1492年~1500年)に浄土宗の僧・栄久上人(えいくしょうにん)が平等院修復の為に創建したと言われています。
●最勝院(さいしょういん)は1654年(承応3年)に住心院の僧が平等院に移り、その庵を最勝院と言ったことが起源と言われています。

【平等院 宇治上神社・宇治神社】
●宇治上神社(うじかみじんじゃ)は起源が明確ではなく、山城国司が第60代・醍醐天皇(だいごてんのう)の勅によって社殿を造営したとも言われています。
●宇治神社(うじじんじゃ)は起源が明確ではありません。

【平等院歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・平等院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都世界遺産・平等院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る