月真院椿見ごろ2021(1月中旬~4月上旬頃)

月真院椿見ごろ

月真院椿見ごろ(イベント・・・)を紹介。月真院には織田信長の実弟・織田有楽斎が好んだと言われる有楽椿が植えられています。有楽椿は樹齢600年とも、織田有楽斎が植えて樹齢約380年とも言われています。ここ最近は樹勢が衰えているとも言われています。なお有楽椿は平成14年度の保存樹に指定されています。(詳細下記参照)

【月真院椿見ごろ(要確認)】
月真院の椿見ごろは例年1月中旬頃から4月上旬頃です。なお椿の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。

【月真院椿見ごろ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区下河原町528
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約15分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約20分)

スポンサーリンク

【月真院椿見ごろ 歴史・簡単概要】
月真院は京都で良く知られている椿の名所です。月真院の見ごろは例年1月中旬頃から4月上旬頃です。
月真院には織田信長(おだのぶなが)の実弟・織田有楽斎(おだうらくさい)が好んだと言われる有楽椿が植えられています。有楽椿は樹齢600年とも、織田有楽斎が植えて樹齢約380年とも言われています。ここ最近は樹勢が衰えているとも言われています。ちなみに月真院は通常非公開だが、有楽椿は樹高約8メートルあることから塀の外から見ることができます。なお有楽椿は平成14年度の保存樹に指定されています。
有楽椿は織田有楽斎だけでなく、江戸時代中期の歌人・国学者である小沢蘆庵(おざわ ろあん)や江戸時代中期・後期の俳諧師・高桑闌更(たかくわらんこう)も眺めたとも言われています。
織田有楽斎(織田長益(おだながます))は1547年(天文16年)に戦国大名・織田信秀(おだのぶひで)の11男として生まれました。兄・織田信長とは13歳離れています。1574年(天正2年)に尾張国知多郡を与えられ、大草城(おおくさじょう)を改修しました。その後兄・織田信長の長男・織田信忠(おだのぶただ)の旗下(きか)にあったとも言われています。1582年(天正10年)の本能寺の変後に関白・豊臣秀吉に仕え、御伽衆(おとぎしゅう)になりました。また千利休に茶道を学び、高弟になって利休十哲(りきゅうじってつ)に数えられました。1590年(天正18年)に剃髪して有楽と号し、1594年(文禄3年)に関白・豊臣秀吉が前田利家邸を訪ねた際に室礼などを指導しました。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで江戸幕府初代将軍・徳川家康方(東軍)に属し、大和国の3万2千石を与えられました。1614年(慶長19年)の大坂冬の陣で豊臣方の盟主に推されたが、1615年(慶長20年)の大坂夏の陣に参加せず、京都に隠棲して茶の湯に専念しました。なお織田有楽斎は1622年(元和7年)1月24日に亡くなりました。
椿は日本原産のツバキ科ツバキ属の常緑樹(照葉樹林)です。椿は北海道などを除く、日本各地に自生しています。椿は日本最古の正史「日本書紀」に第12代・景行天皇が熊襲(くまそ)の乱を鎮めた際、土蜘蛛(つちぐも)に対して海石榴(ツバキ)の椎を用いたと記されています。椿は安土桃山時代に関白・豊臣秀吉が茶の湯に好んで用いると茶道で茶花として重要な地位を占めるようになりました。椿は江戸時代以降に多くの園芸品種が作られ、500以上の園芸品種があると言われています。なお椿は邪悪を祓うとも言われ、正倉院には災いを祓う海石榴の卯杖(うづえ)が収められています。

【月真院 歴史・簡単概要】
月真院(げっしんいん)は江戸時代前期の1616年(元和2年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の正室・北政所(ねね)の従弟(いとこ)で、臨済宗(りんざいしゅう)の僧・久林玄昌(きゅうりんげんしょう)が石見津和野藩初代藩主・亀井政矩(かめいまさのり)の保護の下で創建しました。月真院は亀井家の菩提寺になりました。亀井政矩は鹿野藩初代藩主・亀井茲矩(かめいこれのり)の次男で、江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)に仕えました。亀井政矩は1619年(元和5年)頃から病気になり、親しかった北政所に会う途中に伏見で落馬し、これが元で30歳で亡くなったそうです。高台寺は亀井政矩の墓所のひとつになっています。なお幕末(江戸時代末期)に新選組(しんせんぐみ)から分離した伊東甲子太郎(いとう かしたろう)が孝明天皇御陵衛士(高台寺党)を組織し、月真院に屯所を設置しました。
月真院は臨済宗建仁寺派・高台寺の塔頭です。

【月真院椿見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
月真院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る