東一口前川堤桜見ごろ2023(時期:3月下旬~4月上旬頃)

東一口前川堤桜見ごろ(見頃)

東一口前川堤桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。東一口前川堤では前川堤両岸に約200本のソメイヨシノが植えられ、桜と前川堤などの光景が美しいと言われています。晴れて風がない日には水鏡に桜の光景が映し出されます。また桜が見ごろを過ぎると花びらが水面に散り、花筏も見られます。(詳細下記参照)

【東一口前川堤桜見ごろ(例年時期)・2023年開花満開予測】
東一口前川堤の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2023年1月12日、ウェザーニュースは桜が京都で3月26日に開花すると予測しました。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【東一口前川堤桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府久世郡久御山町東一口丸島
最寄り駅・バス停・・・まちの駅イオン久御山店前(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*近鉄京都線大久保駅・京阪本線中書島駅・JR片町線松井山手駅から京都京阪バス
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【東一口前川堤桜見ごろ(例年時期)・見どころ解説】
東一口前川堤はあまり知られていない桜の名所です。東一口前川堤の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
東一口前川堤では前川堤両岸に約200本のソメイヨシノ(染井吉野)が植えられ、桜と前川堤などの光景が美しいと言われています。晴れて風がない日には水鏡に桜の光景が映し出されます。また桜が見ごろを過ぎると花びらが水面に散り、花筏も見られます。東一口前川堤は京都の自然200選に選ばれています。東一口前川堤では桜の見ごろにボンボリ(雪洞)が灯され、夜桜ライトアップが行われています。(要確認)なお東一口前川堤では菜の花が咲いている場所もあり、桜と菜の花を一緒に楽しめる場合もあります。
ソメイヨシノは幕末に染井村(東京都豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。エドヒガン・オオシマザクラはいずれも日本国内に自生する10種のサクラ属の基本野生種とされています。ソメイヨシノは古くから奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後帝室博物館員が染井村からソメイヨシノと命名しました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。なおメイヨシノはほぼ全てがクローンで、気象庁がサクラの開花・満開を判断する標本木として利用されています。
京都の自然200選は1990年(平成2年)7月に京都府が設置した「京都府緑と文化の基金」を活用し、京都府にある優れた自然環境を紹介したり、京都府民の関心を高めたりすることを目的に選定されています。京都の自然200選は202点の自然環境が選ばれています。久御山町では東一口前川堤以外にも雙栗神社のクスノキ・野鳥(コミミズク・ケリ等)の生息する巨椋池干拓地・上津屋の渡し跡(上津屋橋周辺)が選ばれています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ(嵐山・仁和寺・醍醐寺・・・)

【東一口前川堤 歴史・簡単概要】
東一口(ひがしいもあらい)前川堤(まえかわづつみ)は京都府久世郡久御山町東一口丸島にあります。一口は難読地名で「芋洗」などと記されていたそうです。一口はかつて京都市伏見区・宇治市・久御山町にまたがる巨椋池(おぐらいけ)西岸にあり、京都府南部の重要な交通の要所でした。平安時代後期に小倉村・三栖村・弾正村とともに巨椋池の漁業権を賜りました。安土桃山時代に関白・豊臣秀吉が伏見城を築城した際に巨椋池一帯も変化し、一口村は巨椋池の高台に移され、東一口と西一口に分けられたと言われています。1868年(明治元年)に巨椋池に流れ込む木津川(きづがわ)の堤防が決壊し、木津川の付け替えが行われ、1910年(明治43年)に完成した。その後1933年(昭和8年)から巨椋池で干拓事業が行われ、巨椋池は農地に転換されました。前川堤は干拓された巨椋池排水幹線のことです。前川堤では昭和40年代に巨椋池土地改良区が桜の木を植樹しました。前川堤では2009年(平成21年)度に河川改良工事が行われ、桜並木の一部が伐採されました。桜並木は地元の前川桜並木愛護会が手入れしているそうです。なお東一口前川堤は1995年(平成7年)に京都の自然200選(歴史的自然環境部門)に選定されています。
*参考・・・東一口前川堤(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【東一口前川堤桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
東一口前川堤(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
★京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023(清水寺・円山公園・東寺・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る