水火天満宮桜見ごろ2022早め(3月下旬~4月上旬頃)

水火天満宮桜見ごろ

水火天満宮桜見ごろ(例年)・見どころ

水火天満宮桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。水火天満宮は小さな境内に紅枝垂桜2本が植えられ、桜が境内を覆うような光景が美しいと言われています。なお境内に緋毛氈(ひもうせん)が敷かれた床几台(しょうぎだい)が用意されていれば、座って桜を眺めることもできるそうです。(詳細下記参照)

【水火天満宮 桜見ごろ(例年)・2022年の開花満開予想】
水火天満宮の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年の桜の開花・満開・見ごろ情報は2022年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2022

【水火天満宮桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10
最寄り駅・バス停・・・天神公園前(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から水火天満宮は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【水火天満宮 桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
水火天満宮は桜の名所です。水火天満宮の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
水火天満宮は小さな境内に紅枝垂桜2本が植えられ、桜が境内を覆うような光景が美しいと言われています。水火天満宮では日没後に拝殿などがライトアップされるそうです。(要確認)なお境内に緋毛氈(ひもうせん)が敷かれた床几台(しょうぎだい)が用意されていれば、座って桜を眺めることもできるそうです。
境内には本殿・拝殿・社務所・六玉稲荷大明神社・秋葉大神社・白太夫社・弁才天社・玉子神石・登天石(とうてんせき)・菅公影向松・金龍水・出世石・金玉龍王の池などがあります。ちなみに登天石には法性坊尊意僧正(そんいそうじょう)が宮中に向かう際、鴨川に差し掛かると急に川が氾濫し、神劔を捧げて祈ると水が二分し、中央の岩に祭神・菅原道真が現れたという伝承が残されています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【水火天満宮 歴史・簡単概要】
水火天満宮(すいかてんまんぐう)・水火の天神さん・水火天神社(すいかてんじんしゃ)は923年(延長元年)に天台宗13世座主・法性坊尊意僧正(そんいそうじょう)が第60代・醍醐天皇の勅願により、都の水害・火災を鎮める為に菅原道真(すがわらのみちざね)の神霊を勧請して上天神町(西陣下り松)に造営したのが起源と言われています。醍醐天皇からは神号・水火の社天満自在天神宮を賜りました。ちなみに尊意僧正は道真の師で、西陣下り松には尊意僧正の別邸があり、二人は会見していたそうです。1472年(文明4年)の雨乞大賽の当日、第104代・後土御門天皇が行幸し、天神名号御震筆を賜りました。その後1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失し、1952年(昭和27年)の堀川通の拡張に伴って、現在の場所に移りました。なお菅原道真は899年(昌泰2年)に右大臣になるが、901年(延喜元年)に左大臣・藤原時平の讒言(告げ口)によって太宰府に左遷され、903年(延喜3年)に大宰府で亡くなりました。その後都では悪疫が続き、道真の怨霊の仕業と恐れられ、道真の死後20年目に朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈りました。
*参考・・・水火天満宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【水火天満宮桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
水火天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2022

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る