玄武神社やすらい祭2019/4/14

玄武神社やすらい祭

玄武神社やすらい祭は京都の春の風物詩です。やすらい祭は毎年4月の第2日曜日に行われています。やすらい祭では赤毛・黒毛の鬼などは氏子地域(柏野・鳳徳・紫野)を練り歩き、やすらい踊りを披露します。ちなみに花傘に入ると1年間健やかに過ごせるとも言われています。なお今宮神社・川上大神宮社でもやすらい祭が行われます。(詳細下記参照)

【玄武神社やすらい祭2019 日程時間(要確認)】
玄武神社やすらい祭2019は2019年(平成31年)4月14日(日曜日)8:30から行われます。なお氏子区域巡行後、18:00頃に玄武神社に到着します。(現在確認中・要注意)
今宮神社やすらい祭2019

【玄武神社やすらい祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野雲林院町88番地
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【玄武神社やすらい祭 歴史・簡単概要】
玄武神社やすらい祭(やすらいまつり)は奈良時代に奈良・大神神社(おおみわじんじゃ・三輪明神)とその摂社・狭井神社(さいじんじゃ)で行われていた鎮花祭(ちんかさい)が起源とも言われています。玄武神社では966年(康保3年)に勅命により、山城国(京都)最初の鎮花祭が行われ、京都でのやすらい祭発祥の地とも言われています。なおやすらい祭はかつて4月10日に行われていたが、1962年(昭和37年)から4月の第2日曜日に行われるようになりました。
やすらい祭では本殿と三輪明神社(みわみょうじんしゃ)でやすらい踊りを奉納します。その後赤毛・黒毛の鬼などが氏子地域(柏野・鳳徳・紫野)を練り歩き、やすらい踊りを披露します。
やすらい祭では赤毛・黒毛の鬼が太鼓・鉦・笛によるお囃子に合わせて、長い髪を振り乱しながら「やすらい花や」の掛け声とともにやすらい踊りを踊り、疫神を囃して生花で飾られた赤い花傘に惹き寄せ、無病息災(疫病退散)を祈願します。ちなみに花傘に入ると1年間健やかに過ごせるとも言われています。なおやすらい祭は夜須礼(やすらい)・鎮花祭・やすらい花とも言われています。
やすらい祭は玄武神社だけでなく、今宮神社(いまみやじんじゃ)・川上大神宮(かわかみだいじんぐう)・上賀茂(かみがも)にも伝えられています。その内葵祭と同じ5月15日に行われる上賀茂を除き、玄武神社・今宮神社・川上大神宮のやすらい祭は毎年4月の第2日曜日に行われています。なお今宮神社・川上大神宮のやすらい祭は今宮神社の疫社を参拝します。
やすらい祭は玄武やすらい踊保存会によって行なわれています。やすらい祭は1975年(昭和50年)に国の無形民族文化財、1987年(昭和62年)に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
やすらい祭(今宮神社・川上大神宮社・玄武神社・上賀茂)

【玄武神社 歴史・簡単概要】
玄武神社(げんぶじんじゃ)・惟喬社(これたかのやしろ)は元慶年間(877年~884年)に第55代・文徳天皇の第1皇子・惟喬親王(これたかしんのう)の母方の末裔・星野市正茂光(ほしのいちのかみしげみつ)が惟喬親王の霊を慰め、王城の鎮護とこの地守護神として、惟喬親王寵愛で、惟喬親王の外祖父・紀名虎(きのなとら)所有の剣を祀ったのが起源と言われています。玄武神社の名称は平安京の北にあり、北面の守護神・玄武に因んで名付けられました。その後966年(康保3年)に勅命により、鎮花祭(ちんかさい)が行われました。1963年(昭和38年)には現在の社殿が再建されました。なお惟喬親王は文徳天皇の第1皇子だったが、摂政・藤原良房の娘・明子が第4皇子・惟仁親王(第56代・清和天皇)を生むと皇太子争いに敗れ、大宰帥などを歴任した後に出家し、洛北に隠棲しました。
*参考・・・玄武神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【玄武神社やすらい祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
玄武神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 清水寺

    京都桜ライトアップ2019

    京都桜ライトアップ2019(夜間拝観)情報を紹介しています。桜ライトアップは例年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る