長建寺桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)

長建寺桜見ごろ

長建寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。長建寺には早咲きの糸桜・染井吉野・黄桜・山桜・陽光桜などが植えられ、桜と江戸時代に建立された朱色の竜宮門・灯籠・参道などの光景が美しいと言われています。糸桜は真言宗醍醐派総本山・醍醐寺から移され、京都で一番早く咲くとも言われています。(詳細下記参照)

【長建寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
長建寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【長建寺桜・長建寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区東柳町511
最寄り駅・バス停・・・中書島(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは19系統(C2乗り場)、81系統(C4乗り場)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は中書島駅(徒歩約3分)

スポンサーリンク

【長建寺桜見ごろ時期】
長建寺はあまり知られていない桜の名所です。長建寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。長建寺には早咲きの糸桜(イトザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・黄桜(キザクラ)・山桜(ヤマザクラ)・陽光桜(ヨウコウザクラ)などが植えられ、桜と江戸時代に建立された朱色の竜宮門・灯籠・参道などの光景が美しいと言われています。糸桜は真言宗醍醐派総本山・醍醐寺(だいごじ)から移され、京都で一番早く咲くとも言われています。ちなみに長建寺にはいろいろな種類の椿も植えられています。なお長建寺では4月の第2日曜日に桜祭が行われています。(要確認)
糸桜(イトザクラ)は枝垂桜(シダレザクラ)の別名です。糸桜は葉に先だって直径2センチほどの花を枝一面に付けます。なお枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
醍醐寺(だいごじ)は874年(貞観16年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海の孫弟子である理源大師(りげんだいし)・聖宝(しょうぼう)が上醍醐山上で地主・横尾明神(よこおみょうじん)の示現により、醍醐水の霊泉を得て小堂宇を建立し、准胝観音(じゅんていかんのん)・如意輪観音(にょいりんかんのん)を安置したのが起源と言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【長建寺 歴史・簡単概要】
長建寺(ちょうけんじ)は安土桃山時代に賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)に数えられた脇坂安冶(わきざかやすはる)の下屋敷があった場所とも言われています。江戸時代中期の1699年(元禄12年)に播磨国林田藩第3代藩主で、13代目伏見奉行・建部政宇(たけべまさのき)が壕川(ほりかわ)を開拓する際、深草大亀谷の即成就院(そくじやうじゆいん)の塔頭・多門院を分離したのが起源と言われています。即成就院は関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が築城した伏見城が廃城となると荒廃したと言われています。長建寺の寺号は建部姓の「建」一字と長寿の願いの「長」が由来になっています。長建寺はかつて中書島遊郭の一角にありました。長建寺は鎌倉時代後期作の本尊(秘仏)・八臂弁財天(はぴべんざいてん)を安置しています。なお即成就院(即成院)は平安時代中期の992年(正暦3年)に恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも、平安時代後期の寛治年間(1087年~1094年)に太政大臣・藤原頼通(ふじわらのよりみち)の子・橘俊綱(たちばなのとしつな)が伏見山の山荘に阿弥陀如来・二十五菩薩像を安置したのが起源とも言われています。
長建寺は真言宗醍醐派の寺院です。
*参考・・・長建寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【長建寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
長建寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る