清水寺桜ライトアップ2022(日程・・・)

清水寺

清水寺桜ライトアップ

清水寺桜ライトアップ・夜間拝観(日程・時間・・・)を紹介しています。桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。清水寺には染井吉野など約1,500本の桜が植えられ、桜や清水の舞台などがライトアップされます。桜ライトアップでは夜空に向かって観音さまの慈悲の心を表すと言われている青い一筋の光が放たれます。(詳細下記参照)

【清水寺桜ライトアップ2022 日程時間(要確認)】
2022年の情報は確認次第情報発信します。以下は過去の情報です。

清水寺桜ライトアップ(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2021年(令和3年)3月27日(土曜日)~4月4日(日曜日)18:00~21:30まで行われます。(受付21:00終了)
*参考・・・清水寺公式ホームページ

清水寺紅葉ライトアップ
京都桜ライトアップ2022京都桜見ごろ2022

【清水寺桜ライトアップ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区清水1-294
最寄り駅・バス停・・・清水道(徒歩約10分)、五条坂(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から清水寺は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは202系統
*祇園からは100系統、202系統、206系統、207系統
*四条大宮・四条烏丸・四条河原町・四条京阪からは207系統
*千本丸太町・堀川丸太町・河原町丸太町からは202系統
路線・時刻表・運賃チェック

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約22分)・祇園四条駅(徒歩約25分)
*阪急京都本線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約30分)
清水寺アクセス(バス・地下鉄・私鉄・・・)

スポンサーリンク

【清水寺桜ライトアップ 歴史・簡単概要】
清水寺桜ライトアップ・夜間特別拝観(やかんとくべつこうかい)は毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。ちなみに清水寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。
清水寺には染井吉野など約1,500本の桜が植えられ、桜や清水の舞台(国宝)などがライトアップされます。また桜ライトアップでは夜空に向かって観音さま(本尊・千手観音)の慈悲の心を表していると言われている青い一筋の光が放たれます。
染井吉野は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
清水の舞台(本堂)は江戸時代前期の1633年(寛永10年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。本堂は正面約36メートル・側面約30メートル・棟高18メートルです。清水の舞台は高さ約13メートル・正面約18メートル・側面約10メートルです。広さ約190平方メートルです。なお清水の舞台は元々本尊に芸能を奉納する場所です。
観音さま(観音菩薩(かんのんぼさつ)・観世音菩薩(かんぜおんぼさつ))は菩薩の一尊です。観音さまは世間の人々の声を聞き、人々の求めに応じて救いの手を差し伸べる慈悲深い菩薩とされ、救世菩薩(くせぼさつ・ぐせぼさつ)とも言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。なお京都市内には二条城内に標準木があり、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。ちなみに京都では例年3月27日頃に開花し、4月7日頃に満開になります。(2010年までの30年平均)
清水寺見どころ

【清水寺 歴史・簡単概要】
清水寺(きよみずでら)は778年(宝亀9年)に奈良・興福寺(こうふくじ)の僧で、子島寺(こじまでら・子嶋寺)で修行していた延鎮上人(えんちんしょうにん)・賢心(けんしん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源と言われています。780年(宝亀11年)に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が延鎮上人から鹿狩りの殺生を戒められ、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の教えを諭されて、自らの邸宅を仏殿に寄進しました。また坂上田村麻呂は妻とともに本尊・十一面千手観音(じゅういちめんせんじゅかんのん)と地蔵菩薩(じぞうぼさつ)・毘沙門天(びしゃもんてん)を安置したとも言われています。平安時代前期の805年(延暦24年)に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)の御願寺になり、810年(弘仁元年)には鎮護国家の道場になり、第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)から「北観音寺」の宸筆を賜りました。江戸時代前期の1633年(寛永10年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の寄進によって本堂(清水の舞台)が再建されました。なお清水寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
清水寺は北法相宗の本山です。
*参考・・・京都世界遺産・清水寺(アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

【清水寺桜ライトアップ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都世界遺産・清水寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 勧修寺ハス

    京都ハス名所・見ごろ(法金剛院・勧修寺・・・)

ページ上部へ戻る