玉雲寺紅葉見ごろ(11月上旬頃~下旬頃)・紅葉名所

玉雲寺紅葉見ごろ(紅葉見頃)

玉雲寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。玉雲寺にはカエデ・モミジなどが分布し、紅葉と石門・苔生す参道・楼門・本堂・鐘楼などの光景が美しいと言われています。苔と散り紅葉のコントラストが鮮やかです。ちなみに玉雲寺がかつて近くに建立されていたとも言われる琴滝は丹波一の名瀑とも言われています。(詳細下記参照)

【玉雲寺紅葉見ごろ 2019年(要確認)】
玉雲寺紅葉は例年11月上旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【玉雲寺紅葉・玉雲寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府船井郡京丹波町市森滝見9番地
最寄り駅・バス停・・・琴滝道(徒歩約10分)

バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線・園部駅からJRバス・園福線

スポンサーリンク


【玉雲寺紅葉見ごろ・見どころ】
玉雲寺は紅葉の名所です。玉雲寺は京丹波町の隠れた紅葉の名所とも言われています。紅葉は例年11月上旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。玉雲寺にはカエデ・モミジなどが分布し、紅葉と石門・苔生す参道(石段)・楼門(山門)・本堂・鐘楼などの光景が美しいと言われています。苔と散り紅葉のコントラストが鮮やかです。ちなみに玉雲寺がかつて近くに建立されていたとも言われる琴滝(ことだき)は落差約40メートルで、丹波一の名瀑とも言われています。琴滝の名称は流れが琴の弦に見立てられたことに由来するともいわれています。なお玉雲寺は別名を滝見寺とも言われているそうです。
楼門(山門)は江戸時代中期に開山堂とともに建立されたとも言われています。楼門には十六羅漢(じゅうろくらかん)が安置されています。十六羅漢は仏教を護持しようと誓った16人の阿羅漢(あらかん)ことです。なお開山堂には珍しい椅子に座った聖徳太子(しょうとくたいし)の像が安置されています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【玉雲寺 歴史・簡単概要】
玉雲寺(ぎょくうんじ)は室町時代前期の1395年(応永2年)に曹洞宗(そうとうしゅう)大本山である總持寺(そうじじ)45世・太容梵清禅師(たいようぼんせいぜんじ)が一宇を建立したのが起源とも言われています。玉雲寺はかつて滝つぼのすぐ脇に建立されていたそうです。1416年(応永23年)に太容梵清禅師が須知城主・須知出羽守慶吉(しゅうちでわのかみ)の慈請を受けて寺谷に創建したとも言われています。太容梵清禅師は總持寺の御直末で、薩摩藩主・島津氏の菩提寺であった福昌寺(ふくしょうじ)の開山・石屋真梁(せきおくしんりょう)に就いて出家・得度し、曹洞宗太源派(たいげんは)・了堂真覚(りょうどうしんがく)に参じてその法を嗣ぎ、1422年(応永29年)に總持寺に晋住(しんじゆう)し、流布本「瑩山清規(けいざんしんぎ)」を編集したり、「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)・曹洞宗の開祖である道元(どうげん)執筆」を集めて84巻本として編集したりしたとも言われています。安土桃山時代の1579年(天正7年)に織田信長(おだのぶなが)の家臣・明智光秀(あけちみつひで)による市森城攻撃によって伽藍・宝物のほとんど焼失したが、翌1580年(天正8年)に明智光秀が太容梵清禅師の道徳を尊崇し、境内を西南に移して本堂・庫裏を再建しました。江戸時代中期に開山堂・山門が建立しました。なお玉雲寺は本尊・釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)を安置しています。
玉雲寺は曹洞宗の寺院です。
*参考・・・玉雲寺(アクセス・歴史・・・)玉雲寺(アクセス・歴史・・・)

【玉雲寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
玉雲寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る