和束川祝橋桜見ごろ2023(4月上旬~中旬頃)

和束川祝橋桜見ごろ(見頃)

和束川祝橋桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。和束川祝橋では和束川沿いにソメイヨシノが植えられ、桜と和束川のせせらぎ・祝橋、そして借景になっている茶畑・山林などの長閑な光景が美しいと言われています。桜の見ごろには桜のトンネルの中を散策することができます。(詳細下記参照)

【和束川祝橋桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
和束川祝橋の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【和束川祝橋桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府相楽郡和束町中
最寄り駅・バス停・・・和束中学校(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR大和路線加茂駅から奈良交通バス
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【和束川祝橋桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
和束川祝橋はあまり知られていない桜の名所です。和束川祝橋の桜見ごろは例年4月上旬頃から4月中旬頃です。
和束川祝橋では和束川沿いにソメイヨシノ(染井吉野)が植えられ、桜(桜並木)と和束川のせせらぎ・祝橋、そして借景になっている茶畑・山林などの長閑な光景が美しいと言われています。和束川沿いには歩道があり、桜の見ごろには桜のトンネルの中を散策することができます。また菜の花が咲く場所もあり、桜と菜の花のコラボも見られます。
ソメイヨシノは江戸時代末期に染井村(東京都豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは古くから奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後帝室博物館員が染井村からソメイヨシノと命名しました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。メイヨシノはほぼ全てがクローンで、気象庁がサクラの開花・満開を判断する標本木として利用されています。ソメイヨシノの開花日の等期日線は桜前線と言われ、南から北に向かって進行します。
祝橋は門前橋とともに和束町の重要ネットワーク上の橋梁とされています。祝橋は門前橋とともに1957年(昭和32年)頃に建設されたとも言われ、2011年(平成23年)から架け替え事業が行われているそうです。祝橋は門前橋の架け替え完了後に架け替えが行われます。
和束町ではお茶(和束茶)の栽培が盛んで、町内に茶畑が広がっています。お茶の栽培は鎌倉時代(1192年~1333年)に海住山寺の高僧・慈心上人が和束町にある鷲峰山山麓で栽培したのが始まりと言われています。慈心上人は茶祖と言われる高山寺の明恵上人からおの種子を分けてもらったと言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。
●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【和束川祝橋 歴史・簡単概要】
和束川祝橋(わづかがわいわいばし)は京都府相楽郡和束町中にあります。和束川は鷲峰山系(じゅうぶざんけい)・笠置山系(かさぎさんけい)などを源とし、和束町中央部を流れる淀川(よどがわ)水系の一級河川です。和束川は和束町のシンボルと言われています。ただ1953年(昭和28年)の南山城水害では和束川の水位が約6メートルも上昇し、死者・行方不明者が112人にも達する甚大な被害を出しました。和束川には京都府南部で和束川でしか生息していないカジカガエル・アカザ・ナガレカマツカなどの生きものが生息しています。またヘイケボタル・ゲンジボタルや2019年(平成31年・令和元年)に新種登録されたナガレカマツカなども生息しています。祝橋は鎌倉時代末期に南朝初代で、第96代・後醍醐天皇が鎌倉幕府打倒の為に挙兵し、奈良・東大寺を経てこの地に臨幸した際、和束から笠置山に移る一行の為に和束の住民が一夜で架けたと伝えられ、その後後醍醐天皇から命名されました。なお和束川は日本が残したい音風景100選に選ばれています。
*参考・・・和束川祝橋(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【和束川祝橋桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
和束川祝橋(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る