石清水八幡宮石清水祭2019/9/15(日程・時間・・・)

石清水八幡宮

石清水八幡宮石清水祭

石清水八幡宮石清水祭(日程・時間・・・)を紹介しています。石清水祭は毎年9月15日に行われています。石清水祭では松明が照らされる中、鳳輦(ほうれん)・神職・楽人(がくじん)・神人(じにん)などの神幸行列が本殿を出発し、絹屋殿に向かいます。なお放生川(大谷川)では魚・鳥を放つ放生行事が行われ、童子による胡蝶の舞が奉納されます。(詳細下記参照)

【石清水八幡宮石清水祭2019 日程時間(要確認)】
石清水八幡宮石清水祭2019は2019年(令和元年)9月15日(日曜日)2:00から行われます。

【石清水八幡宮石清水祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府八幡市八幡高坊30
最寄り駅・バス停・・・八幡市駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*祇園四条駅から石清水八幡宮は京阪電鉄本線

スポンサーリンク


【石清水八幡宮石清水祭 歴史・簡単概要】
石清水八幡宮石清水祭(いわしみずさい)は863年(貞観5年)旧暦8月15日に男山の裾を流れる放生川(大谷川)のほとりで、魚・鳥を放って生きとし生けるものの平安と幸福を願った石清水放生会が起源です。石清水祭は948年(天暦2年)に勅祭になり、葵祭(上賀茂神社・下鴨神社)・春日祭(春日大社)とともに三大勅祭に数えられました。ただ室町時代に応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))などの兵火によって延期、更に約200年間中絶し、1679年(延宝7年)に再興され、近代以降には仏教色が一掃されました。なお石清水祭はかつて仲秋祭・男山祭とも言われ、1918年(大正7年)に石清水祭に改められました。
石清水祭は午前2時に本殿から鳳輦(ほうれん)3基に3座の神霊を移し、午前3時に松明が照らされる中、鳳輦・神職・楽人(がくじん)・神人(じにん)などの神幸行列が本殿を出発し、絹屋殿に向かいます。絹屋殿に到着すると里神楽奉奏などの神事が行われ、その後献饌・供花・奉幣・牽馬などの古儀による奉幣祭が行われます。午前8時から放生川に魚・鳥を放つ放生行事が行われ、午前9時から童子による胡蝶の舞が奉納されます。最後に鳳輦が本殿に戻ります。
石清水祭では前日9月14日の夕方に外殿渡御祭(げでんとぎょさい)、翌日9月16日には後朝祭(こうちょうさい)が行われます。(要確認)

【石清水八幡宮 歴史・簡単概要】
石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)は859年(貞観元年)に南都(奈良)大安寺(だいあんじ)の僧・行教(ぎょうきょう)が豊前(大分)・宇佐八幡宮(うさはちまんぐう・宇佐神宮)の祭神・八幡大神から「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」という神託を受け、男山の峯に神霊を奉安したのが起源と言われています。翌860年(貞観2年)に第52代・清和天皇が八幡造りの社殿(六宇の宝殿(ろくうのほうでん))を造営しました。石清水八幡宮の名称は男山に既にあった石清水山寺(摂社・石清水社)に由来しています。その後939年(天慶2年)の承平天慶の乱(平将門の乱・藤原純友の乱)の平定以来、国家鎮護の社として皇室に篤く崇敬され、第64代・円融天皇の行幸から天皇の行幸や上皇の御幸は240余度にもなりました。また清和天皇を祖とする源氏諸氏族の氏神としても崇敬されました。なお明治維新後の神仏分離により、神号を「八幡大菩薩」から「八幡大神」に改め、1871年(明治4年)に社号を「男山八幡宮」に改めたが、1918年(大正7年)には「石清水八幡宮」に改めました。
*参考・・・石清水八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ石清水八幡宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【石清水八幡宮石清水祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
石清水八幡宮(アクセス・見どころ・・・)情報
石清水八幡宮見どころ(見所)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る